01.MTBレース

2019年4月14日 (日)

熊本 吉無田 レース後~月曜

 レース中は小雨だったが、エリートタイムにはけっこう本降りに。。

 何となく食べたかった、恐竜バーガーいっとく。

Img_2078

 おお、なんかそれっぽい(ここも恐竜発掘で有名らしい)。

 バイクの片付けは車のリアゲートの下でしかできない感じなので、一人ずつ作業。

 なので、交代でエリートの動画を撮る。

----------------------------------------------------------

 会場を16時前に撤収し、空港で荷物降ろしてからレンタカー返し、帰りの飛行機のチェックインしてから肥後大津駅へ。

 今日も泊まるヤマニシとはここでお別れ。

 駅までは無料の空港ライナーで。空港バスは熊本市内に行ってしまうから、人を呼ぼうと頑張っているのだろうか。

----------------------------------------------------------

 昨日は食べなかった馬刺となるんだけど、第一候補の「馬勝蔵」は日曜定休だったので、第二案の「えふわん」へ。

 ここも肥後大津の駅(ホテル群)から少し離れているためか、無料で駅との間を送迎してくれる太っ腹。

Img_2086

 名前から小さい店かと思いきや、法事の会食とかできそうな立派な店だった。

57049058_1692127594223788_65979900020538

 馬刺4点と活ヤリイカ。ゲソは後で天ぷらに。写真はJTさんのを拝借(こっちの角度の方がキレイに見える)。

Img_2083

 桜ユッケ。

Img_2084

 馬肉チャーハン(馬力チャーハン)。

Img_2085

 辛子レンコン。

 他にも数点とビール×2+ハイボールという感じで、1時間で片付けた。

 値段はさすがの観光地郷土料理価格でした。。

----------------------------------------------------------

 空港に戻って、さらにANAラウンジでビール×2+梅酒。

 機内では爆睡で、離陸前から寝ていて、着陸で目が覚めた。

 リムジンバスと、調布からは重い荷物持って歩くのがしんどいのでタクって、0時過ぎに帰宅。

----------------------------------------------------------

 月曜はさすがに休暇。。

 バイクは今回もベアリングなどにダメージ無しで助かった。

 クランクは外してグリス塗り直すレベルのメンテをしておく。

 吉無田、来年も実施されればぜひ行きたい、ナイスな大会でした。

| | コメント (0)

20190414 XCO CJ-1 熊本吉無田 男子マスターズ(TSS 156)

Img_2077

 新規会場はやっぱり嬉しい。

 今日は2016年の熊本地震からちょうど3年経った日。よくぞ開催までこぎ着けてくれた、という感謝を持ってレースに挑みます。

----------------------------------------------------------

 6時に起床→6時半過ぎ朝ご飯。

Dsc_0077

 別料金朝ご飯なので、なかなか充実している。九州なので、取り放題?明太子がありがたい。

 レースじゃ無くてツーリングとかなら、ご飯4杯いけるな。。

 コーヒー飲んだりして少しまったりしてから出発。会場着は8:20かそこら。

----------------------------------------------------------

 チャレンジ+オープンその他のOPレースの一周目を撮ってから支度。ヤマニシの出るアドバンスのスタートを見送ってからアップへ。

CTL 46 TSB +2

 会場前の道路はアップというか乗車移動禁止。まだまだ道路復旧が完璧では無いので、抜けられるこの道は往来も多いという配慮だろう。

 なので、コースの最頂点にあるキャンプ場?への登り道でアップしようと思ったら、BBQのシオミさんウチノさんと一緒になった。

 5分220Wくらいを3本。けっこう脚の回りは良い感じ。(無い)力は出せそう。

 アップ分 30分 TSS 42

 試走の後半から雨が降り出した。。

----------------------------------------------------------

 バイクのセッティングは、

フレーム 2018 TREK Top Fuel 9.9 SL 17.5 Project One satosinカラー
ホイール Bontrager KOVEE XXX
タイヤ前 SCHWALBE レーシングレイ2.1 1.45気圧
タイヤ後 SCHWALBE ロケットロン2.1 1.45気圧

 マスターズは22人エントリーの22人出走。さすがです。2列目中央に並ぶ。

57009042_2598393243720750_12858407695039

 後ろには優勝候補筆頭のオカモト選手がいるので、邪魔しないように。。

 けっこう寒めだけど、冬の寒さとは違うので、半袖半パンワンピジャージでちょうど良いかな。

----------------------------------------------------------

 12時にスタート。ギア設定が軽すぎて加速が付かず、後ろに下がりつつ。

56907889_2598393377054070_76989963471683

 登りにかかり、普通にビリ2の位置へ。。あれ?

 冷静に考えてみたら、2月3月が自分的に記録的にダメだっただわけで、調子が上がってきたといっても、昨年並みに戻ってきたというだけだった。。

 なので、昨年と同じく、スタートでビリ近くはデフォだった!

 ダラダラときつい登りは前に出ることもできず、位置キープで。右回りの岩ゴロゴロターンはけっきょく毎周脚付きになった。

 上まで登り切りシングル下り、中盤の登り返し辺りでJTさんの前に出る。忠告を破って、ここまで後ろを走ってしまいました。。

 下りはドロッパー使えば問題なし。まだ路面は気になるほどでは無い。

57024127_2598392593720815_21768970271520

 1周目は17位で通過。公式タイムでは18:50だった模様。

---

 2周目の登りでハシモトさんに抜かれる。本日唯一の60歳台、ホントにスゴイです。。

 さらに、登り後半で女子ジュニア、エリートのトップ三人にも抜かれる。。うーーん。

 下りはエリートトップの2人の邪魔をしないように後ろ位置をキープ。

 スタート地点に戻る最後の登りで、女子サトウ選手の前に出て3周目へ。

 2周目は19:20。順調にタイムが落ちた。

---

 3周目はある意味ホントに一人旅。

 トップのオカモト選手から8分遅れらしいので、このままでは4周目にラップされる計算になる。

 対抗したいが、競ることが無いと、ペース的にはなかなか微妙。。

 タイムは19:32とやはり落ちている。

57649121_2598394800387261_26697690829910

---

 おそらく最終周となるだろう4周目。

 平坦ストレートからプライベートフィードを過ぎたところで、いったん一瞬下るんだけど、そこはフルサスだと全速力でクリアでき、その後の登りに勢いが付けられる。

 意外と4周目でも脚色が変わらないというか、けっこう軽い。相変わらず、変にスタミナはあるようだ。

 これでちょっとハシモトさんが近くなった。なんとか抜いてゴールしたいと思い始める。

 最高点手前でオカモトくんにロックオンされ、ほどなく抜かれる。これで4周終了が確定。

 中盤の登り下りで徐々に前との差を詰めて、プライベートフィードの手前のプチアップダウンでハシモトさんを抜いて、残る力を振り絞る。

 気付けば前にウチノさんが見える展開になるけど、さすがにペースアップが遅すぎ追いつけず、18位でゴール。

 最終周は18:48と上がった。これを毎周できないと、、と毎度言っている。

 1周目17位から、その後抜かれたハシモトさんを抜き返し、オカモトくんに抜かれて一つ順位を下げて18位、だけど、それなりに走り甲斐もあり、初戦としては良かった(理想よりは低レベルだが)。

 参加者の実力を考えれば、結果的には順当な順位。

 昨年までの順当を逃れるために、練習しよう。

----------------------------------------------------------

データコーナー

18位/22人(82%)、順位率的にはダメダメ。精進しないと。

Place

MTB 17km 1時間19分 813kJ TSS 112 獲得標高 m

#1  19:03  183/635W(NP226W)  158/167bpm  75rpm
#2  19:19  175/735W(NP210W)  159/170bpm  73rpm
#3  19:30  172/527W(NP203W)  156/166bpm  71rpm
#4  18:35  180/612W(NP217W)  1--/1--bpm    70rpm

 まあなんつうか、パワーの値が低いね。。

 最初の登りも、1周目は240Wくらい出ているけど、その後は200W辺り。これでは順位が付いてくるわけが無い。

 最後のスパートは2分272Wなので、きつい登坂を何とかしないと、というところか。

| | コメント (0)

2019年4月13日 (土)

CJ-1熊本吉無田 1日目:試走(TSS 65)

 14時前に会場に着いて受付。試走分以外の1日目はこちらで。

Img_2056

 今年のゼッケンは232。毎年順調に下がっている。何とか加齢に逆らって上げていきたいところ。。

2019 232 ??
2018 230 37位/101名 36%
2017 225 35位/82名 43%
2016 217 25位/88名 28%
2015 215 17位/44名 39%

 3人でコースイン。

CTL 46 TSB +4
MTB 10km 1時間16分 423kJ TSS 65 獲得標高 265m

Map_2

Height

 コースはこんな感じで、丸印の辺りから時計回り。1周4.4kmで周回当たり120m程度の獲得標高。

 まあ前半はひたすら登るって感じ。シングルは下り基調で短め。

 中盤の下りが傾斜とバンピーさがあり、調子に乗ると吹っ飛んでいきそう。

57088208_1843903279079128_18028790687192

 コース最高点(高原的にも最高点?)の展望台。サカイさんに撮ってもらった。

 2周すればまあまあ自分的には理解はできたので、脚を労り終了。

 ドライだとなんてことは無いけど、雨が降ると登りは押しになりそうなところがあり、下りはどれだけ滑るのかが??

---------------------------------------------------------

Img_2059

 エスティマは比較的荷物の詰め込み性が良く、フロントホイール外した3台を、良い感じで積載できた。

Img_2072

 晩ご飯後戻ってきて、地域限定チューハイ飲みながら試走動画見て攻略確認。

 その試走動画。遅くてすみません。

 

| | コメント (0)

CJ-1 熊本吉無田 遠征1日目(レース分以外)

 こっちが先かよ、の突っ込みは無しで。。

 いつもの5:15のバスでHNDへ行き、7:10のソラシドコードシェア便でKMJへ。初めての熊本空港。

 快晴だったので景色満喫。霞みも少なくて、もうテンション↑↑。

Img_1990

とびしま街道

Img_2004

 右から別府市街、鶴見岳、由布岳。これを見られただけで嬉しい。

Img_2011 

くじゅう連山。ミヤマキリシマが咲いているときに乗ったらどうなんだろう、とか思ったり。

 てな感じでKMJ到着。

----------------------------------------------------------

 ターンテーブルでノース夫妻とばったり。

 実は私が一人先行していて、同行のヤマニシ、JTさんを待つパターン。JTさんが中央道事故渋滞に巻き込まれ遅れているという情報に、「やっぱり(超)早朝移動だよね」と盛り上がる。

 荷物受け取りレンタカー、は両者とも空港内にカウンター無いマイナー会社だった。。

 電話して呼んで、私はレンタカー待ち場とも違う(より遠い)ところで拾ってもらう。

Img_2020

 今回は3人遠征。いつものハイエースとかでは無く、エスティマです。

 なんとこれ、楽天経由のスカイレンタカーってとこで2日で1万円の激安。金額に目を疑ったがそれで正しかった。

 なんか(たぶん)数量限定の格安プラン的なものだったかと。

----------------------------------------------------------

 二人を10時過ぎに拾って移動開始。

 試走は14時からなので、ちょっと観光しようという感じ。まずは腹ごしらえから。

 行き先は、「あか牛レストラン よかよか」。まあやっぱりこっちに来たら、この辺かなということで。

Img_2024

 道の駅大津の中にある。まだ時間早いせいかガラガラだった(支払時写真)。

Img_2023

 あか牛丼は「いまきん食堂」で食べているので、今日はローストビーフ丼を。ボリュームもあるし、1800円でも満足。

Img_2022

 3人であか牛丼用の肉が乗ったサラダをシェア。

----------------------------------------------------------

 これでお腹が満たされたので、ドライブ観光へ。阿蘇→水源という流れで決まった。

 14時に会場着は苦しそうだから、時間によってはどっちかパスするか、にJTさんの「じゃあ試走、、」に笑。

 R57の不通区間を回避して阿蘇、南阿蘇方面に向かう、長陽大橋へ。個人的に通りたかった。通るルートを提案してくれたヤマニシ、ありがとう。リンクの動画はぜひ見て欲しい。

 実は明日の大会当日の日にちは、熊本地震の当日だったりするのだ。

Img_2026

----------------------------------------------------------

 阿蘇パノラマラインを登って登って草千里へ。

Img_2029

 中岳?は元気に活動中だった。

Img_2030

 ここ来るの、中学の修学旅行ぶり(約40年)と思ったけど、それ以降に、有料の駐車場がイヤでUターンした記憶があるな。

----------------------------------------------------------

 さらに阿蘇パノラマラインを進んで下って白川へ。

Img_2044

 白川水源。誰も水汲み用のボトルを持って来なかった。。

 これで観光は終わりで、グリーンロードをヤマニシの華麗な運転で爆走し、会場には試走開始の14時前に到着した。

----------------------------------------------------------

Img_2055

 耐久レースやスーパーマスターズが開催されていることもあり、かなり盛況。

 天気が良いと高原は非常に美しく、いやー来て良かったなぁと思える。

 試走分などは別記事で。

----------------------------------------------------------

 (ヤマニシが)試走をギリギリまで行い、17時前に宿に移動。

Img_2064

 肥後大津駅。駐まっているのは、空港と駅を無料で結ぶシャトルタクシー。明日お世話になる予定。

 宿は駅近くの、「旅籠はしもと」。

Img_2062

 外見は普通のビジホテだけど、客室は和室が基本っぽい(畳部屋だけ?)。

 大津高校にサッカー留学をしている学生のために下宿を世話しているらしく、地震でその辺りが倒壊してしまったため、ここにも学生を受け入れているようだ。朝食時に制服姿の学生さんが多く食べに来ていた。

Img_2060

 8畳3人で、一人6000円なり。

----------------------------------------------------------

 馬刺は何となく、明日の帰り前にしたかったので、「前川水軍

Img_2067

Img_2068

 生ビール×3+メガ的ハイボールで。

Img_2069

 宿に帰って、試走動画見ながら攻略作戦を共有し、お休みなさい。

| | コメント (0)

2019年4月12日 (金)

初戦に向けて/減量など/ちょこっとローラー(TSS 12)

 日曜の熊本県御船町(吉無田)の天気予報はかなり微妙。

 サイトによっては午後そこそこまで降らないってのもあるけど、なんといっても標高600m超の高原だしなぁ。

 汚れるのもイヤだけど、ドロドロで登れなくなったりするのも困る。。

---------------------------------------------------------

 荷物のパッキングは今週毎日ちょっとずつ進めてきたんだけど、こういうやり方はかえって忘れ物をしそうで心配だ。。

 ホイール一本は別に持つ方式なので、バイクの梱包は簡単。

Img_1951

 シーラントは飛行機だと没収コースなので、タイヤは決めた通りで、マッドタイヤは持たない。

---------------------------------------------------------

 今朝の体重が61.5kgだった。昨日も早く帰ったのでちょっとアルコール摂取が多かったせいで、水分抜けたんだろうな。

 ちなみに酒はもうずっと、糖質ゼロのオリオン(byふるさと納税)or焼酎。そこまでして飲まないといけないのか。。

 オリオンはアルコールも3%ちょっとみたいなので、感覚的には炭酸水飲んでいるみたいなものです。

 3食も基本は炭水化物の(少)無い感じで、やはり途中は腹が空く。

 昔アーモンドダイエット?ってのがあった(やった)こともあり、途中のおやつはナッツ系で、と思ったら、ロカボナッツというジャンルがあるのね、、ということで通販で買って実施中。

Img_1949

 六本木さんもブログに書いていたような。

 体重推移。

Photo_6

 実際はここからが本当の減量。

---------------------------------------------------------

 帰って、Ultramanを1話分見ながらローラー。

 とても面白い。たぶん来週で見終わると思うので、見終わったら感想など。

 明日は早いからそろそろ寝よう。

CTL 46 TSB 0 TSS 12。

 本番はいちおうCTLをプラスで迎えることはできるか。若干疲れの抜け具合が不十分な感じがするけど、狙っているわけでもないので、この辺りのコンディションで十分だろう。

| | コメント (0)

2019年4月 5日 (金)

練習無し/開幕まで一週間

 帰ってフォームローラーでゴロゴロ。

 普段はcompex→フォームローラーなので物足りない。。バッテリーは月曜に届くようなので、上手く動いてくれると良いのだが。

----------------------------------------------------------

 開幕戦直前の土日を有意義に過ごそう。

 その熊本、今朝10日間予報見たら13日の土曜から雨で気分↓↓だったけど、午後以降見てみると、土曜晴れ→日曜朝から雨、、。

 サイトによっては日曜も曇り止まり。全体的に天気、もうちょっと頑張ってください。

 雨はやっぱり憂鬱です。。

 ただ、熊本と言えば、2002と03の二度行った4月の小国は、ことごとく雨だったんだよなぁ。

Photo_5

| | コメント (0)

2019年4月 1日 (月)

元号/そろそろ熊本準備

 新元号は「令和」。最初に聞いたときに思ったのはこれだった。

 と思ったら、タキシタさんがFBに投稿していた。

 ひねった名前だなと思ったけど、まあすぐ馴染むんだろうな。

 ATOKでも変換できなかった。

----------------------------------------------------------

 開幕戦の吉無田まで2週間を切ってきた。そろそろ熊本グルメを真面目に検討するか。。

 と思ったら暫定スタートリスト公開。下馬評通り、マスターズのリストが濃いいな。

 岡本選手もマスターズか。今年はサイヤ人とナメック星人枠が増えているな。。

----------------------------------------------------------

 今日は練習無し。脚は良い感じで疲れている。

 昨日で一瞬CTLも50に乗ったので、この調子でフィットネスを上げて行きたいところ。。

| | コメント (0)

2019年3月22日 (金)

レースいろいろ/明日から合宿

 今朝シクロクロスのAJOCCランキングが更新されていた(最終版)。
 ちなみに残留は150位まで。。なんとドベで残留を決めることができた。
 結果的に、3月の城里に行ったことが決め手になったか。前日にMistyさんと練習したのも良かったんだろう。
 巡り合わせって大事だねぇ。
----------------------------------------------------------
 八幡浜CJに関し、たまに見ているYouTubeサイトに今年のコースの紹介動画が上がっていた。
 え、あのコークスクリュー下りのところを逆走して登るのかよ。。そのまま勢いでゴジラまで登るとか。。山サイの激登りか~。。
 ちょっと5月までには減量しておかないとダメだねぇ。
 グランド取り巻くダブトラ逆走は、ある意味初期レイアウトに戻ったという言い方もできるか。
----------------------------------------------------------
 日曜はCSCクラシックなんだけど、今年は不参加にしてチーム合宿で乗り込み。
 といってもサマタ家にお世話になり楽しむというだけという説もありますが。
Img_1803
Img_1802
 一部新兵器も投入(決戦用ではなく練習用ですが)。

| | コメント (0)

2019年3月10日 (日)

茨城CX#5城里うぐいすの里 CM1(TSS 86)

 シクロクロス千葉が終わって、翌週の日曜の天気が悪そうということで、キャンプ中止かなぁと思い、エントリー最終日にクリック(雨の中走るのは憂鬱だが)。

 ところが予想に反し天気が良化→キャンプやるのでDNSかなぁ→ウエカワくん多忙につきキャンプ無し→じゃあ出るか、という流れ。

 何か流されるままですみません。

 今の実力の無さを考えると、CM2に落ちるのはほぼ受け入れているんだけどね。。

 やれる範囲で足掻いてみるかということで、3週連続のクロスです。

---------------------------------------------------------

 会場が微妙に遠い上に、試走が7時開始なので家を4時出発。

 爆走したら6時前に着いた。。昨日の手賀沼より時間短い。常磐道と、道が空いている城里町は偉大だ。

 トイレ行ったりうろうろしていたら日の出。

Img_1449

 7時に受付して試走へ。

CTL 39  TSB -10

Screenshot_20190310193406_2

 通常の逆回転らしい。スタート(グランド)からの登りと、見所?のややキャンバー気味の激下り、非常にきっつい登りから長い高速下り、テニスコート周りのテクニカルゾーン、最後にグランドくるくるという2.8km。

 昨日の疲れはあるので脚は重い。Edge520Jにも、調子はグッドではなく、ノーマルと言われた。

 ポイントの激下りは、MTBer的には「まあ普通かね。。」 キープレフトで下れば問題なし。

 意外に皆さん苦労していたテニスコート周りの入りのキャンバー、

Img_1457

 自分的には左端の根っこに乗っかれば簡単、と思ったんだけどな。

 2周してポイントの確認はできたのでお終い。TSS 18。

---------------------------------------------------------

 C3のスタートを見て、気持ちアップしておこうと、スタート後の登り近辺を少々。TSS 8。

 ダッシュしてみると、案外かかりが良い。昨日の練習が良い刺激になったようだ。

 昨日はTSSも200くらいだから疲労困憊というレベルでは無く、当日はヘロヘロでも、しっかりケアして寝たので、翌日の今日はまずまずなコンディションのようだ。

 今回は前後タイヤはシラクCXに交換。空気圧は試走1.7から1.6気圧に下げで安定感を増す方向で。

 CM1は22人エントリーで21人出走。DNS一人で、とりあえずの20人出走は達成だったが、自分的にも出られて良かった。

 20番ゼッケンなので最後尾の3列目、真ん中右側に陣取る。

---------------------------------------------------------

 スタート後すぐにクリートが嵌まらず(最近多いな)、注文通りのドベへ。

 迷いが無く心は穏やかなので?焦らず登り途中から回して少々前へ。

53615505_1965790823717136_644876040

 写真はいつもありがとうございますの齊藤高史さん。

 左折後のきつい登りでタレる選手を交わしつつ、やや根っこのある土路面に入り様子見の選手をサクッと抜いて激下りへ。

 CM1下位だと、自分あたりでもこの区間は速い部類。

 安全なラインは少なく、ケガしないが合い言葉的なので抜くのは難しいが、下った先で左に曲がり凸凹路面の登り返しがあり、しんどいところ済んでホッとしたのか、そこでしくる選手がいるのでそこを狙う。

54516399_1965963590366526_305973473

 2周目の下り、前の4人に追いついたところ。

53343601_1965963677033184_102354993

 このラインがいちばん安全。

 下った後のから始まる、20%強?の激登りはデブには辛い。。抜き返される。

 登った先の二段階段はラインができてきて、試走は降りていたところが、レース途中からは普通に乗車で、脇をクリアできるようになった。

 その後の下りは頑張って踏んで、前にも書いたキャンバーは問題なく行けるので、その先の下りと登り返し、根っこのぐるり含めて安定しているので、前との差を詰めるポイントになった。

 グランドへの階段登りは、バイク担がずに右端のスロープにバイク乗せて走って登る。

 全体的に、ここまではそれなりなんだけど、グランドの平地踏み踏みが、踏み踏みできず決定的に遅い。

 ここまでで頑張っても、ゴール前のグランドで離されるという。。

 レース短評としては、2周目までは似た展開。

 1周目ドベ2から、2周目で15位くらいまで順位を上げて、3周目に登りが強い選手に抜かれ16位に落ちる。

 以降前に3人くらいが見えるんだけど、接近するところまでは行くんだけど、周回の最後は離されて前周の状態に戻る、になってしまう。

 そんなわけで16位/21人でゴール。

 その、30秒強前にいた3人パックから離されたのがダメだった。

 CM1思い出参戦的なつもりが、ビリ固定とかならず、意外とレースできて楽しかった。

---------------------------------------------------------

データコーナー

16位/21人(76%)

 けっきょく今シーズンのCM1は66%クリアが富士山の一戦のみと、まあダメな結果だった。

 ランキング制に移行し、最終結果がどうなるかは分からないが、残れるなら来年はちゃんとやりたいな。。

CX 11km 40分  398kJ TSS 60  獲得標高 243m

#1  09:21  177/628W(NP238W)  159/168bpm  70rpm
#2  10:02  168/502W(NP221W)  164/170bpm  70rpm
#3  10:12  159/571W(NP208W)  165/170bpm  68rpm
#4  10:09  167/512W(NP206W)  164/170bpm  67rpm

 前半はNPも238-221Wとそこそこ。

 このままで最後まで行ければなぁ、というところだが、後半はタレて数値もガタ落ち。

 いちおう#3までのタイムなら、CM2やCM3なら3-4位争いくらい。

 CM2に落ちても、来期に体ができていれば、昇格のチャンスはあるか。

 CM2が単独開催になっていくと、昇格に必要な10人が集まるかがポイントだが。。そもそも10人だと勝たないと上がれないってのはかなり大変だけど。

---------------------------------------------------------

 レース終わればとりあえずカレー。富田林から来てくれている?タベルナ・エスキーナ。

Img_1452

 CM2とCM3を応援し(CM2 ウチノさん優勝、CM3 タヌマくん3位)、続くC1スタートした11:40過ぎに帰路へ。

 渋滞も無く車の密度も低く、13時半には帰宅。寄り道少ない分、行きと同じ時間か。

| | コメント (0)

2019年3月 3日 (日)

シクロクロス千葉#2 CM1(TSS ?)

 6時過ぎに起きて7時半前くらいに家出。

 7時?くらいから雨が降り出し、ここより南に行くんだよなぁと憂鬱に。

 逆に、DNSが増えればポイントも増えるか、と前向きに考えておく。

 出るのがやや遅かったが、天候のせいか東京マラソンあるせいか、首都高はガラガラ。

 順調に進み、湾岸線を千鳥町で降りて下道移動。ここでも1300円に到達していたので、ギリまで乗っていても良かった。。

 時間的にはまだ早いので、手前のスタバに寄ってソイラテ_ショット追加で。

Img_1421

 長居?するのでグランデで。

 てな感じで10時頃に会場着。あ、コバヤシくん来ていた。

 受付して、雨の中ウダウダしていたらMistyさんも到着。DNSじゃないのね。

 雨男がやる気出すから、、、はネタなのでいちおう触れておく。

 冷たい雨なので、試走とかやる気無いよ。

---------------------------------------------------------

CTL 37  TSB +7

 と言いながら、CM1のレースは試走2のすぐ後なので、支度してアップがてらコースを一周。

 うーん、思ったより林間がねちょねちょだ。

 昨晩時点で、レース終わるくらいまで雨は降らない予報だったので、タイヤはシラクSANDのまま。。泥で滑ってしまい、パワーの空回りが激しい。

 まあ仕方無いね。この時点でやる気が伺えるなぁ。

 ちなみにEdge520Jも忘れた。。やる気無いな。

---------------------------------------------------------

 そんなわけで、マッドレースにSANDタイヤで。やれるだけということで、空気圧は1.5気圧まで下げておいた。

 CM1は出席率高く、DNSは一人だけ?の出走14人。残留ダメかも。

 しかもスタート後クリートキャッチができずビリへ。

53869272_2260799484241983_189238075

 Mistyさん撮影。初めてヘルメットのバイザー付けてやってみた。

 1周目が終わる頃には30秒後に出たC2のトップ関係に抜かれる始末。

 海岸線の砂浜も上手く乗車でクリアできんなあ。

 それでも前の4人くらいのCM1パックに追いつき、この中で前に出られれば、という展開になる。

 2周目。草地の最高点のキャンバー的区間でステーンと滑って転ける。。どうやら後ろにいたコダマさんに迷惑をかけたようで。。スミマセン。

 これで差のあるビリに戻ってしまう。辛い。。

 何とか一人は抜いて最下位は脱するも、前との差は広がるばかり。

 グリップしないタイヤでは、前との差を詰めたい泥セクションで離されてしまう感じ。

Img_1422

 モデルはMistyさん。ターン区間で木に掴まって乗車クリアするも、その後が遅い。

 けっきょく前の選手に追いつけないまま、13位/14人でゴール。

 何とか今週は完走しましたレベルだった。

 13位は2点。。まだ残留ラインに到達できず。

 来年はCM2でやり直すかね~。

---------------------------------------------------------

 C1のスタートを見送ってから洗車→着替え→Mistyさんとコバヤシくんの応援。

 15時あたりに帰路に着き、17時前に帰宅。

 泥と砂走りはそれなりに楽しかったけど、結果が伴わなかったのでやはり残念。

 体力無いんだから致し方ない。。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧