21.旅行記・プラチナへの道

2018年12月 3日 (月)

ニュージーランドMTBツアー おまけ

 月曜も休みとって後片付け。

 出かける予定もあったので、いまいち進まず。。

---------------------------------------------------------

 バーゲンチケットなので、NZ航空のマイルはスターアライアンスグループのANAへ加算できないと思っていた。

 というか規約的には、できないようにしか読めないんだが。。

 ところが実際には、行きのプレエコ分は加算されていた。5493マイル/5893PP。

 アップグレードしても、最初の予約がバーゲンチケットだと、上級座席でもダメよ、なはずなんだけど実際には加算されていた。

 で、帰りのエコノミーは加算されないっぽい(今日の時点でダメならダメだろう)。

 この辺の仕組みは乗ってみないと分からない、ってところがあるので難しいな。。

 帰りがダメだったので、今年はブロンズステータスにはギリ届かないという微妙な結果に。。

---------------------------------------------------------

 備忘録まとめ。いろいろ手配はウエカワくんだったので、書くのはアレだが備忘録なので。。数値はザックリです。あと3人割り料金。

航空券 11万円+行きのOne Upアップグレード4万円
宿泊費 11000円(ワナカ2泊)+13500円(クイーンズタウン2泊)
レンタカー(ハイエース) ガソリン代込み14000円

 これで15万円(One Upアップグレード含まず)。それ以外の外食など5000円/日くらい。

 まああれこれ含めて5泊6日現地4泊で、20万円でおつり来るくらいだろうか。

 バーゲンチケットとウエカワくんツアコン(旅費関係)及びシェフ(飲食関係)貢献で、だいぶ安く上がったのでは、という気がする。 

 これくらいなら、NZ貯金して何年かおきくらいならできるだろうか!皆さんよろしく笑。

Img_0738

| | コメント (0)

2018年12月 2日 (日)

ニュージーランドMTBツアー day5

 3時に起きて4時前には出発。

Img_0870

 まだ中には入れず。。薄ら寒い外で待つ。ウエカワくんはレンタカー返しに行く。色々手配、本当にありがとう。

 空港開くと同時に入って、受付開始とともにチェックイン。

Img_0874

 朝一番便。まだ開いていないうちは「relax」と表示が出るのが何とも。

Img_0871

 基本的に有人カウンターは無くて、皆自動チェックインで処理していている。

 利用する人の対応力含め、全然日本より先行しているよね。

 スターアライアンスゴールドなのでプレミアムチェックインに行ったのに、前の6人くらいの中国人グループがエラい時間かかり、けっきょく3人でいちばん時間かかるという。

Img_0875

 定刻6:40にNZ610は離陸。雲が多くて景色はいまいち楽しめず。

Img_0878

Img_0895

Img_0899

 と言いながら、まあまあ満喫ではありますが。

---------------------------------------------------------

  帰りは検閲もほぼフリーパスでお終い。出る分には気にしないのはそりゃそうか。

 帰りはOne Upアップグレードも引っかからず(入札額が低いから当然)エコノミーで。

 オークランでドの乗り継ぎがあまり時間が無く、NZ航空の国際線ラウンジには寄れず。

 搭乗まで時間が少しあったので、最後のお土産買いで現金減らしておく。

 カードが小売店まで浸透しているNZは、基本現金要らんな。

Img_0935

 オークランド市街地。

 水平飛行になり昼前ご飯。

Img_0939

 けっこう美味い。窓側座席なので、アルコールは控えめで。

 しばらくは寝て過ごす。

 3時起き→時差関係で日本到着16時半(NZ時間で20時半)→引き続き移動、って言う意味では起きている時間が20時間くらいになるからな。。

 到着前に晩ご飯

Img_0944

 日本は16時くらいでも十分夕方だ。。

Img_0945

Img_0947

 着陸。荷物を受け取って解散、と言いながら家までウエカワくんに送ってもらう。

 明日出勤の人に、明日も休みの人が遠回りで送らせるという。。

---------------------------------------------------------

 元々は、もう一回くらいバイクを持って海外ってもアリかねって気持ちだったのだけど、こんなに素晴らしいところ、一回で済ませて良いの?ってのが帰りでの気持ちか。

 こりゃ2回目を考えないとなぁ。。

 誘ってくれたウエカワくんクチキくんには感謝しか無い。

 次も一人で来るのはちょっとなぁと思うので、またtours.netの団体旅行でお願いします笑。

 こんなレースもあるよ、とクニイさんに教えてもらって、やれることは無限にあるねぇと思いつつ、ツアー記も終了です。

| | コメント (0)

2018年12月 1日 (土)

ニュージーランドMTBツアー day4(TSS 32)

 ゆっくり起き出し。アクティビティ的には最終日。

 元々今日は長めのダウンヒルトレイルのSalmon Runに行くのが計画だったけど、昨日の7Mileにいた人にウエカワくんが聞いたところでは、雨の後は止めておいた方が良いとのこと、

 日本語の紹介サイト見ても、一回目はドライ路面をお勧めするとあり、今日はバイクパークでゴンドラダウンヒルする事に。

Img_0807

 しかし宿から10分かからない、街の中心から走って5分で到着とか、なんという素晴らしい環境。

---------------------------------------------------------

Img_0810_2

 券を買う長い行列中(けっこう時間かかりそう。。)に、スタッフのお姉さんに、6回券をシェアできるか尋ねたらダメとのこと。

 すると、列外れてこっちにおいでと手招きされ、インフォメの端末で発券してもらえた。

Img_0814

 おお、回数乗るバイクは優待されているなぁ。。

 、、と思ったら、後ろに並んでいたバイク乗りにそれを伝えたら、近くにいたおじさんスタッフがダメ!ちゃんと並べと制止されてしまった。

 どうやらウエカワくんがイケメンなだけだった模様。。

Img_0812

 リストバンドに登録情報を書き込む形式。顔写真も撮られているので、本人しか使えないシステム。

 ゴンドラで上へ。

 バイクはゴンドラに3台積めるので、基本3人セットで乗ることになる。

Img_0853

 こんな感じでスタッフが積んでくれる。

 私のバイク(ハイエンドXCフルサスレーサー)は珍しいのか、預ける度にスタッフがフロントサスを動かしたりと興味を持たれていた。。

 うちら二人にもう一人が分乗する場合は、ウエカワ、クチキくんが話しかけるのに乗っかってちょっと会話したり。

 NZ以外にも、オーストラリアやUSAから来ている人もいて、MTBのグローバルさを垣間見た。なんというか、まだまだ頑張らんとな、と感じたり。

 ちょっと色んなやる気が湧いてきそう。。

---------------------------------------------------------

Img_0824

 ゴンドラで上がったレストランのテラスからクイーンズタウンの町並みを見下ろす。本当にキレイな街だなぁ。

Img_0826

 Rude Rockがあるコロネット山?も見える。

---------------------------------------------------------

2_3

コースマップ

Photo

走行ログ

MTB  22km  3時間55分(実走1時間31分) 170kJ TSS 32 獲得標高 ---m

 ゴンドラ分で、獲得標高は2200mだそうですが。。

---------------------------------------------------------

 初級中級、一部コース間違えて途中上級を含む一本、合計5本下る。

 整備された大規模なバイクパークは、富士見を除くと初めてでとても楽しい。何度も下るうちにちょっと上手くなったかもとか思ってしまうな。

 以下動画垂れ流し。カメラの固定が甘くて上下に揺れているのはご勘弁。

Img_0845

 しかし最高のロケーションだよなぁ。

---------------------------------------------------------

#1 Hammy's Track

 初級の下りで足慣らし。動画は最後の#5で。

---------------------------------------------------------

#2 Vert.→Vertigo→Thundergoat

 下りの斜度が上がってくるが、ちょうど良い楽しさ。

---------------------------------------------------------

#3 Vert.→Thingymajig→S.T.S→Outer Original

 こっちも面白い。STSはシングルトラックサンドイッチ。根っこの多い、どちらかと言えば加工されていないトレイルの雰囲気。

 Wet路面なので他の中級よりは難しめ。途中でひっくり返る低速ゴケ。この時に?

---------------------------------------------------------

#4 L.V.→Vert.→Vertigo→Bubba→Thundergoat

 Bubbaは間違えて上級コースに入ってしまった。

 ドライ路面ならもうちょっと乗れたかもしれないが、まあけっこう難易度高い。。

---------------------------------------------------------

#5 Hammy's Track

 6回券だけど、それなりに疲れてきたのでムリせず最後は初級コースでお終い。

 ウエカワくんのラダー攻略が見物です。。

 最後に、良くあるMTBライド動画のように、3人でハイタッチした(クチキくんとのは後ろ向きなので写っていない)。

 旅の〆として、これはやっておきたかった!

---------------------------------------------------------

 で、降りてきて、ゴンドラ乗り口にある洗車機で最初にバイクを洗って、二人を待つ間に携帯を見ようとしたら、あれ、、無い。。

 今日もデジカメを落としたりしたので気をつけているつもりだったんだが。。

 チャックの閉まるスペースに入れたつもりが、違うところに入れてしまった?んだろうな、、落としたんだから。。

 帰ってAndroidの位置情報サービスの履歴を頼りに、それっぽいところに寄ってみるもさすがにこれは見つからず。

 ゴンドラのインフォメで紛失届を出しておいたけど、まあ見つかってもなぁ。

 まあ無いなら仕方無いで、とりあえずauの(いつもの)破損紛失交換サービスでネット申請しておく。

 ポイント1500円使ったら、simの再発行含めて2600円で、家に着いたら交換機が届いているパターン。。スペック低い機種で、買い替え時な気もしたけど、もうしばらくこれで行くか。

---------------------------------------------------------

 その帰りにワインとビール買い込み、宿近くの「Pedro's House Of Lamb」でラム肉ロースト買って戻り。

 前を通る時に、ここなんだろう?と話をしていたら、宿に置いてあったインフォメ雑誌に広告が載っていたので。

Img_0857

 ホロホロで美味かった。

47174328_1137996329687399_381004951

 最後の乾盃。

---------------------------------------------------------

 少し酔った良い気分でバイクの梱包。終わって最後の飲み&晩ご飯。

Img_0858

 ビール。

Img_0859

 ワイン。

 〆にラーメン食べて、明日は早いので、23時前くらいには寝た。

 これで終わりか、、名残惜しい。。

| | コメント (0)

2018年11月30日 (金)

ニュージーランドMTBツアー day3(TSS 108)

 今日は7時辺りに起床。

 クイーンズタウンへの移動日なので、8時くらいにチェックアウトして少し早めに活動開始。

Img_0706

 最初はクチキくん(私もか)希望で、Deans Bankの2回目に。車で行けばすぐ近くだった。

Img_0709

 お土産松ぼっくりを拾う以外は止まらず走る。XCレーサー的には、ここは本当に良いトレイル。近所に欲しいなぁ。。

Deans Bank
MTB  11km  51分(実走43分) 394kJ TSS 40 獲得標高 131m

---------------------------------------------------------

 ワナカの中心に戻る。

Img_0713

 ビッグホーン走っているねぇ。

 ちょっとお土産見る。

Img_0716

 小物屋さん。

Img_0720

Img_0721

 朝ご飯買って移動。

---------------------------------------------------------

 同じ道を戻ることになるので、Rude Rockもリピート。

Img_0737

 車で上まで上がって二人で走って一人は車を下に。

 国際免許を手配しなかった私は自動的に2本。申し訳ない。

 山の方は雨が降ったのか、路面はウェット。それでも2.6インチタイヤだと安心して下れる。

 クチキくんと1本目を下るときに、分岐を左に折れずに真っ直ぐ行ってみる。

 こっちだと車を置いている下のところまで降りられるのでは?ってことで。

 Rude Rockの出口かな?、動画の雰囲気だと違うようだけど、ここまで降りられるルートはあるようなので。

 降り始めると、最初はなだらかだったのが、かなりの激下り→大岩ドロップオフに。ドロドロだしこれは乗れん。。

 しかもどうも山一個違う方に降りている感じ。。クチキくんの携帯でルート確認すると(Trail forks便利)、ここは下ったら押して戻るしか無いようだ。。 谷の沢を渡って、反対側の斜面を登る。

Img_0732

 タイヤの跡はあるので、やっている人はいるのか。同じく間違えた?だけなのかもしれないが。。

 15分かそこら押し上げてダブトラに出たら、そこが峠で、その先にトレイルの入り口があった。。

 実は一昨日偵察に登ってすぐに戻った、その先だった。要するに、Rude Rockを出てちょっと舗装路下ってダブトラ登るのか。

 これがZoot Track。なかなか面白い下りでした。

 2本目はウエカワくんと。都合4本も走ることができた。思い出に残るなぁ。

1本目
MTB  6km  56分(実走30分) 106kJ TSS 15 獲得標高 225m

2本目
MTB  6km  30分(実走24分) 109kJ TSS 17 獲得標高 89m

Cats_2

備忘録~。

---------------------------------------------------------

 クイーンズタウンに行って宿にチェックイン。中心地まで歩いて10分ちょっと、スーパーも近い好立地。

 設備も良いし、さすが現地のガイド?が選んだクオリティ。

Img_0754tile_2

 トレイルの前に歩いて中心街に行ってお土産物色。クッキータイム買い込む。日本でも普通に買えるとは。。

Img_0747

 ちょうど買い物時間は雨模様になった。

---------------------------------------------------------

 ちょっと休んでから、17時半過ぎに三カ所目のトレイルへ。郊外のSeven Miles Point Track。

 ここも斜面になっている林の中に何本ものトレイルが作られたバイクコース。

Img_0768

 登りは自走になるので、都度What's up?ってアプローチを登ることになる。

Img_0770

 Gravitoran、Kachoong-Grin&HollerⅡの辺りを下って遊ぶ。コンパクトな中に面白いコースがたくさん。こういうの、日本にも欲しいなぁ。

Img_0775

 18時半スタートと、我々的には、けっこう遅い時間に走りに来たって感覚なんだけど、途中からちょこちょこ、走っている現地の人たちに出くわすようになり、また駐車スペースに戻ったらけっこうな車が止まっていた。

 多分仕事が終わってから来ているんじゃないかと3人で推測。母娘?職場の老若同僚?みたいな人たちだった。

 ここもウェット路面だったので、バイクはもうドロドロ。申し訳ないけど、透き通った湖の水をボトルで汲んで、簡単に洗車しておく。

 カモっぽい鳥の親子が寄ってきたので写真撮る。通りたかったのだけど我々が邪魔だったのかもしれない。

Img_0790

 帰路についたのが20時半前ww。遊び倒しているねぇ。

 動画。

7 mile
MTB  8km  1時間26分(実走1時間2分) 375kJ TSS 36 獲得標高 298m

---------------------------------------------------------

 帰りにスーパーに寄って、ビールとつまみ買って、今日も0時過ぎに就寝。

Img_0800

Img_0801

 ワイヤーロックを物干しにする荒技。

| | コメント (0)

2018年11月29日 (木)

ニュージーランドMTBツアー day2(TSS 177)

 8時近くまで寝ていた。。

Img_0535_5

 9時過ぎから。朝飯前に少し走ろうと、Gledhu Bay Trackへ。ワナカの中心を通って、ワナカ湖沿いのトレイル。

Img_0544

 中心街近くには多い散歩やランニングの人も、そこから離れてくると少なくなり、気持ちよく走れる。

Img_0548

Img_0554

 湖きれいだなぁ。

 のんびりポタリングかと思いきや、けっこうなアップダウンで、なかなか終点に着かない。。

 ウエカワくんも、「こんなに長かったっけかなぁ」、、

Img_0557

 羊も多いけど、ウサギがめちゃ多い。そしてかわいい。すぐ逃げるから写真撮れないんだよなぁ。

 そしてウサギは道路の轢死体としても非常に多い。。

Img_0573

 けっきょく10km以上のトレイルライドで終点。記念写真撮って車道で戻る。

午前の部
MTB  28km  2時間38分(実走1時間37分) 746kJ TSS 77  獲得標高 293m

Img_0578

 動画作ってみたよ。ただの切り貼りだけど。

 午後の部はちゃんと撮れていなかった。。

---------------------------------------------------------

 もう途中で飯食べて帰ろうということになり「Kai Whakapai」。11時過ぎくらい。

Img_0592

Img_0591

 $22なデラックスなパンでお腹いっぱい。

 宿に戻ってしばらくウダウダ。日が長いのでのんびり活動になる。

 14時半くらいに出発。次は網の目のようにトレイルが広がる、Sticky Forestへ。

 日が長いので、基本行動がのんびりになっている。。良い傾向だ。。

---------------------------------------------------------

 少しアプローチに迷いながら到着。入ってみると森が深くて先が分からないし、下りルートを逆送して登っているようで危ない。。

Img_0630

 ゴール地点のVenus Landingで地図を確認し、外周路っぽいので分かりやすそうな40番、Thread the Needleへ。狭いトレイルだからこんな名前なのか?

 37番をクネクネと登って、スタート地点だったり中継点であったりする地点へ(画面真ん中左側の名無しの黒丸)。

Img_0648

 コースマップの写真とTrailForksでルートの相談。

 ここから30番Sick Boyを下る。面白い~。バイクパークらしく、ジャンプ台がちらほら。

 これでThe HUB。

 次に行くDeans Bank Trackに向けて、49番を下って、Clutha川沿いを移動。

 途中のキャンプサイトで休憩し、クチキくん作のサンドイッチをいただく。今回(も?)私はお客さんに徹しています。。

Img_0653

Img_0651

 Clutha川も透き通っていて本当に美しい。

Img_0656

---------------------------------------------------------

 橋を渡り、Deans Bankの入り口。11kmで行って帰ってくるワンウェイのトレイル。

Img_0657

 入り口側は草原低木で、奥側が松林になる。適度なアップダウンと、名前の通り無数?のバンクからなる。

Img_0658

Img_0661

Img_0708

 このトレイルは最高だ(まあそれしか言っていないんだけど)。クロカンの練習として、コーナリングの練習として、ずっと走っていたい感じ。脚がパンパンなので1周で終わりですけど。。

 帰りは川沿いから湖沿いのトレイル、ダブトラを走って戻る。今日は1日ほとんどが舗装路以外だった。すごいねぇ。

Img_0678

Img_0675

 午後は3人tours.netジャージできめてみました。

Img_0668

午後の部
MTB  37km  3時間47分(実走2時間37分) 1095kJ TSS 100 獲得標高 471m

---------------------------------------------------------

 帰って来たのは19時近く。

 休憩すると出かけられなくなりそうなので、晩ご飯の地ビール屋「SPEIGHT'S ALE HOUSE WAKANA」へ。

Img_0682

 いつものように、小グラスで上から順番に。ふだんはそんなに飲んでいるところを見ないクチキくんも良いペースで飲んでいた。

Img_0683tile

 そういうつもりではなかったけど、食べ物は揚げ物系に寄っていた。。

Img_0690

Img_0689

 3人で$128なので10000円くらい。意外と安い?

Img_0694

 バイクを押して20分少々歩いて帰る。21時でこの明るさ。目いっぱい遊べるよねぇ。

 帰ってから、今日も動画など見ながらもう少し飲む。

 今日は落ちることもなく、0時過ぎにお休みなさい。

| | コメント (0)

2018年11月28日 (水)

ニュージーランドMTBツアー day1(TSS 57)

 なんかめちゃ良く寝ていた。プレエコのアメニティの耳栓が良かったのか。。

 シートピッチは新幹線よりちょっとある?くらいなので、そこそこ横になっている感があるせいか。。

 ここからはNZ時間。3時間+サマータイムで4時間進みます。

 周りの人はすでに朝食の前菜終わっていた。

Img_0420

 追っかけて食べる。乾燥した機内では、フレッシュなフルーツはメチャ美味い。

 昨日は最後だったからか、朝食のメインは最初に聞かれて洋食を選択。

Img_0421

 オムレツはチーズとバジル入りで、晩よりこっちの方が良かった。

 この、全く体を動かさないのに、ご飯はふつうに食べるのはねぇ。まあ食べるんですが。

--------------------

Img_0424

 9時過ぎにオークランド空港に着いて、入国審査後荷物引き取りに。

 priorityだったので、すでにバイク2台がターンテーブル脇に置いてあった。

Img_0427

 この時点で9時半。これならまだ1時間あるし何とかなるか、と思ったら自分のスーツケースが出てこない。

 私と同じで、色などが非常に地味なので、気付かずスルーしていたのだろう、か。あらかた荷物が無くなったところで見つけることができた。。この辺で9:50くらいだったか。。

 とにかくこれでかなりギリギリになってしまった。

 続いて懸案の荷物チェック(検疫)。先にクチキくん、続いて私は隣の係の人へ。

 あれ?クチキくん普通のX線検査の方に行ってない?(バイクはとてもクリーンですと言ったらスルーされたらしい。。)

 私はMTBあると言ったら、チェックに行けと言われた(まあこれが普通)。あの前の人の連れで乗換まであと30分しかないんです、と言っても取り合ってくれず。。

 仕方無く検査へ。中を開けてきっちり確認される。

 タイヤは超きれいにしておいたので問題なし。 シューズはベルクロとかもきっちり剥がして内側も見られた。

 ほんの小さな枯れ草がマジックテープにくっ付いていたけどセーフ。

 何とか5分少々?で通過できた。

Img_0428

 丁寧に検査済みマーク入りのテープを貼ってくれた。こちらは急いでいるので、そこまで丁寧に時間をかけてくれる必要性はなかったのだが。。

 国内線ターミナルまでは歩きで10分ほど。早歩きで出発の5分前?に荷物を預けようとしたら(たぶん時間的に)アウトだった。

 その場(スターアライアンスゴールドのレーン?)で手続きしてもらい、次便に振り替えてもらった。

 2人空きがあって、無料で良かった。。

--------------------

 これで1時間半の時間ができたので、チェックイン後NZ航空の国内線ラウンジへ。

Img_0438

 フードも充実しているけど、腹も減っていないのでコーヒーだけ。

Img_0433

 ワインの充実ぶりがすごいけどガマン。

Img_0431

 12:20の便でクイーンズタウンへ。

 国内線はA320ceoがメインの模様。座席も日本仕様に近い感じ。

--------------------

 予定通り14時過ぎには到着。

 天気も良く、途中の景色がきれいすぎてテンションが上がる。窓側席だったら写真撮りまくりだっただろう。

 ゲートを出て、先入りしていたウエカワくんと合流。

Img_0445

 レンタカーまで案内してくれる流れが、現地のガイドさんのようだ。。

 ハイエースなのでなんだかいつもの遠征と変わらない感じだけど、特大サイズ。荷物の積み込みにはかなり余裕ありそう。

 クチキくんとは、初日で移動疲れもあるし、軽めのトレイルライドとか話していたけど、ワナカへの移動の途中でもあるし、天気良いので、さっそくRude Rockに行くことに。

--------------------

 しかし一大観光地。通り過ぎる景色全てを写真に収めたくなる。。

Img_0453_5

 20分ほど走ってコロネットピークへのアプローチを登り、この辺がゴールかね?という辺りに駐車してバイクの組み立て。

Img_0460_3

 ニュージーランドは紫外線が強いらしく、車の影などに入って作業。

 落ちやすいBBのシールゴムが落ちたのを探したり。バイクに問題は無さそう。

 ということで400mくらいのヒルクライム開始。この時点で16時半くらい。

--------------------

Img_0462

Img_0463

Img_0469

 景色が素晴らしい。ずっとこれしか語彙がない。

 舗装の車道を離れてダブトラの登りへ。動画で見たやつだ。

 入り口到着。お初な二人はテンション上がりまくり。

Img_0472

Img_0474

 遠目に見えるナニみたいな岩がrude rockなんだそうです。

 途中写真撮りながら一本。ただ下るだけなら決して難しくはないが、カッコ良く走れるかは?

Img_0476

47010867_1417899928340335_440132751

47169758_1135848316568867_380108665

 次は車で上まで上がって、経験者のウエカワくんに下で待ってもらい、クチキくんと二人で。

 その動画。実は一本目の時にデジカメ落としていて回収している。

 天気も良くてサイコー、大満足。

1本目 
MTB  10km  1時間18分(実走0時間59分) 450kJ TSS 46  獲得標高 497m

2本目
MTB  5km  22分(実走19分) 51kJ TSS 11  獲得標高 43m

 このために用意した27.5+のグリップと段差の振動吸収もバッチリ。

 逆にだからこそもっと速く走りたいと思ってしまうな。。

--------------------

Img_0478

 バイク積み込み。特大ハイエースなので、自転車箱がスペーサー代わり。

--------------------

 今日はこれで終わりで、というかもう18時半なので、宿のあるワナカへと移動。

 ぐるっと回る6号線ではなく、山越えのクラウンレンジロードを選択。

Img_0486

Img_0492

 すごいつづら折れで標高を稼ぐ。

 ワナカへは19時半過ぎに到着。宿のマヌカクレセントモーテルにチェックインしてからスーパーで買い出し。ブッキングは全てウエカワくんにお任せ。ありがたいです。。

Img_0528tile_2

 こぎれいで広さも申し分なかった。

 ライド動画見ながら、ウエカワシェフのご飯とビール、ワイン。そして意識を失ういつもの流れでした。

Img_0527tile

| | コメント (0)

2018年11月27日 (火)

ニュージーランドMTBツアー day0

 11時半に家出。

今日は稲城駅から12時発のリムジンバスに乗りNRT第一ターミナルへ。

 ここで、キャンセルでも出たのか、OneUpアップグレードできましたメールが来た。

 これは嬉しい。結果的にプラス4万円弱かかるけど、やっぱり上位クラスの席は一度は乗っておきたかったしねぇ。

 14時にはNRTに着いて、4460円で送っておいたバイクを引き取り、カウンターが開くのを待つ。

 クチキくんがそろそろ着く頃かねぇ、と思っていたら、自分が座っているベンチがエレベーターの前で、そこから颯爽と現れた。。簡単に合流達成。

--------------------

 15時半になりカウンターへ。

Img_0386

 大行列だったけど、大荷物を見た係の人に声かけられ、私が優先搭乗できることから、二人とも優先レーンに通してくれた。

 バイクはこの先の大荷物カウンターで別にチェックされるらしい。ここはサクッと通過。

 クチキくんが、乗り換えの時間が荷物の性質上キツいことを主張してくれたが、ここ(日本では)、現地で頑張ってくれ、しかないようだ。

 てなわけで、係の人に運んでもらい出国用チェックへ。最初に、「サスペンションはあるか?メーカーは?」と予想通りの展開。

 箱を開けて、FOXのフォークが付いていること「だけ」を確認して終わった。。

 とりあえずFOXかROCKSHOXのサスが付いていれば良いっていう、この形式的さ加減、なんだかなぁ。

--------------------

 荷物預けて、やっぱり現金持っている方が安心だよねということで、2万円を230NZドルにしておく。

 NZ$は78円くらい。だいたい以後8掛けくらいです。

 この辺の流れはクチキくんの言うがまま。海外旅行はホント勘が利かなくなった。

 手荷物検査から、出国は顔認証でセルフチェックイン。すごいねぇ。

Img_0390

 あとはANAラウンジで時間つぶす。ほどほどということでビールは2杯。ご飯も気になるけど、サンドイッチ、おむすび、焼きうどんをちょろっとだけ。

 早めにゲート42に行ったら、機材到着遅れで搭乗も20分遅れ。。

 明日の入国審査が大ピンチになってきたな。。

--------------------

 私は優先搭乗でプレエコ席へ。

Img_0392

 といいっても、けっこうな人が着席しているし、後ろからも人が来るので、落ち着いて写真は撮れず。残念。

Img_0394

 プレエコのアメニティ。なかなか充実している。

 続いてご飯&ワイン。

 NZならビールよりワイン飲むべきだろということで、あるのはコンプリート。

 (プレエコなら)頼めばビジネスクラスのワインいけるんじゃないか、と思いつつそこまではやらず。

Img_0407tile

 座席モニターにリストが掲載されている。

 前菜&デザート。なぜ最初のと最後(デザート)のが一緒に出てくるのかという感じ。。

Img_0408

 プレエコ最後尾席になったので、サーブが最後。何となく予想していたが、メインは和食(ブリ照り)しか選べなかった。まあ仕方ないよね。

Img_0414

 プレエコ担当に日本人CAさんはおらず。まあご飯程度の英語は何とかなりました。

 ところで、シートリクライニングのボタンが超堅い。。隣の日本人おばちゃんが苦労していたのでお手伝い(自分ではできず、CA呼んでやってもらった)。

 飯も終わって真っ暗になった後も、ビールもらったりして過ごす。日本22時(3時間後)ではまだフィリピンの緯度だった。

Img_0418

 お休みなさい。

| | コメント (0)

2018年11月26日 (月)

NZ MTBツアー day-1

 明日から休み。重ね重ね、各方面にムリを強いてしまいすみません。。

 帰っていろいろ支度。

 明日は11時半くらいに家出すれば良いので、最後の足掻き?は明日でも良い。

----------------------------------------------------------

今日のあれこれ。

 ずっと、自分が持っても仕方無い(遅いので面白い動画にならない)と思って、手を出さなかったけど、さすがに今回は記録を残したい。

 そこであまり調査もせずに、なんとなくこれ、で「EKEN H9R」を購入。まあ6000円ですし。

 ただ、撮るならチェストストラップが良いんじゃないかな、ってことでストラップは別購入。

Img_0375

 一脚(自撮り棒)使って高い位置から撮るとか、satosinSF動画にも使えるかもしれないってことで。

Img_0379

 とりあえず使い方はさっぱり分からないので、現地対応で。。

 こんな動画撮れたら良いね(こんなクオリティはハード的にも自分のスキル的にも無いけど)。

 完全な、遠足の前日状態です。

| | コメント (0)

2018年11月24日 (土)

NZ MTBツアー day-3

 8月後半くらいから、tours.netの中で、というか、ウエカワ、クチキ両氏がニュージーランドMTBツアーを提案してきた。

 当初は、「今年は仕事も佳境だし、今の(ビビリの)自分が海外MTBってのもなぁ」という気持ちが強かった。

 しかし、最近やる気になっているヒロタさんと話をするにつけ、自分も53歳、もう自転車に乗れる回数ってのも無限ではなく、確実に有限数になっていっている。

 やれることはやっておかないとダメなんじゃないだろうか、と考えを改めて参加を決めた。

 まあそうなるとチケットの手配やら、切れたパスポートを取り直したりとか。

 海外旅行は2000年のコスタリカ以来、海外に行くのは2005年のUSA出張以来。

 もうすっかり日本大好きおじさんになっていたんだけどねぇ。

 チャンスを与えてくれた二人に感謝です。

 バイクには、このために27.5+ホイールを準備。

 今となっては楽しみしかない。休んでしまい申し訳ありません。。

----------------------------------------------------------

あれこれ1。

 ニュージーランドNZに行くんだからニュージーランド航空。

 もともとこの企画も、89000円~っていうバーゲンチケット価格がきっかけだったりする。

 私自身は(決断が遅いのと曜日関係で)11万円くらい。

 ただバーゲンチケットなので、スターアライアンスのNZ航空だけど、ANAのマイルは加算されないことに後日気付いた。。

 海外不慣れなので、そこまで頭が回らなかった。数万円?を惜しんでマイルゼロは痛い。。

----------------------------------------------------------

あれこれ2。

 NZ航空にはOne Upアップグレードという仕組みがある。

 アップグレードにこれくらいなら出しても良い!という金額を入札しておくと、搭乗72時間前の空席状況に応じて回答が来るという、ギャンブルのような制度。

 あまり金を出す気もないので、エコノミー→プレミアムエコノミーに対して、ギリギリダメそうな金額を入札していたら、、

 今日の18時半が期限だったのだけど、「ダメでした」という回答。。

 なんか外れると、すごい残念な気持ちになるな。

12

 NZ航空のプレエコは、座席以外のサービスはビジネス同等っぽいので、実はけっこう座りたかった。。外れると、もうちょっと高い金額を入れておけば良かったと後悔。。

 ワインもエコノミーよりラインナップは良さげだとか。

 いちおう当日のキャンセルなどによるチャンスはまだあるらしい。

 ダメだったら、帰りの便で頑張ってみようかなぁ。5万円入れればけっこうチャンスはあるっぽい。

 ただ元々は、行きの飛行機でNZワインの勉強して、帰りに買って帰るやつの参考にしたいってのが目的だったんだけどねぇ。

----------------------------------------------------------

あれこれ3。

 飛行機輪行に際し、マイカーで荷物を運ぶというのがいまいちキライだったりする。

 駐車場、特に、安い外部駐車場を借りて荷物を運んだりってのが煩わしい。

 また、帰りの便で気兼ねなく飲めないとか。。

 今回は☆自転車箱、☆でかいスーツケース、はマストなので、リムジンバスで乗せてもらえる気がしない。。

 実はリムジンバスは、自転車は50*60*120サイズを許容する、ってスタンスなので、国内移動のいつもの輪行状態も本当はダメなんだけど許してもらえている。

 しかし今回はさすがにデカすぎる。

Img_0373

 これですから。。

 というわけで、自転車箱はJAL ABCで成田空港まで運んでもらうことに。

 取っておいたというか、輪行用にもらっておいたSuperfly SL箱が縦横高さ2200mmで、料金的にベストサイズだった。

 これで成田まで4460円。高速使って外部駐車場使うこと考えればトントンくらいと思える。

 電話予約するときに、実は自転車運送に関しては価値30万円までと言われたんだけど、「ああまあそんなもんですゴニョゴニョ」ということで。

 そんな感じで、準備もそれなりです。

| | コメント (0)

2018年11月 3日 (土)

大弛峠ヒルクライム(TSS 177)

 ヒロタさんの、「死ぬまでにやっておきたい」シリーズの第?弾。

 基本は大弛峠のHC(ヒルクライム)なんだけど、山小屋泊まりで翌日に山サイを組み合わせる。

 日程は11/3-4で決めていたが、その両日が好天予報が決行の条件だった。

 予報バッチリなので実施決定。ただ日曜の天気予報が、金曜晩にやや悪目になりつつあるのが気がかりだけど、千葉の方で少し雨、なので大丈夫だろう。。

---------------------------------------------------------

 電車で来るヒロタさんの都合に合わせて、塩山9時スタート予定だけど、今日なんて中央道が最高に混む日の一つだろうと、5時半過ぎ家出。

 それでもところどころ渋滞始まりくらい。

 その辺乗り切って、相模湖東ICで降りて、時間調整で後はひたすら下道移動。

 それでも8時前には塩山に着いた。とりあえずセブンに行って買いだし。

Dsc_0446

 駐車場は、ヒロタさん探してくれたここ。なんと24時間300円。

 しかもここ、24時間過ぎた後の24時間も300円という超太っ腹。設定間違えているとしか思えない(11/15?から料金設定変わると張り紙あったし。)。

 9時前に塩山駅に行き、ヒロタさんと合流。

Img_0005

 登山口に行くバス待ちで、ロータリーは人だらけでした。

 今回のリーダーでもある(もはや冒険家の)ササオカくんは渋滞に捕まったらしく、ちと遅れるとのこと。

 このHCにもSSのスタッシュで来るであろう(変態さんである)から、ほどなく追いついてくるでしょう、で先行することにした。

---------------------------------------------------------

CTL 40  TSB +20 いい加減サボったのでヘタレフィットネスに。

Relive '朝のライド'

       

MTB  37km  5時間55分(実走4時間6分) 2058kJ TSS 177  獲得標高 2185m

 長いこと自転車やっているけど、一日ヒルクライムやったら行程お終い、ってのは初めてかもしれない。

 スタートしてr38へ。最初のセブンでヒロタさんの買い出しストップ。

Img_0026

 メジャーな登りには、もはやもれなくHCレースがあるのかね。

 ササオカくんはもうちょっとかかりそうなので、そのまま登りへ。

 一瞬R140走るけど、すぐにr206からr219クリスタルラインへ。

 ここは最初が日除けの無い直登のきつい登り。幸いにして暖かいというか暑くて日差しがしんどい。

 今回は2000m超滞在を考えて、そこそこ暖かめ装備で来ているので暑い。

 二人ともできうる薄着で登っていく。

Img_0033

 まあ脱ぐか袖まくるか、なんですが。

 知ったようなことを書いているけど、私の大弛峠は20年以上ぶり。その時は反対側の川上村側から登って、ここを降りてきた。

 その時に今日の逆走の下りでパンクして、時間的都合から、

Img_0030

 確かこの辺からバス輪行したんじゃなかったっけかなぁ。時間が押して、もう大概暗かった記憶。

---------------------------------------------------------

 今週練習もしていなかったので、この辺から負荷をかけようと思い始める。

 とりあえず、ガーッと行って、ある程度したらヒロタさんのところに戻るって感じでやっていたけど、最終的に10分登ったら下ってヒロタさんのところまで、って感じで。

 実際はヒロタさんも速いので、30秒も下らない。

 そこまで頑張ってもいないので、70分NP 192W程度。

Img_0038

 徐々に植林地帯を抜けて、紅葉が良い感じになってきた。

---------------------------------------------------------

 乙女湖まで登ってきて、ちょうど12時過ぎなので、休憩&昼ご飯。

 ここまで20kmくらいで1200mの標高差を登ってきた。

Img_0049

 小学校(の分校の跡地?)で。予定通り、ここでササオカくん追いついた。ここからは3人で。

Img_0054

 ササオカくん、何だか荷物も多いぞ。。

 秋の大弛峠といえば、カラマツの黄葉。

Img_0066

 うーん、素晴らしい。これを見られただけで幸せな気分。

 とはいえ、午前中調子に乗って走っていたら、後半はヘロヘロに。

 標高が2000mを越えると、酸素も薄いせいか、がっくしペースが落ちてしまった。

 なんとかひーこら14:40くらいに、標高2360mの大弛峠到着。

 とりあえず記念写真。

Img_0088

 私、そうとうデブいぞ。来週からは摂生しよう。。

 ちなみにGARMINの気温表示は2℃。。

---------------------------------------------------------

 まずは山小屋へ。

Img_0091

 本日はここに泊まり。一泊二食翌日弁当付き8300円。後述の通り、とても良い施設だった。

Img_0093

 この時期でもHCするロードが15人?くらいいたし、そういう人目当てで、山小屋もサイクルスタンド常備だった。

 小屋にチェックイン後、晩飯までハイキング。

 すっかりガスっているし、時間も予定より遅いことから、「夢の庭園」までハイキング。

 リンクのような絶景が見られれば良いのだけど、ガスで展望はNG。

Img_0095

 のんびり木道を登る。

Img_0097

 何も見えない(リンク押せば見える。。)。

 小屋に戻る。寒くてもビール飲むよ。

Img_0101

 後ろのジェットボイルで沸かしているお湯で、コーヒーも飲んだけど。

---------------------------------------------------------

Img_0107

 大弛の小屋の定員は30人、ということらしい。

 布団はマジ布団で、一人あたりの陣地は幅1m以上ある。

 食事も良く、もはや民宿と言っても良いレベル。風呂が無いことを除けば、超快適だった。まあ山小屋に風呂を期待するのがそもそも無いけど。

 ご飯は

Img_0112

 おでん(真澄は麓のセブンで買って持ってきた)と

Img_0114

 すき焼き(ピンぼけ)と、満足で言うこと無し。

 小屋の主人曰く、通年でこれ(すき焼き)らしい。特に今の時期はありがたいなぁ。

Img_0116

 持ってきた衣類は全部着る!くらいの寒さではありました。

 あと、小屋の主人から、明日の天気は悪そうだと話しを聞く。やはりそうなるのか。。

Img_0109

 20時に消灯でお休みなさい。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧