« ツールドSAMATA(TSS 311) | トップページ | Zwift/のんびりADZ(TSS 56) »

2020年8月16日 (日)

Emonda SLR7 納車/ちょびっと初乗り(TSS 10)

 さて、連休最終日にはもう一つ大きなイベントが。

 (密かにだが全然密かでは無く)発注していた、Emonda SLR7の受け取りでOTR柏へ。

 このブログを見てくれている人には分かるだろうけど、私は大のMadone党です。。

  次のバイクは、MadoneのSLR(ディスクブレーキモデル)のつもりだったんだけど、今回発表されたEmondaがエライカッコ良い。

 自分が乗ってきたバイク遍歴から言うと、Emondaは決してベストでは無いのかもしれないが、これも経験。

 ちょうど減量しているタイミングでもあり、軽量クライムバイクに乗ってみたいという気持ちが勝った。

 値段的には、結果的に大台に乗っているので、乗ってみたいで済む話では無いんだが。。

---------------------------------------------------------

Img_4747

 とにかくカッコ良い。それに尽きる。横から見ると、赤のフレームに、シルバーヘアライン的なロゴ。

Img_4751

 一方で、上から見ると黒っぽい。なかなか良いデザイン。

 フレーム色は、「Rage Red/Trek Black」というそうです。

Img_4745

 サイズは、Madone9やBOONE9の実績から50で。

 身長167cmなので52でもいけるんだろうけど、ぜんめい曰く50の方が良いということで。

Img_4744

 ボトルケージはボントレガーPro (以前のRXL)の白を選択。微妙に高い。。

Img_4738

 エアロハンドル。ハンドル下部後部の窪みに沿わせて、出っ張りを無くして空気抵抗を下げる思想だが、とりあえずは出っ張る感じで。

 ポジションの最適化、輪行などのハンドルを外す使い方を含めた使い勝手で、最終的な構成を考えるつもり。

---------------------------------------------------------

 ここからは、完車のSLR7からの変更点。

 SLR7の完車は、フレームサイズ毎にパーツが固定であるが故に、かなり戦略的な(あくまで相対的に安い)価格設定が行われている。

 ただ、そのままでは納得できない部分も多く。。

 ここから先はOTRぜんめい店長と相談しながら変更。そのため追加金額/工賃が発生。

Img_4741

 まずは何はともあれホイール。

 セカンドグレードなので、ホイールもセカンドグレード(Bontrager Aeolus Pro 37 TLR Disc Road Wheel)になっている。

 とにかく最軽なものしか興味が無いので、まずここはトップグレードのBontrager Aeolus RSL 37 TLR Disc Road Wheelに変更。

 RSLは最近Trek (BONTRAGER)がパーツ名称に使う、Race Shop Limitedの略。

 初のディスクブレーキ専用ホイールの感想はもう少し乗り込んでから。。

 タイヤはようやくロードもチューブレス化。IRCのFormula Pro 25Cにしてみた。

Img_4742

 ハンドル。実はサイズ50だとハンドル幅が芯-芯で380mmになってしまう。

 さすがにもう、エアロに振ったからといって、幅狭なハンドルは使えない。

 ここはムリを言って、400mm幅でステム長さ90mmのものに変更してもらった。

 わがままに対応してくれて感謝しか無い。

 ちなみにバーテープも、地厚なSupertack から、薄手のGrippytackに変更。

Img_4739

 コンポはアルテグラR8000/8050Di2が基本になっている。ロードだと予算的にデュラエースは難しいですね。。

 ディスクのローターは前後アルテグラの160mmから140mmに変更して涙ぐましく軽量化。

Img_4740

 バイクは買い増しでは無く乗り換えなので、パワーメーターは今のを流用。

 ということで、クランクはデュラエースFC-9000 with Pioneer SGY-PM910H2 52-36T

Img_4746

 サドルもBONTRAGER XXX OCLV carbon サドルを移植。総重量軽減に貢献大。

Img_4743_20200817054301

 スプロケの重量もなかなかバカにならないので、標準のアルテグラ11-30T(269g)をデュラエース12-28T(205g)に。

Img_4749

 スルーアクスルはレバーが取れる構造で、4mm六角形状のレバーを差し込む感じになる。

 アーレンキーがあれば着脱はできるので普段は付けないとか、レバーを買い増して前後に差し込むとか、人それぞれらしい。

 私の場合は前だけ外すことが多いから、前にレバーを付けておいて使う感じかなぁ。

Img_4748

 Di2のジャンクションはハンドルのエンドキャップと一体化。

----------------------------------------------------------

 ということで、いつものまとめ

2020 TREK Emonda SLR7 Rage Red/Trek Black サイズ50
ハンドル Bontrager Aeolus RSL Integrated bar/stem 40cm width, 90mm stem length
クランク シマノ デュラエースFC-9000 with Pioneer SGY-PM910H2 52-36T
コンポ  シマノ アルテグラR8050Di2/R8000 11速 12-28T
ホイール Bontrager Aeolus RSL 37 TLR Disc Road Wheel
タイヤ  前後 IRC Formula Pro 25C

7.0kgでした。6.8kg切れると思っていたんだが。。

----------------------------------------------------------

 夕立降る前に30分弱、TSS 10ほど乗ってみた。

 スタートからの加速は速い。Madone9はちょっと加速がもっさりしているから、この辺の反応性の良さはさすがな感じ。

 シャカシャカ回すと、良い感じでスピードに乗るなぁ。

 V坂に行って登ってみる、、けど脚が終わっている状態なので良く分からん。。軽い感じはするけど、そういうものだと思って乗っているフシはあるからアテにならん。

 まあ、今週末に乗ってみてナンボですね。

 その、一日乗り倒した結果はこちら

|

« ツールドSAMATA(TSS 311) | トップページ | Zwift/のんびりADZ(TSS 56) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ツールドSAMATA(TSS 311) | トップページ | Zwift/のんびりADZ(TSS 56) »