02.ロードレース

2019年11月11日 (月)

おきなわレース後~4日目

日曜分

 まずはレンタカーを取りにいかないといけないので、タクシーで国頭へ。名護のバスターミナルから5700円だった。

 17時くらいに宿に戻ると、完走おめでとう(1名)反省会(2名)の場所を予約してくれていた。

 宿から徒歩2分の「松の家」。

Img_3757

 なんか民家みたいだなと思ったら、扉開けたら本当に玄関で、靴脱いでリビングに上がる感じ。

 おきなわっぽいものを頼んで、オリオン→泡盛へ。

Img_3758

うみぶどう

Img_3760

もずく天ぷら

Img_3759

ゴーヤーチャンプルー

Img_3761

ポークなんちゃら

Img_3762

何とかという魚の天ぷら

 ちょっと値の張るものを一品頼もうということになり、6000円からという石垣牛はさすがに高くて却下となり、夜光貝4500円にいってみることにした。

 半分刺身で半分バター焼きができるということなのでそれで頼む。

Img_3763

Img_3764

 うん、貝です。つぶ貝に近いけどそこまでコリコリはしていない。バター焼きもサザエとかそういう感じ。

 見た目のインパクトはあるけど普通だった(そりゃそうか)。

Img_3766

 玄関に水槽というか生け簀がありました。

Img_3769

 帰りに愛用?の浦崎ファミマで限定泡盛飲料買って、二次会中にバタンキューという毎度の流れでした。

----------------------------------------------------------

月曜分

 本日はワタナベくんプロデュースのグルメ活動。

 朝は本部のカフェのつもりが休業中で、名護まで行って「FLAP COFFEE」。車が駐まり切れないほどの大繁盛店。

Img_3774

Img_3776

Img_3779

 エッグベネディクトのセット1600円くらいを頼む。旅行先だと食に対する値段感覚がマヒする。。

----------------------------------------------------------

 おきなわでは、(飲み会の)〆はステーキらしく、やはり肉を食べておきたい。

 那覇ならランチとかでお得なものもあるかもしれないとなり、それなら「ジャッキーステーキ」を、と言ったら、ワタナベくんが探した店も同じだった。

 R58をのんびり走って、毎度のテンダーロインステーキ。

Img_3783

Img_3784

 途中でキナン御一行様が入ってきて、山本元輝選手のファン(ブログ愛読)なので一緒に写真撮らせてもらいたい、と思ったら肉がやってきたタイミングとなり、邪魔しちゃ悪いなということで諦め。残念。

----------------------------------------------------------

 最後のデザートはブルーシール。どうせなら本店に行こうということで浦添まで戻る。

Img_3786

Img_3788

----------------------------------------------------------

 遠征でガソリンの警告灯が点くまで乗るのは珍しく、ギリで給油してレンタカー返す。

 OKAに行き、荷物預けてお土産買って、新しく(広く)なったラウンジでオリオン2杯。

 プレミアムクラスの軽食と、主要路線だけ用意されているシャンパンをいただく。

Img_3797

 日本酒と赤白ワインまでで抑えておいて、HNDで解散。

Img_3801

Img_3802

Img_3804

 また来年?まで頑張りましょう。

| | コメント (0)

2019年11月10日 (日)

2019 ツールドおきなわ140kmマスターズ データ編

----------------------------------------------------------

Photo_20191113220501

国頭→与那 8:43 81/540W(NP104W) 145/158bpm 92rpm 35.0km/h
与那→KOM 21:51 226/555W(NP233W) 169/174bpm 90rpm 19.6km/h
KOM1 21:20 224/426W(NP233W) 169/174bpm 90rpm 19.2km/h
KOM→普久川 4:49 94/517W(NP---W) 154/171bpm 92rpm 47.9km/h
普久川→奥 29:22 144/542W(NP199W) 161/173bpm 94rpm 36.5km/h
奥登り 12:55 203/411W(NP206W) 167/172bpm 81rpm 18.2km/h
奥→与那 39:37 160/438W(NP179W) 160/172bpm 91rpm 30.0km/h
与那→KOM 31:17 150/267W(NP155W) 154/161bpm 68rpm 13.7km/h
KOM2 30:12 151/267W(NP155W) 154/161bpm 68rpm 13.2km/h
KOM→普久川 5:29 75/285W(NP---W) 146/161bpm 77rpm 42.0km/h
学校坂 12:52 130/221W(NP139W) 150/158bpm 59rpm 8.7km/h
普久川→宮城 1:07:55 106/349W(NP125W) 147/161bpm 70rpm 23.1km/h

Cats_20191113220601

 2回目の与那までは、実は16年とそこまで変わっていない。ただ今年はそこまでで力を使い果たしていたけど。

 あと、宮城で切られるときは、安波~高江~宮城の区間は23km/hに収束するのね。

----------------------------------------------------------

 普久川KOMへの登りデータ、19年の自分の結果を追加し更新。

Cats_20191113221601

 3.5-4.0W/kgのデータはMadone9で走ったときのもの。さすがの近似直線の下を行く速さ。これだけでエアロロードに乗る理由が明快。

 自分的には4W/kgより強くなるイメージは持てない。となると20-21分で登ることを前提に考える必要があるよな。

 また来年に向けて頑張ろう。

| | コメント (0)

20191110 ツールドおきなわ140kmマスターズ DNF(TSS 199)

 4時に起きて最初の朝ご飯をもぐもぐ。

 Airfit装着して動作を確認。ちゃんと認識して良かった。。

Img_3738

 お見苦しい写真をスミマセン。。

 バイク積み込み、5時に出発。

 6時に国頭でナイトウくん降ろし、バイクを置きつつ待ってもらう。奥の登りの頂点くらいまで行ってワタナベくん降ろし、スタート地点まで走ってもらう。

Img_3739

 夜が明けだしたR58を国頭まで戻る。車を駐めてナイトウくんと合流。

 しかし今年は(特に朝晩は)涼しいというか寒いくらい。太陽が上がるまではちょっと辛い。

---------------------------------------------------------

Img_3742

 さすがの早出のおかげで3列目をゲット(オープンクラスのナイトウくんは4列目)。

 この辺は寒さと長い待ち時間との兼ね合いだけど、体力の無い自分的には、最初の登りのポジションを楽に得るために必須かなぁ。

---------------------------------------------------------

 太陽が上がってくると良い感じで暖かくなってくる。

 スタートは市民210kmのメイン集団が通った後になった(オープンが9:17でマスターズが9:27)。2クラスを10分間隔でスタートさせようと思ったら、16年の頃のような、国際と市民の間にスタートさせる余裕は無いということか。

 実は奥でも既に100kmは両クラスともスタートしていて、結果的に140kmマスターズは全体の最後を走ることになった。

 マスターズの9:27スタートだと、宮城関門を28km/h、川上関門を30km/hの平均速度で走らないと抜けられない、非常に厳しいリミット設定になる。

 16年がちょうど30km/hだったので、それで走れればOKなんだが、それができるか非常に不安。。というかムリな気がする。。

 どこまで耐えてしのげるか。ギリリストとしての真価が問われる。

 バイクのセッティングはいつも通り。

2017 TREK Madone 9 Viper Red/Trek Black サイズ50 H2フィット
クランク Pioneer SGY-PM910H2  52-36T
コンポ  シマノ アルテグラDi2 11速 12-28T
ホイール Bontrager Aeolus3 D3クリンチャー
タイヤ  前後CONTINENTAL GRAND PRIX TT 7気圧

 予定通り9:27にスタート。それでは頑張りましょう。ネタバレすると宮城で切られます。

---------------------------------------------------------

CTL 48 TSB +13

ロード 93km 3時間29分 1737kJ TSS 199 獲得標高 1497m

国頭→与那 8:43 81/540W(NP104W) 145/158bpm 92rpm 35.0km/h

 先頭が見える場所で走られるので危険は少ない。ロードレースのプロトンだよなぁと思える瞬間。

 16年とほぼ同じ。プロローグはこんなところなんでしょう。

---------------------------------------------------------

与那→KOM 21:51 226/555W(NP233W) 169/174bpm 90rpm 19.6km/h

 ここの走りで今日の趨勢が決まる。ので、当社比でそうとう気合いを入れて入る。

 トータル7.5kmで330mの登りだが、最初の2km66mアップの2分半が242Wで29km/h。

 この辺までは、先頭集団の金魚のフンだったが、徐々に付いていけなくなり、今年も7分くらいでさようならとなった。

 まあオープン(16年の全部クラス)と比べると、マスターズはペース少し緩いのかなと思われる。フィットネスが低いのに同時間くらい着いて行けたので。

 ここからはひたすら耐えて進む。案外周りに選手が多い状態で走ることができた。

 20km/hくらいならエアロも効果がある領域。前に選手を置く、Madone9に頑張ってもらう。

 KOM通過は21:51!確か去年より1分程度しか落ちていない(落ちてはいる)。

 思ったよりオレええやん!、とこの時は思っていた。

 なお、Stravaのセグメント記録は

KOM1 21:20 224/426W(NP233W) 169/174bpm 90rpm 19.2km/h

---------------------------------------------------------

KOM→普久川 4:49 94/517W(NP---W) 154/171bpm 92rpm 47.9km/h

 下りは本人比で少し速くないと感じたが、確かに50km/h出ていた16年より遅い。やはり走り込みが不足して思い切りが無いのか。。

 普久川の補給所で水ボトルをもらい、グビグビ飲んで捨てる。

 ここの登り返しは、周りの選手よりいちおうやや速め。周りにバラバラ選手はいるが、ちょい先にそこそこの集団(おそらく第3か第4と思われる)がいるのを確認済み。

---------------------------------------------------------

普久川→奥 29:22 144/542W(NP199W) 161/173bpm 94rpm 36.5km/h

 140kmに初めて出た16年の時に、自分の中でいちばん面白かった区間。

 下り基調のアップダウンをどう走るか、完走狙いの選手としては、先を考えると大事な所だと思う。

 集団が前にいるのは、この辺にいる全ての選手が分かっているので、目標が言わずとも共有されている。

 我先にと前を追う展開は願い通りなんだけど、自分的にはその流れにヒーコラ付いていくので精いっぱいなのが弱い。

 集団に合流し一休み、とはなかなかいかない。

 ロードレースではMTBやシクロクロスほど、選手一人一人が走り方やラインを創意工夫をする部分が少ない、というか無いように思える(先頭じゃ無い集団では)。

 前の選手にピタ付きしているのが楽で良いみたいな。それで集団の中でブレーキかけて調整する感じ。しかもそれに怒るみたいな。そもそも道路幅いっぱいに使えるのに、律儀に左車線キープ?な選手の多い。。

 そんなの勿体ないので、下りは空いている右車線に出てガンガン踏んで集団の先頭近くまで上がって、登り返しでゆっくり漕いで集団の中程に戻るのを繰り返す。

 あいつチョロチョロしてウザイと思われているんだろうけど。。

 実は奥までの所要時間は、16年の一分遅れ。ほぼ同ペースだった。

---------------------------------------------------------

奥→与那 39:37 160/438W(NP179W) 160/172bpm 91rpm 30.0km/h

奥登り 12:55 203/411W(NP206W) 167/172bpm 81rpm 18.2km/h

 100kmクラスが両方ともスタート済みなのを確認して、自分らが最後方を走っていることを認識。

 他力(他クラス)本願はできないことを肝に命じて、200mほどの奥の登りに入る。

 あれ?追走がしんどい。ちょっと離されて必死こいて集団の尻にしがみつくという展開に。

 いや、ここで千切れたらレースが終わるでしょ、ということで頑張るも、徐々に集団から離れていく。。

 辺戸岬までの下りで追いつける差に留めたいと思うも、ずるずる離される。

 マジか、体力無いのは分かっていたけど、ここで終わるのか、、とガックリ感が。

 登り切り下りに入っても、140kmオープンの千切れた選手を抜くだけで、マスターズの集団は影も形も無い。

 こりゃ宮城で切られるか、下手すると二度目の普久川もヤバイかもしれんと思いながら走る。

 辺戸岬の入口過ぎて、登り返して下って宜名間トンネル辺りで、下りで抜いた系の140kmオープン/210km選手数人のグループに追いつかれ抜かれる。

 それに乗っかって、与那まで一人じゃ無いなら、先が繋がったと思い直す。

 このグループ、例によって短く先頭交代して回していくという意識が低いので、もっと回していこうと声をかける。

 こぼれた選手をスカウトして、7人くらいで回す感じになった。

 トラブルで遅れた実力それなりにある選手なのか、自分がショボいのか、自分がいちばん実力不足な、乗って良かった的なグループ。

 なんとも助かりました。とくにローテ上自分の前にいた、SHIDOの大柄な600番台の方にはお世話になりました。 

 が、与那への海岸線を走っている時、既に内モモに攣りの兆候が。。だいぶヤバイ。

---------------------------------------------------------

与那→KOM 31:17 150/267W(NP155W) 154/161bpm 68rpm 13.7km/h

 登り始めて、内モモがピクピクいっているので踏めない、ダンシングできない。

 まあ、今年の対策練は最後まで負荷をかけた走りができず、後半ヘロヘロの出力しか出なかったので予想できた展開ではあるが、まさか60kmそこそこで脚が売り切れるとは。。

 途中で、(後ろの)第4か第5集団に抜かれるも付いていけない。

 一回目の普久川登りをオーバーペースと考えるなら、最初からこの集団辺り狙いで走るという選択もあったかもしれない。

 が、スタートが遅かったことから、今抜かれた集団ではゴールまで行けない気がする。

 てなわけで、30分というサイクリングペースで登りを通過。

 Strava区間は

KOM2 30:12 151/267W(NP155W) 154/161bpm 68rpm 13.2km/h

---------------------------------------------------------

KOM→普久川 5:29 75/285W(NP---W) 146/161bpm 77rpm 42.0km/h

 もうだいぶ出涸らし。登れないと下りも攻められない。

---------------------------------------------------------

普久川→宮城 1:07:55 106/349W(NP125W) 147/161bpm 70rpm 23.1km/h

学校坂 12:52 130/221W(NP139W) 150/158bpm 59rpm 8.7km/h

 安波への高速下りもほぼボッチ。目標が無いとペースが上がらないというか、やはり下り慣れしていないのか遅め。

 安波の集落ではいつもたくさんの応援があり、この先の登りを頑張ろうという気になる。

 ということで、コース中でも斜度がきついので有名な「学校坂」に突入。

 普久川の時よりはマシなペースで登り始めるも、6分ほどでまず左脚、すぐに右脚も攣って停止、下車。。

 サイクリングペースで攣りの兆候は収まったと思っていたけど、来るときはホントにいきなり来るな。。

 40秒止まっていたので、さっきまでで抜いた選手たちにまとめて抜かれる。

 これでまた弱気になってしまい、ギリクリアできるかと考えていた宮城関門が遠くなってきた。

 しかも88㎞と思っていた宮城は93kmだった。。高江が関門だったころの距離をそのまま使っていた模様。

 こりゃダメかも。

 だましだまし走るも、ダムの大泊橋後のきつい登りで再度右脚が攣って下車。

 宮城の手前で赤旗が振られているのを確認し、ここで足切りDNFとなった。

 210kmの頃から何度もお世話になっている宮城、、まさか100㎞走れないことになろうとは。。

 中に入るとなぜかナイトウくんもいる。。私以上に脚が攣ったらしく、数分前に足切りにあったとのこと。

 回収バスで二人反省会。

 川上関門が閉まるまで手前で時間待ち。完走に向けてR58に入る選手を見送る。

Img_3744

 ゴールで回収トラックからバイクを受け取り(この絵面、ホントに情けない)、今年のツールドおきなわは終わった。

| | コメント (0)

2019年11月 9日 (土)

おきなわ2日目:試走~受付(TSS 58)

最初のネタ

 金曜目が覚めたときに、「なんか微妙に喉が痛い。。」

 この時期、風邪をひくことだけは避けなければ、だったのだけどまさか当日に。。

 飛行機の中で寝たりして悪化を抑えつつ?、ちょうどOKAで荷物引き取りをしていた頃がしんどいピーク。

 レンタカー借りる頃にはけっこう落ち着いたので、ふつうに運転も自分ですることにした。

 薬局で滋養強壮ドリンクを買って金土飲んだら、土日と順調に調子は戻った、と思う。

Img_3709

 風邪というより、緊張で熱が出たかという感覚笑。

---------------------------------------------------------

 6時くらいから起き出す。明るくなって外に出たら、cyclingの人たちが美ら海へ向かって大勢走っていた。

 朝ご飯は各自買っておいたものを食べる感じで。

 チューリップとチーズ、キュウリのサンドイッチで。見た目いまいちなので写真無し。。

Img_3712

 開け方一瞬分かりませんでした。。

---------------------------------------------------------

 ゆるゆると支度して、9時頃にバイクを車に積んで羽路ダムへ。

Img_3714

 ダムの駐車場に車を置いてコースを逆送。

Img_3715

 ナイトウくんワタナベくんの登りが力強い。早々に置いて行かれる。。

Img_3716

Img_3719

 金土とTSS30-35くらいを考えていたので、土曜だけなら50くらいかなと思いながら。

 カヌチャを過ぎて、安部から登っていった最初のピークで二人が待ってくれていて、そこから引き返し。思いが通じたようだ。。

 帰りも一人旅。所々上げながら、基本は210W程度で。

 しかし何だか走れんな。。ちょっと明日に不安が残る試走だ。。

 TSSマネージメントはばっちりでした。

CTL 48 TSB +16
ロード 32km 1時間17分(実走1時間15分) 598kJ TSS 58 獲得標高 409m

---------------------------------------------------------

 宿に戻って、洗濯回しながら(今回はチームジャージしか持ってきていないので毎日洗濯)、午後の予定を相談。

 順番的に、昼ご飯後受付し、(時間はかかるけど)お初の二人向けにコースをぐるっと車で下見することに。

 昼ご飯は、名護に来たら一度は行かないといけない「宮里そば」。

Img_3723

 最近は他にも美味しい店があるようだけど、自分には素朴で、混んでいるけど回転も早いここが一番です。

---------------------------------------------------------

 続いて受け付け。口座を作ろうと思います(備忘録)。

 今年のゼッケンは1593。140kmマスターズは1400からみたいなので、16年に中位完走くらいじゃ若い番号なんて回ってこないね。

Img_3724

 出店を回って、二人にシートポストへのゼッケン留めを推薦し売りつける。

 ワタナベくんが「Airfit」のブースで何やら真剣に話を聞いているので、一緒に聞いてみる。

 ベルトで留めて圧迫するのと比較して、息が楽なので?3W軽減できると聞いて、先に自分が買っていた。。体力的にワラスガ状態なので。。

Img_3725

Img_3735

---------------------------------------------------------

 ここからコース下見。トータル200Km近いのでかなり時間かかる。正直レース前日にやるべきものでは無かったかもしれない。影響出たとしたら申し訳ない感じ。自分もだけど。

 ハイパーラプス撮るのも目的だったけど、USB-Cのコネクタ忘れて全部撮れないという。。しかも見てみたら斜度が伝わらずかなりいまいち。いろいろ残念な感じですわ。

---------------------------------------------------------

 イオンで買い物して18時頃戻り。ちと活動しすぎの感じがする。。

 ゼッケンやら補給の準備。

Img_3732

 ゼッケンは脇の縫い目に沿って云々と、非常に細かく指示がある。これまでは通気性的にイヤだったのだけど、まあ仕方無いか。。

Img_3736

 補給はmarcoさん譲りのTOPTEN中心に、とにかく足攣り防止ブツを。。

 晩ご飯はパスタ。イオンでレンチン容器を買って、鍋茹でと平行して700gを一気に作る。。

Img_3728

 安物の電子レンジなのか、プリシコ食感パスタがレンチンに合わなかったのか、結果的にやや芯が硬めの状態の仕上がりだった。。

 明日に備えて早寝。

 完走はマストなつもりだけど、スタート時間が何時になるかで状況が変わる、何とも他力本願な感じです。

| | コメント (0)

2019年11月 8日 (金)

おきなわ1日目

 いつもの5:15バスでHNDへ。荷物預けて、同行のナイトウ、ワタナベくんと合流し、ラウンジへ。

Img_20191108_20172

 まだ第二ターミナルは断水が続いていて、ビールしかサービスが無かった。。

--------------------

 ANA463便に乗り込んだら、荷物収納に時間がかかり?、飛行機は30分遅れで出発。。

 時間が減るのはもったいない。。

Img_20191108_51158

 富士山きれい。ツールドおきなわの時に白いのはそんなに無かったような。

Img_20191108_18324

 おきなわ行きは基本奮発してプレミアムクラス。今日の朝食はちょっといまいちだった(カロリー的に)。

Img_20191108_43856

 先日のツーリングの辺りを見つつ西へ。

--------------------

Img_20191108_19675

 OKAに到着。自転車返却はすごいカオス。来る度に規模が大きくなっているような。

 3人分が出てくるのに小一時間要した。

 そして、ナイトウくんのシューズの片方がHNDで落ちていたことが発覚。。よく気が付いた。

 タイミング的に夕方近い時間に着く便でやってくるらしい。。

--------------------

 今回は大きめ車を借りる都合上、オリックスレンタカーを選択。

 安さで選んだわけだけど、後で空港からかなり遠いことに気づいた。そして規模が大きく、送迎バスに乗るまでの列が長く待たされる。

 もうお昼もだいぶ過ぎた時間に、Noah借りて出発。

Img_20191108_19411

 3人3台でちょうどぴったり。

----------------------

Img_20191108_19129

 お昼はワタナベくんセレクトの、豊見城の「御食事処かねふく」。

Img_20191108_18485

 ランチ600円で腹いっぱい。

 シューズを受け取るナイトウくんOKAで下ろして、先に二人で名護に移動。

--------------------

 高速飛ばして、16時くらいに宿の「コンフォートヴィラ」に到着。

 本部町、海洋博公園に曲がる、浦崎から少し入ったところにある。

Img_3770

Img_20191108_17626

 いわゆるマンション形式のコンドミニアム。日本人はうちらくらいで、他はアジアの外国人グループの模様。

Img_20191108_17342

 4セミシングルという部屋でベッド4つで46m2。若干手狭ではあるけど、まあ快適(4シングルスタンダード64m2って方なら余裕あると思う)。

Img_20191108_1770

 奥の4つ目のベッドはうっちゃって作業スペースを増やした。

Img_20191108_16475

 そうするとさらに快適。

Img_20191108_17910

 自炊はできるけど、あまりがっつりやる気にはならないかねぇ。

 バスで18:40に着くナイトウくんを迎えて、1日目終了。

 実は今日から微妙に風邪気味だったりする。。治さねば。

| | コメント (0)

2019年11月 7日 (木)

明日からおきなわ

 3年ぶりの出場。もう3年前なのか。。

Img_3663

 なにはともあれ頑張ります。

| | コメント (0)

2019年11月 6日 (水)

アキュパワー行き/春夏冬(TSS 25)

 決戦前といえばacu-powerということで、今回も仕事終わってから。

 早く帰られたので、いちど家を経由して、CXで多摩サイを走って行くことに。

Img_3661

 腰が微びっくり状態だったのと、乗り込むと脚のつけ根辺りが張ってくるので、その辺ばっちりにしてもらえた。

 これでやることはやったか。。あとは現地に飛んでから頑張ろう。

---------------------------------------------------------

 こっちに来るときに、「春夏冬」が閉まってることが多いんだけど、今日は店に灯りが。

 それならということで、

Img_3662

 ここではクマラーメンしか食べないので。。大盛いったらかなり量が多かった。。

 適度な辛みと、メチャ熱なスープと、どちらかといえば柔いと思うんだけど歯ごたえのある麺が美味しいです。

---------------------------------------------------------

 行きはTSS 15、帰りはTSS 10。まだちょっと疲れあり。鍼を打ってもらって、金曜くらいから良い感じになる予定。

| | コメント (0)

2019年11月 1日 (金)

ローラー練L2(TSS 20)

 11月に入り、三連休終わって3日過ごせば、おきなわ行きというまでになった。

 久々のおきなわ自転車は楽しみではあるが、自分の今のフィットネス的には不安しかない。

 とはいえ、marcoさんに連れてきてもらってから12年が過ぎて、今度は自分が新しい人を連れて行くようになったってのは感慨深い。

 まあやるだけ頑張ってみるしかないよねぇ。

---------------------------------------------------------

CTL 51 TSB +1

ローラー 10km 30分(実走29分) 256kJ TSS 20
146W(NP 149W)

 どうも体が重い。汗かきローラーも善し悪しかねぇ。

 三連休、土日はTSS 100以下くらいを目処に。月曜は元気さ次第だけど、今日の雰囲気だとノーライドにしないとダメな気がするな。。

 験を担いで、16年の時の同じ(かそれ以上)のCTL/TSBで望みたい。

| | コメント (0)

2019年10月29日 (火)

ローラー練L1(TSS 20)/おきなわ参加証届く

CTL 54 TSB -19

ローラー 11km 34分(実走33分) 274kJ TSS 20
139W(NP 141W)

 まあまだしんどい。ただ火曜でも脚が使い物にならないというよりは、もう少しマシというか、回復途上というか。

 明日はもうちょっと良くなって、木曜にはそれなりに普通に、くらいだろうか。

 やっぱ回復力が無くなっているよなぁ。特に食わない生活しているとダメだな。

---------------------------------------------------------

 おきなわ参加証届く。前の週くらいにならないと届かなくなったな。。

Img_3650

 変わりませんな。今年のゼッケンは1593。どうやら140kmオープンとマスターズはきっちり分けるみたいだな(私はマスターズ)。

 少し、オープンを選ばなかったのは失敗だろうか、、と思い始めている。。

Img_3652

 やはりスタート時間も分けられていて、オープンの10分後が標準設定かぁ。これそうとう完走が難しいパターンだなぁ。

 これだと100kmのスタート前に出るのはムリな感じがする(というか100kmのスタートが早い?)ので、何人いるのか分からんけど、140kmマスターズの集団から落ちたらジエンドパターンくさい。

 

| | コメント (0)

2019年8月27日 (火)

ローラー練L3-4(TSS 35)

 日曜は取れなかったツールドおきなわ用のフライトのチケット、空席待ちをしていたら火曜に無事往復ともP席をゲット。

 この遠征だけは贅沢?Pポイント稼ぎ?のためにお金を使う。まあ実際は貯めたマイルで70%は払っている勘定だけど。

 しかし取れてみて座席の事前指定をしてみるとガラガラなんだが。。

 この時期から予約する人たちが座席指定をしないわけも無く。いまいち今の制度が分からんなぁ。

---------------------------------------------------------

CTL 44 TSB +3

 いろいろとあり、練習は22:40とかから。

ローラー 12km 33分(実走32分) 327kJ TSS 35

 3分 229W, 3分 243W, 10分 202Wと上げてみる。

 開始が遅くなったのでTSS 35で打ち止めにしたけど、予定的には40以上やりたかった。

 さて、連日どれだけできるでしょうか。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧