« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月

2019年11月30日 (土)

ANAインターコンチネンタル別府 リゾート&スパ 食事分

 レストラン「エレメンツ」でのブッフェ食事(メインの暖かいものはその場でオーダー)を選んだ。

 まあ良い値段するので、元は取れないにしても、いっぱい食べないと。。

Img_20191130_3820

Img_20191130_234

 ワインがいっぱい並んでいるけど、グラスでちょぼちょぼくらいしか手が出ん。。

Img_20191130_2871

 こっちは鉄板焼系?の「アトリエ」。

--------------------

Img_20191130_53103

 メインは3人とも肉で、内容はバラバラになった。

Img_20191130_2571

 オーダーメニュー。

Img_20191130_52347

 1080円のスーパードライのグラス。。

Img_20191130_50475

 日本酒は大分の「九六位」を。

Img_20191130_51554

 ブッフェ台、種類はそこまで多くは無い感じ。

Img_20191130_5270

 一周目。きれいに盛りつけられないのは仕様なのですみません。

Img_20191130_51292

二周目。もうけっこうお腹が良い感じだったり。。

Img_20191130_51790

 別メニューのカリフラワースープ。

Img_20191130_50733

 メインその1のローストビーフ(丼)。

Img_20191130_5136

 メインその2のアンガスビーフのサーロイン。

Img_20191130_50175

 デザート。全種類はとても無理。。

Img_20191130_49857

 コーヒーは基本ネスプレッソの模様。

Img_20191201_48481

 寒いので行かなかったけど、テラス席が良い感じ。飯だけで来るのはもったいないかねぇ。

--------------------

 朝ご飯。品ぞろえはそこそこ。

 和洋両方制覇とかはムリなレベル。

Img_20191130_11233

Img_20191130_55593

 ヨーグルトやチーズは冷蔵ケースに入っている。

Img_20191130_33767

 一皿プラスパンや納豆など。

Img_20191130_089

 メニュー。オムレツ全部入りを頼んだ。

Img_20191130_54391_20191130112201

 具材はちょっとずつなので、ふつうだった。。

Img_20191130_54998

 ソース類がいちいち小瓶で出てくるのはさすがというか。

Img_20191130_53713

 ご飯食べたかったので、中華粥も。

Img_20191130_52986

 デザートとフルーツ。こっちも全部食べるのはムリだった。

Img_20191130_52607

 ハチミツがセルフ?

--------------------

Img_20191201_24733

 ホテルがANA系列なので、スーパーフライヤーズカードだと当人分は朝食がサービスになる。

 また、株主だと割引チケット冊子が優待でもらえるので、10%割引にはなる。

 それでも良い値段する。。リゾートの雰囲気分なんだろうけどねぇ。

 追加料金払ったものもあるけど、料金以内分はめいっぱい食べようと頑張ったのでしんどかった。。

| | コメント (0)

2019年11月29日 (金)

ANAインターコンチネンタル別府 リゾート&スパ 宿泊記

Img_20191201_6176  

 今年(2019年)の8月にオープンした、別府温泉では初めての外資系リゾートホテル

 別府市街を見下ろす、明礬温泉のさらに上の高台に建っている。

 実家からだと上の方に見える。見下ろされ続けるのも何なので、一度は泊まっておこうと。。土曜泊は高くてしんどいので、金曜休みを取って。

 なお、実家練的には、くるみ坂の頂上にある。これができちゃったから、坂をバイクで登ることはもうできないかねぇ。。それは残念。

 実家を14時半前に出発し、ちと買い物してから向かう。直行なら車で15分もかからない。

--------------------

Img_20191130_56592

 明礬温泉の岡本屋(の売店)を過ぎて、大分(東九州)道くぐったら、右折すると敷地内へ。

Img_20191130_4403

 エントランス。最初に出迎えてくれたのが黒人のスタッフさん。さすがというか、外国人のスタッフも多い。

Img_20191130_53877

 これまでも朝練中に、興味から車寄せの手前まではバイクでやってきたこともあるけど、ここから先は初めてだ。

Img_20191130_4104

 入ってすぐのロビー。カウンターなどは無くて、その先のソファに座ってチェックインするシステムだった。

Img_20191130_38244

 案内図。母屋から左右(東西)に宿泊棟が伸びる構造。

 この図における左側(東ウィング)は海側、右側(西ウィング)は山側となる。

 展望としては東ウィングの方が良好なので、高い部屋はほぼ東側にある。

 我々は西側。。だけど最上階の4階なので、まあまあ良い方です。

Img_20191130_47338

Img_3888

 ソファに座って、お茶飲みながらこの景色を見ながらチェックインするのは良いね。

Img_20191130_3490

 いろいろなブログを見てみると、必ず出てくるこの角度の写真。

 3階分ぶち抜きのロビーだけど、実はこれは前にあったIT企業であるオーリッドの研究所?の建物をそのまま使っているってのは、別府に住んでいる人には、それなりに知られていることだったり。

 これに東西ウィングの宿泊棟を合体させているからなのか、繋ぎ部分の廊下が微妙に細くなっていたりする。

--------------------

 チェックインしいちど部屋に入ってから、共用スペースを探検。。

Img_20191201_16145

 茶店スペースの「ザ・ラウンジ」。どうやらアフタヌーンティー前提で、ケーキを単品で売ってもらうとかはダメだったようです。。

Img_20191130_5275

 「リゾートセンター」という案内所。

Img_20191130_41422

 「インフィニティプール」とジャクジー。晩秋だと飾りでした。

Img_20191130_550

 プールサイドから扇山をみる。到着後はここでイベントやっていて近づけなかった。

Img_3963

 夕暮れの景色。

Img_20191130_49497

 夜、4Fのレストランからプールと別府の夜景を眺める。

Img_20191130_55706

 夜明け後にプールサイドから。

Img_20191130_5504

 ジム。いちどプールサイド(屋外)に出てからでないと入れないのが分かりにくい。

 そのせいか、自分が運動している間、他のグループと一緒になることはなかった。

 インストラクター?の方にも、「空いてますからいつでも来てください」と言われた。。

 エアロバイク×1、ステアクライマー?×1、トレッドミル×3、なんかでかい筋トレマシン×2、あとはウェイト機器やバランスボールなど。。

 二日間そこそこ通いました。。

Img_20191130_56332

 1Fにある「ラウンジaqua」。風呂やジム、プールと同レベルにあるので、それらのお休み処な位置づけなのかな?

Img_20191130_48168

Img_20191130_48446

 めっちゃ存在感のあるオーディオ。もう知らない世界ですが、マッキントッシュ75という真空管アンプと、JBLのパラゴンっていうスピーカーののシステムらしいです。

 鳴っているところは見られませんでしたが。

--------------------

 宿泊した部屋の内容。西ウィング4Fの中央くらいにある420号室のプレミアムツイン(に3人泊)。

 下から二番目(その上には4種?)の部屋だが、景色の良い側にしようとしたら最低ここから。

 いちばん下のデラックスツインだと、たぶん駐車場ビューになる。。

Img_20191130_41999

 廊下。絨毯ふさふさ。カーペットは温泉地獄をイメージしているらしいが。。

 部屋に入るとすぐ右に洗面所とバスルーム、トイレ。

 奥にベッドルームとなる。

Img_20191130_42595

 ベッドの奥に洗面所が透けて見える(ブラインドを下ろして目隠しできる)。

 部屋が広く感じられる、センスのあるデザインだと思う。

Img_20191130_44201

 ソファ。

Img_20191130_45549

Img_3901

 部屋から扇山がきれいに見える。68m2あるので、サブベッドを入れても窮屈な感じはしない。

 テレビの操作はかなり難しかった。。

Img_20191130_4589

 バルコニーから海側を見る。西ウィングだと別府市街や海はけっこう遠い。

Img_20191130_47625

 洗面所とバスルーム。広い。。

Img_20191130_45856

 トイレ。操作部がお洒落で、一瞬ボタンが分からなかった。

Img_20191130_44494

 風呂はけっこう卵(コクーン?)型で、やや座りが悪い。。

Img_20191130_42298

 アメニティは有名どころなんでしょうね。バスソルトとかもあってそれっぽい。

Img_20191130_4787

 下調べの時に凄いと感じて、いちばん試したいと思った、バイオプログラミングのドライヤー

 これでセットすると髪がつやつやになるらしい。残念ながら自分の髪では分からなかった。。

Img_20191130_46767

 おしゃれ体重計。

Img_20191130_46461

Img_4003

 セーフティボックスと浴衣。ハンガーに重厚なバスローブがあるのがそれっぽい。

Img_20191130_43144

Img_20191130_43398

 ミニ?バー。有料分は気軽には手が出せない値段。。

 ネスプレッソとTWGの紅茶は無料。

Img_20191201_54287

 それが予想されたので、ボジョレーヌーボーを1本持ち込み。。

--------------------

 最後にお風呂。

Img_20191130_4094

 こっちにあるドライヤーはふつうの?だった。

Img_20191201_42714

 ロッカー。なんかスーパー銭湯みたいだが、これで良いのかね。

Img_20191130_57464

 操作が難しい鍵。開いている状態からCキー後に4桁数字、ロックボタンで閉まる。

 どうやって使うのかでコミュニケーションが発生していた。

 そういえば下駄箱も下側に手を入れて開ける形式で、いろいろ操作が難しいと思う。

Img_20191201_4883

 外国人向け?に水着OKっぽい?

 夜に男子用になる方の風呂(入り口並んで右側)。

Img_20191130_39862

 岩の内風呂。ここもそれほど熱くはない。

Img_20191130_39384

 紹介写真的にアイコンな露天風呂。露天は2-3人入るといっぱいな、小さな湯船が4-5個ある感じ。

 こっちのサウナはドライ。

 もうひとつの側。朝風呂分。

Img_20191130_1154

 こっちは檜木っぽい風呂。サウナはミスト。

Img_20191130_59277

 こちらも露天風呂は段々畑風。暗いと歩くのがけっこう大変なあたり、全体的に難易度の高い風呂だと思う。。

Img_20191130_58186

 夜明けは7時だった。

 客の少な目な金曜泊とはいえ、夜明けの時間の露天風呂に私一人という。。

 まあおかげで写真とか撮り放題だったので良かったんだけど。

--------------------

Img_20191130_35580

 チェックアウト後、大野あたりの道の駅巡りをして帰ってきた、日も暮れた頃の帰り、実家の手前くらいから見上げる。

 土曜日は盛況の模様。

| | コメント (0)

大分に移動

 金曜は休暇を取って、いつもの5:15バスでHNDへ。

Img_20191130_116

 空港もクリスマスモードになっていた。ANAだから青いんだろうか。。

 BOONE9を預けてラウンジへ。

Img_20191130_43698

 今日は飲みません。。手取川が。。

--------------------

 A321neoの791便、ふだんよりけっこう北寄りを飛んでいるなと思ったら、なんと富士山の真横を通った。この可能性があるので、取れるときは必ずA席を予約しているわけだが。

Img_20191130_1377

 素晴らしい!ちょうど前の日に雪が降ったので、さらに美しい。

 てなわけでOITに降りて、実家に移動。

 

 

| | コメント (0)

2019年11月28日 (木)

ローラー練L2-3(TSS 27)

 フォトストレージサービスの「過去の今日」、ちょうどNZツアーの1日目だった。

 Rude Rockを走る写真が懐かしい。また行きたいものだ。。

Img_0464

---------------------------------------------------------

CTL 44 TSB +12

ローラー 9km 25分 270kJ TSS 27
15:00 201W 1--bpm 84rpm

 まあ日曜はランニングしかしていないので、意外と元気が良い。

 週末に向けては良い傾向か。

---------------------------------------------------------

 金曜の明日は休暇取って帰省。ちょっとのんびり?するつもり。

| | コメント (0)

2019年11月27日 (水)

バイクチェック完了/ローラー練L2(TSS 25)

 月火までかかって、バイク2台のチェック終わり。

 予想を良い意味で裏切って、ベアリングは大丈夫そうだった。あれだけ水沫(ロード)、泥沫(MTB)を浴びたのになあ。

 なおTopfuelさんは、BBのベアリングが大丈夫ならリンクも大丈夫理論で、中身までは見ていない。。さすがに面倒くさい。

 TrekのBB95は浸水に弱いと言われてきた(実際そうだった)けど、今のベアリングキャップは仕事しているんだろうか。

 もしくはOTRでお試しに分けてもらったグリスが優秀なのか。

---------------------------------------------------------

 月曜は電車の中でシャツ一枚になってしまうほど暑く、火曜以降は逆にメチャ寒い。。

 どちらかと言えば暖かいんじゃないかな?な我が家も、とうとう水曜の朝は19.7℃と、今秋初の20℃以下。

 ローラーが捗る季節がやってきたねぇ。

 19年はダメな年だったから、20年は上昇するぞということで練習しましょう。

---------------------------------------------------------

 火曜でとりあえずバイクいじりは終わったので練習再開。

CTL 44 TSB +12

ローラー 9km 26分 269kJ TSS 25
18:00 181W 1--bpm 80rpm

 徐々に頑張ろう。

---------------------------------------------------------

Img_3853

 宇都宮土産。酒は飲みますけどね~。

| | コメント (0)

2019年11月24日 (日)

ろまんちっくエンデュランス男子2人組 4位(TSS 58)

 5時半にJT邸に行き、首都高東北道を経由して会場着7時半と予定通り。

 宇都宮組の陣地に入らせてもらう。

Img_3831

 現地は曇りだが、この後降ってきそうでもありテント建てておく。

 まったりと誰一人試走に行こうとしていない中、一人走ってきたタムラくん曰く、「要マッドタイヤです」とのこと。

 タムラくんが手こずるんじゃ、何を履いても変わらない気もするが、用意はしていたので、Mud-X付きのクレストホイールに履き替え。

 キッズレースが始まるころから雨が降り出し、、耐久レースの招集中まで降り続いた。

 並ぼうと走り出したら、リアがバシュッという音とともにタイヤ外れた。。慌ててロケットロン付きのXXXホイールに戻す。

 ビードが上がり切っていなかったのか?

---

 そこそこ前の方からスタート。1周目は林間ショートカットのパレード走行。

76654368_2785046811722058_88250805252878

以下基本写真は伊東さん、いつもありがとうございます!

76961156_2785048055055267_61978616102838

 ゴールのスペシャバルーン越えてからリアルスタート。まだ雨は降っている。

 うーん、順位を上げられん。。いろいろ疲れで、なかなか厳しいな。。

 3周目に入り、ちょっとずつ順位を上げていくと、林間のシングルの中間地点くらいで前輪がプシュー。。

 ビードからタイヤが剥がれたようだが外れてはいないのでまだ走れる。

 何とかピットまで戻れれば、と慎重に?走ってみたけど、けっきょくタイヤが外れた。。

 せっせと9分ちょっとコースをランニングしてピットに戻り、JTさんに交代。

---

 けっきょくフロントもレーシングレイのXXXホイールに戻すことに。

 前後とも2日経ってもほとんどエア抜け無いレベルで装着されていたのだが。。

 このタイヤも最初のSuperfly時代から使っているから、もう10年以上か(使用回数はまだまだ少ない方だけど)。

 内側も乾いてこびりついたシーラントカスがかなりあるし、そろそろ買い替えるかねぇ。

---

 タムラくんが全然帰ってこなかったりで、林間のシングルは相当にひどいことになっていそう。

 JTさん2周して帰ってきてライダーチェンジ。

 6周目(自分4周目)の林の中は、、、恐ろしいことになっていた。

 乗ってる分にはホイールの回転で泥が飛ぶので問題ないんだけど、下りて押すと、フォークとリア三角の隙間に泥が詰まって車輪が回転できなくなる。

 巻き込んだ草や枝屑で強化された泥が内深くに強固に詰まっているので、下車して掃き出しても、10秒押したら元に戻る。。

 泥でバイク重量が3kg?くらい重くなっている感があり、腕力無い身としては、担いで走ることもできず。

 林の中でひたすら、泥を手で掃き出す→バイクを押す→泥が詰まる、以下同文を2-30回繰り返すと林を抜けた。

 広場の方は乗車で行けるんだけど、徐々にバイクが重くなり、斜面の激登りはギリクリアで、この後の周はクリアできなくなった。

78217933_740719969738409_605329367682043

 ここは林出た後の「緩い」キャンバー。ここすら登れなくなった。エース(フジタ)くん写真。応援ありがとう。

 グローブも泥でにゅるにゅるで、グリップシフト回すのも難儀。

 7周目、3時間が2時間になったので、風邪ひいて体調万全じゃないJTさんに代わるのは無しにして、もう1周して(合計8周)ゴール。

 結局乗れたのは、

1.入って登って、トラバースする緩い下り登りの途中までと、
2.その先の下りと、
3.ドロップがある下りから登り返してコーナー二つくらいまでと、
4.その後のちょぼちょぼ下り
5.拡幅区間から最後の下りくらい。

 乗っている時間が3分くらいで、押しているのが17分とか。。 

 結果はこんな感じ。最初11分だったのが、最後は28分か(しかもレース中に林間はショートカットされて短くなっている)。

CTL 46 TSB +4

MTB 11km 2時間26分 376kJ TSS 58 獲得標高 283m

#1 03:49 143/577W(NP 158W) 129bpm 74rpm
#2 10:55 142/545W(NP 167W) 151bpm 80rpm
#3 17:59 145/425W(NP 124W) 145bpm 72rpm
---
#4 19:45 060/464W(NP 117W) 143bpm 67rpm
#5 25:39 039/424W(NP 101W) 144bpm 68rpm
#6 27:57 038/461W(NP 092W) 146bpm 66rpm

77088858_2514411975346285_76124209390362

 イトウさんフォト。泥にもいろいろあるけど、泥詰まりという点では、自分のMTB経験上最高(最低?)だったかなぁ。

 Mistyさんの洗車機を借りて、車に積めるくらいにきれいにする(自分の洗車機を直さないと)。

Img_3835

 ここから先は、家に帰ってからやるわ。。

----------------------------------------------------------

 去年はチーム表彰が2人組3人組それぞれでやってくれたので3位に引っかかったけど、今年はチーム全部で表彰なので遥か圏外。

 9位/40チームだったようです。

 まあ2人組でも4位だったのでダメでしたがww。

 まだ渋滞していないかなと思って帰路についたら、今年も羽生辺りで事故渋滞。。

 久喜白岡JCTからは、Google先生は2680円の圏央道→中央道をお勧めしてきたけど、ここは1270円の外環→下道のマイルートで、10分遅れの19時前JTさん邸到着。

 家に帰って、バイク洗車とウェアを放水泥落とし→お湯で手洗い→洗濯2回でやっつけて22時。。疲れた。

| | コメント (0)

2019年11月23日 (土)

Supercaliber試乗

 セオフェスでは、けっこうバイクメーカーやパーツサプライヤーがブースを出していて、その辺見るのも面白い。

 今回は雨風が強いので、メーカーなどのブースも盛況には程遠い。。

 MTB無いだろうなと思いながらも、いちおう確認とTrekブースに行ったら、なんとSupercaliberがある!

 速攻手続きして試乗となりました。

 試乗車は9.7。NX-Eagle/REBAで、サスのロックアウトレバーは付いていない。

 試乗コースに行く前に写真を。。

Img_3826

Img_3829

 コースはアスファルトの路面をぐるっと回るだけのものなので、正直インプレも何もない。

 ただ、バイク上下に体重をかけたりすると、明らかにしっかりリアが動いている反応があり、ソフトテールとかでは無く、確かにフルサスだと感じられる。

 一方で、ダンシングして加速する感覚は軽快でハードテールの反応に近いと思う。

 実質的にフレーム内蔵のリアユニットというのはこんな感じなのか。。

 Trekが動画で力説している部分は、ショボライダーにも分かった、、と思う。

 これ、乗っちゃいけないやつだなぁ。。とはいえ、先立つものが無いので無理ですねぇ。。

 日本でMTBのクロカンとトレイルライドやるなら、こいつと120-140mmクラスのフルサストレイルバイクの2台持ちが正しいとは思うよ。。

| | コメント (0)

セオフェス 4時間エンデューロ 14位/シニア中上級ロードレース 12位(TSS 171)

 4時起きし、5時過ぎにカワグチ、ワタナベ両氏を拾って、7時前に袖ヶ浦フォレストレースウェイに到着。

 本日は午前中4時間耐久で、午後は半分くらいが個人ロードレースにダブルエントリー。

 耐久は、2/2/3人チームで3チームで参加。

 予報通りの雨だが、川崎側ではほとんど止んでると同じだったので期待したが、千葉側はかなりの雨だった。。

 気温があまり低くないのが幸いで、そこまで寒くはない。まあ寒いが。。

Dsc_0300

---------------------------------------------------------

CTL 43 TSB +22

ロード 56(68)km 1時間43分(2時間4分) 1016kJ TSS 116(137) 獲得標高 21m?

 メーターを1時間40分過ぎで止めてしまった模様。

 耐久レースは予定通り8:20にスタート。

 元々は3人だったが、おきなわと同じく一人怪我でDNSとなり2人組。

 濡れて寒い中待つのはきついので、2時間交代として先発となったので、2時間耐久をやろうということに。

 また、前に選手を置いて水しぶきを浴びたり、もらい落車とかするのも何なので、ずっと一人で走ろうと決めた。

 記録はこんな感じ。1周目はペースカー(自転車?)あり。

#01 5:16 121W(NP 170W) 116bpm 90rpm
#02 4:12 178W(NP 215W) 141bpm 98rpm
#03 4:19 173W(NP 208W) 140bpm 96rpm
#04 4:13 172W(NP 208W) 141bpm 93rpm
#05 4:21 163W(NP 200W) 148bpm 98rpm
#06 4:17 178W(NP 197W) 150bpm 100rpm
#07 4:18 171W(NP 198W) 148bpm 99rpm
#08 4:15 166W(NP 186W) 144bpm 98rpm
#09 4:28 169W(NP 189W) 145bpm 98rpm
#10 4:30 168W(NP 187W) 144bpm 99rpm
#11 4:22 176W(NP 197W) 148bpm 98rpm
#12 4:30 161W(NP 181W) 144bpm 97rpm
#13 4:18 179W(NP 197W) 149bpm 99rpm
#14 4:28 171W(NP 189W) 149bpm 100rpm
#15 4:19 176W(NP 192W) 152bpm 100rpm
#16 4:23 179W(NP 196W) 154bpm 100rpm
#17 4:22 177W(NP 190W) 152bpm 99rpm
#18 4:23 175W(NP 189W) 154bpm 101rpm
#19 4:11 176W(NP 191W) 158bpm 101rpm
#20 4:28 172W(NP 188W) 155bpm 95rpm
#21 4:46 145W(NP 166W) 140bpm 91rpm
#22 4:40 147W(NP 171W) 141bpm 93rpm
#23 4:27 157W(NP 179W) 143bpm 96rpm
#24 4:25 #25 4:30 #26 4:33 #27 4:16 #28 4:52

 まあそこそこで安定している。明日もあるので、L4の上の方には継続しては上げない走りを。。

 タイヤのグリップも悪くなく、比較的下りに安心感がある。

 2時間ソロ的な選手5-10人とずっと前後していたけど、向かい風なホームストレートで抜かれて、その後の下りで追いつき前に出て、追い風のストレート裏は先行するというのをひたすら繰り返した。

 けっきょく雨は強くなることはあっても止むことはなく、コースには至るところに川ができ、ピット入り口の手前には深さ10cmくらいの水たまりが。。

 なかなかにスプラッシュマウンテンなコースだったが、走っている間はけっこう楽しく、途中でイヤになることもなく2時間走り切った。

 2:04:47で28周、4時間の途中経過だと14位/68チーム。
 2時間ソロに置き換えると36位/85人だった。トップは33周だった。5周遅れなので何も言うことはない。。

---------------------------------------------------------

 これで10時半過ぎ。午後のロードレースまで4時間半近くある。。

 体を拭いてジャージを着替えたら体は落ち着いた。ファイントラックやっぱり良い。雨レースだと手放せないな。

 物販飯を買って食べたり、仲間の応援しながら耐久レース終了。

Img_3830

 雨なのでブース回りをする気にもなれないけど、Trekのブースを覗いたらロードイベントなのにSupercaliberが。

 ウキウキで試乗させてもらったり(別掲)。

 3チーム出た我々は、14位、17位、19位とそこそこの順位で実は熱い戦いをしてました。

 リザルト 14位/68チーム(21%順位)

 ---------------------------------------------------------

 午後のロードレース、去年はオープンの中級クラスに出場したけど、今回はシニア(50歳以上)の中上級にエントリーした。

 エントリーは14人で13人出走と、やはり?意識が高いおっさん揃い。

 ロードは完全に外様なので、出ている人たちはさっぱり分からないが、なんだか皆知り合いな感じ。

 それもあり皆速そう。。着に引っ掛かるとかは全く無さそうな雰囲気。

---

 スタートからけっこう速い。すぐに一列棒状で、気が付けばビリだぞ。

 とにかくヒーコラへばりつく以外にやれることが無い。。

 2周目のストレート後の登りでペースが上がり(さすがに5周レースでは様子見とかは無かった)、千切れそうになる。

 ここでも下りで追いつき、右コーナーでインに入って何とかビリ2くらいで回る。

 中上級ではなく、中級が出ても良い上級クラスなイメージ。もうちょっと走れれば楽しそうなんだけどなぁ。

 3周目の下り右コーナーでは集団はさっきよりインを回る感じだったのでやや外目から、、と思ったら3人くらい前の選手が滑って落車し、ラインを塞ぐように外に出てきたので、避けている間に集団から千切れた。

 (明日もあるし)少々頑張ったくらいで追いつける速度とも思えず、とりあえずレースはここまで。

 あとは、同じく遅れた二人の選手を少し前に見ながら、徐々に追いつき5周目で前に出て、逃げ切れずに最後に一人に差し替えされ11位/13人とビリ3。

 短いけどある意味ちょうど良く、、けっこう面白かった。

リザルト 12位/14人出走(86%順位)いつもくらいだな。。

ロード 12km 21分 239kJ TSS 34 獲得標高 -m

#1 4:11 204W(NP 242W) 150bpm 102rpm
#2 3:54 171W(NP 230W) 160bpm 97rpm
#3 4:09 194W(NP 223W) 156bpm 95rpm
#4 4:28 179W(NP 207W) 152bpm 95rpm
#5 4:09 209W(NP 242W) 163bpm 99rpm

---------------------------------------------------------

 16時過ぎに撤収し、渋滞が予想よりもひどく川崎駅周辺を抜けるのに手間取りながら、二人を小杉で下ろし(近くまで送れなくて申し訳なし)帰宅。

 帰ってすぐに洗車しクランク外しBBのベアリングをチェック。くるくる回り一安心。

 OTRで小分けしてもらったグリスが素晴らしいのか。。

 グローブやファイントラックなどのアンダーは明日も使うので、洗濯回して乾燥。

 明日も4時起きだ。。

 

| | コメント (0)

2019年11月22日 (金)

土日とレースですが。。

 昨日くらいまでは、土曜は午前の耐久レースの半分くらいが雨で、午後のロードレースは晴れ、だったのがもう、一日雨か。。

 明日は行くけど、どう走るかは現地判断だなぁ。

 そこまで雨レースの練習したい気分でも無いし。。

 とにかく雨対策を万全?に。

Img_3819

----------------------------------------------------------

 日曜のろまんちくは、野菜のために頑張ろう。

 こっちは、TUNE+CRESTホイールの方を、Mud-Xにして、XXXと2セット持っていく感じで。

Img_3820

| | コメント (0)

2019年11月21日 (木)

今日も練習無し/週末天気悪い。。

 今日の午後は久しぶりの電車での外回り。

 時間と体力を節約して、駅弁+グリーン車。

Dsc_0299

 スマホでキレイな写真が撮れん。。さすがに1000円超えているだけあって、横濱中華弁当は豪華。

----------------------------------------------------------

 今度の土日は、土曜がセオフェス(ロード)で日曜がろまんちっくエンデュランス(MTB)のダブルヘッダー。

 2週で3種目制覇の満喫プラン。

 天気問題無いと思っていたら、なんと土曜は午前中雨で日曜はレース時間が雨?

 濡れて寒いのはイヤだなぁ。。

| | コメント (0)

2019年11月20日 (水)

練習無し/CJの20年シーズン

 なんだか、プチぎっくりとかでなく、疲労の蓄積的な腰痛(腰の重さ)があるので、軽い練習も止めておく。

 今頑張る必要はないしなぁ。

----------------------------------------------------------

 2020年CJの仮予定が出た。たまにUCIのページ見ていて、吉無田、八幡浜、山口、全日本は分かっていたけど、これで来年の予定も立てられるか。。

XCOのみ

04/04-05 CJ 菖蒲谷CJ-2 クロスカントリー 兵庫県たつの市 XCO
04/18-19 CJ  くまもと吉無田国際2020 熊本県御船町 XCO*
05/04-05 CJ  びわこ高島STAGE 滋賀県高島市 XCO
05/16-17 CJ  前橋XCE & XCC 群馬県前橋市 XCE,XCC
05/23-24 CJ  やわたはま国際 愛媛県八幡浜市 XCO*
06/06-07 CJ  白山一里野 石川県白山市 XCO
06/20-21 CJ  CJ-2妙高杉ノ原STAGE 新潟県妙高市 XCO
07/03-05 CJ  富士見パノラマ国際 長野県富士見町 XCO,DHI*
08/15-16 CJ  白馬 長野県白馬村 XCO
09/19-21 CJ  妙高杉ノ原STAGE 新潟県妙高市 XCO
09/26-27 CJ  深坂国際 山口県下関市 XCO*
10/09-11 全日本選手権大会 秋田県仙北市田沢湖 XCO,DHI,XCE*
10/31-11/01 CJ  国際京都ゆぶねSTAGE 京都府和束町 XCO*

 CJ-1以上だけで見れば、4月1、5月2、6月1、7月1、8月1、9月2、10月2と良い感じ。

 来年はおきなわの追試があるから、全日本は微妙だなぁ。

 チケットが発売されたら、熊本と松山と宇部の航空券(パックツアーの方が良いのあるのかね?)を押さえましょう。

 富士見とか白馬にニノとかマチューは、、、来ないか。

| | コメント (0)

2019年11月19日 (火)

ローラー練L2(TSS 15)

月曜日

 驚くほどの脚のしんどさ。。土日のレースは30分+50分、TSSは両日100もいっていないのに、歩くのに苦労する筋肉痛。

 思ったよりもおきなわで攣った脚にはダメージがあったんだろうか。

 まあ何とも言えん。。

---------------------------------------------------------

火曜日

CTL 47 TSB +10

 休もうかとも思ったが、確認のためにのんびり漕ぐ。予想したより酷くなく、レース明けの火曜なりに漕げたと思う。

 これなら大丈夫か。。

 車載動画のこととか、書きたいことはあるけど、今週末のイベントすんだところでまとめてかな。

| | コメント (0)

2019年11月17日 (日)

20191117 茨城シクロクロス涸沼Day2 CM1 22位(TSS 72)

 試走その2は9:50とかだけど、CL2にアズナさん出るし早く行かねばということで、8時過ぎかに到着。

 そういえば、昨日のレースでパワーメーターがペアリングできなかったんだった、とセッティングしようと思ったらウンともスンとも言わない。

 あれ?と本体見たら赤いランプが点いていた。。電池切れやん!

 昨日から、「夏休みに替えたから電池じゃ無いよな。。」だったんだけど、替えたのMTBや、、クロスはクランクが緩んだのを締めただけだった。

 替えを持っていない出先で毎回電池が切れるな。。しばらくどうするかと考えたけど、ホムセンに行けばCR2450も売ってるかも!ということで、いちばん近いケーヨーD2へ車を飛ばす。

 売っていなかった。。ガックシで戻る。

 試走始まっていたのですぐにコースインして1.5周。前半のキャンバー区間が(普通に行けることを)確認できたのでヨシ。

 予想TSSは8。

 コースは昨日のほぼ逆走(キャンバー復活)です。

Dsc05828

 こんな水辺の近くを走っていたのね。。冷気が来るわけだ。

76784416_2123051881324362_91374304799961

 いつも写真ありがとうございますの齊藤さんフォト。夜だと?だったけど、快晴に紅葉が映えます。

 アップでその辺軽くぐるぐるでTSS 8。

----------------------------------------------------------

 バイクのセッティングは昨日と同じ。空気圧はちょろっと下げた。

2014 TREK BOONE9
Power2Max TypeS ROTOR 3D + SRAM CX1 チェーンリング 40T
シマノ油圧ディスク+シマノアルテグラ11速 11-32T
ホイール NOTUBES ZTR IRONCROSSリム+Bontrager RXXXLハブ
タイヤ 前シラクSAND1.9気圧、後シラクSAND1.9気圧

---------------------------------------------------------

CTL 47 TSB +8

 自分のレースは11:24にスタート(動画は最後に)。

 スタート後のストレートはあまり長くないので、無理せず最初の右コーナーをクリア。

 次の直線路は長いので頑張りどころだが、ずるずる順位を下げる。うーんさすがに疲れが取れていない?

 最初の段差越えのところがコース幅を絞っているので、突っ込みで前方数人が絡んで落車。

 転倒してしまった、今年からCM1のオオキさんを避けながら行き過ぎる。。

 これでひとまず中団くらいに上がるも、以下CM1の順位を下げながら、1分後のC2選手に追いつかれながら進行していく。

 2周目くらいでCM1のビリになって以下C2に抜かれ続けるということで、書くべき展開が無かったり。。

 意外とC2の選手全員に抜かれるまではいかず、キャンバーセクションも前に選手を置いて侵入することが多く、ドタバタするのでこちらもお付き合い。

 意外と、慌てて勢いで登ろうとしてミスっている感じ。こっちはスピードはないけど、確実に乗車でクリアする方向で(脚着くと攣りそうで。。)

 とは言え、前の選手を避けようとして、ブラケットをコーステープに引っ掛けて自分がアタフタするのも二回ほどあった。。そこでC2タムラくんに抜かれる、というか邪魔をする。。

 5周をなんとか完走し、50分以上走れたのでお得でした。

 脚が回らないのは、思ったよりおきなわのダメージがあるようで。次週もレースだけど大丈夫かなぁ。

76767536_1415653035253350_13215726812035

 堀さんフォト。ありがとうございます!

---------------------------------------------------------

パワー無いので軽くデータ

22位/23人出走(順位95%)3ポイント

予想TSS 56。

#1 10:45 -W 160bpm 15.2km/h
#2 10:41 -W 165bpm 15.3km/h
#3 10:57 -W 162bpm 14.9km/h
#4 10:50 -W 159bpm 15.0km/h
#5 07:25 -W 158bpm 15.3km/h

 スタートとゴールの場所が異なるので、#5は時間短い(スタート地点換算なので、ゴール基準の公式リザルトとタイム異なる)

 まあ、「遅く」安定しているなというところ。ダメだ。

 

| | コメント (0)

茨城シクロクロス涸沼 宿泊記録などその他分

 さすがに一度家に帰るという選択は無いので宿泊。

 最初は行ったこと無い大洗とかに行ってみようとも考えたんだけど、レース終わりが20時とかじゃ、そもそも何かするという時間でもないか、、ということでコスト重視に変更。

 近くて安いとこといえば、「ビジネスホテル6号」ってのがある。

 しかしここ、レビューでは散々な言われよう。。逆に気になるので泊まってみることにした。

----------------------------------------------------------

 建物外観写真撮り忘れ。レビュー通り?暗くてよく見えない中、いきなり犬に吠えられて驚いた。

Img_3810

 和室素泊まり風呂トイレ無しで税別4000円は微妙だよな。この日もけっこう宿泊者はいるようだし、需要があるなら破格に安くする必要も無いということか。

 部屋やアメニティなどは過不足無し。底冷えするのか、布団が洋式ベッドのマットレスの上に敷かれた上げ底なのが何とも。

Img_3813

 私の部屋は画面左奥。洗面台や共用冷蔵庫から近い位置でラッキー。

 フロントの横に三和土があり、そこで靴を脱ぐので、ビジホテでは無く旅館というか民宿というかのシステムだよな。

Img_3815

 風呂はいったん外に出るのが確かに面倒といえば面倒。

Img_3818

 強アルカリ性の鉱泉は、入った瞬間にお肌ヌルヌル。夜遅くて?一人だったので、これはポイント高かった。

 というわけで、全然普通だし、何も無かった?ので、むしろ好きな方だという感じ。

 あまり細かいことは気にしない人の感想です。

----------------------------------------------------------

 都内の伏見通りは、中央道下から保谷の先まで全線片側二車線化が終わったので、すごく急ぐ場合を除いて、一人移動の場合はこれ使って外環から東北道や常磐道、に固定だな。

| | コメント (0)

2019年11月16日 (土)

20191116 茨城シクロクロス涸沼Day1 CM1ナイターレース(TSS 85)

 おきなわ終わって毎週レース活動のその1は茨城シクロクロスの涸沼2day両方参加。

 特に土曜のDay1はナイトレース。幕張クロスのナイターも出たこと無いので、一度出てみたかったこともあり。

 おきなわ以降何となく睡眠が足りていないというか、帰京してからまた風邪がぶり返し気味で体が微妙にしんどいので、土曜は7時くらいと遅めに起き出し。

 家出は13時半。今日レースがあるって感じじゃ無いのが面白い。

 ほぼ予定通り16時過ぎに会場の涸沼(ひぬま)自然公園に着く。

 茨城のこの辺り(中部東側?)の領域は初めて来た。大洗もまだ行ったこと無いしなぁ。

Img_3806

 夕暮れに会場に着いて、これからレースってのは初めての体験だな。

 受付して戻ってきたらMistyさん到着して合流。

---------------------------------------------------------

 試走は時間が押してスタートは遅れたけど、終了時間は変わらずだったのでギリ2周。

 夜のレース全体の終了時間が遅れたらいろいろ大変だししょうが無し。

 指示通りライトを付けずに走ったら、投光器が少なく完全な暗闇があって怖い。。とりあえずライトを点けている選手の近くしか走れん。。

 けっきょくライトは付けてOKとなったが、無しでは危なくてムリです。。

 駐車場で隣りにいた人は、「もう走らないで帰ろうかと考えている」とか言っていたし。。

 試走のTSS 17。

---------------------------------------------------------

Img_3807

 ハンドルにライト付けても良いなら、ちょっとレース動画撮っても良いかなという気持ちになり装着。

 私の場合、ドベ争いなので面白みも無いですが。。今回で言えば、1分後に追いかけてくるC2に抜かれる動画が撮れるというところか。。

 召集まで舗装路でアップ。あちこちウロウロしながらTSS 25。

Photo_20191117205601

 なかなか面白いコースです。どんな感じ(風景)か、さっぱり分かりませんが。。

---------------------------------------------------------

 しかし寒い。。まだ気温一ケタ?に慣れていないからなぁ。

 実は駐車場やコースへの移動路である水場近く(川や湿地帯)と、コース内(キャンプ場?の林の中)では、気温や体感が全く違っていた。

 走っている最中は、そこまで寒くなかった、、かな。

 バイクはいつも通り。

2014 TREK BOONE9
Power2Max TypeS ROTOR 3D + SRAM CX1 チェーンリング 40T
シマノ油圧ディスク+シマノアルテグラ11速 11-32T
ホイール NOTUBES ZTR IRONCROSSリム+Bontrager RXXXLハブ
タイヤ 前シラクSAND2.0気圧、後シラクSAND2.0気圧

 湿地帯ということでけっこう泥セクションあるけど、例によってドライ決め打ちでSANDしか持ってきていないのでそれで。。

---------------------------------------------------------

 さすがに土曜だとエントリーも少なく、12人エントリーの11人出走。19人以下なので、10位3点から上がっていくパターン。

 前に書いたように、召集で待つのもそれほど寒くなかった。

78320985_2565216413710337_25465845976934

 サチコさんフォト。暗いねぇ。

 たぶん予定通り、19:20あたりにスタート。

CTL 47 TSB +15

Photo_20191117202001

 最初のストレートはこんな感じ。道中、コースを覚えていないと間違えそう(たぶん間違えて突っ込んでコーステープ切っちゃったところもあり、覚えていないと曲がらずに真っ直ぐ行くパターンあった)。

 スタート後は順位2/3くらいのところにいたけど、最初の溝(水路)越えの段差を忘れて(見えずに)突っ込んで前転。

 そこでのダメージは無かったけど、その後徐々に抜かれる感じでドベ争いへ。

 茨城CXチームのウノさんがトラブルで止まっているのを抜いてビリは脱出するも、その後は1分後に出たC2の選手に抜かれ続ける。

 40分全開で走るシクロクロスは、4時間を見据えるロード(おきなわ)とも違うよなぁ(ある意味むしろしんどい)、と思いながら走る。

1_20191117202001

 いや、コースが見えないんだけどね。。

 気付けば、時間が押したのか30分強3周でレース修了。

 メーター見えないので、終わって気付いたが、パワー値がなぜか取れていなかった。平地の踏み踏みクロスのデータ取りたかったので残念。

 結果的に10位/11人出走(91%順位)でした。まだまだです。

 レース分のTSSは43(解析アプリ推測値)で。

Dsc05815

 寒いので、サクッと片付けて宿へ。

| | コメント (0)

2019年11月15日 (金)

ローラー練L2(TSS 24)

 まあそんなわけで、おきなわ明け週が終わり。

 おきなわロスを感じないように、しばらく出歩きレース漬けになるよ。。

---------------------------------------------------------

CTL 47 TSB +14

ローラー 10km 31分(実走30分) 287kJ TSS 24
159W 1--bpm 74rpm

 軽く漕ぐ。

 おかずは「ちはやふる3」。カルタってローラーのお供にピッタリなのがすごい。スポーツだった。

 明日から土日両方、茨城シクロクロス涸沼です。

| | コメント (0)

2019年11月13日 (水)

休み最終日~仕事復帰、練習再開(TSS 23)

火曜

 関東に帰ってきても、火曜まで休みを取って余韻に浸るのが慣わし。

 本当は今日までおきなわに居たいってのが真実ですが、なかなかそうもいかないので。。

 出掛けに横濱ラーメン大盛り。これもいつも通り。

Img_3805

----------------------------------------------------------

水曜

 仕事復帰。メールの溜まり具合は程々だった。

 火曜はまだ攣った右脚に違和感あったけど、今日は割りとすっきりしている。

 なので、帰ったら本日から練習再開。来年に向けて再始動。

CTL 49 TSB +7

ローラー 8km 22分 224kJ TSS 23

#1 5:24 215W 1--bpm 82rpm
#2 1:00 260W 1--bpm 86rpm

 おきなわの余韻で、けっこう回せる。今週末のクロス初戦に勢いでなだれ込みたいところ。

| | コメント (0)

2019年11月11日 (月)

おきなわレース後~4日目

日曜分

 まずはレンタカーを取りにいかないといけないので、タクシーで国頭へ。名護のバスターミナルから5700円だった。

 17時くらいに宿に戻ると、完走おめでとう(1名)反省会(2名)の場所を予約してくれていた。

 宿から徒歩2分の「松の家」。

Img_3757

 なんか民家みたいだなと思ったら、扉開けたら本当に玄関で、靴脱いでリビングに上がる感じ。

 おきなわっぽいものを頼んで、オリオン→泡盛へ。

Img_3758

うみぶどう

Img_3760

もずく天ぷら

Img_3759

ゴーヤーチャンプルー

Img_3761

ポークなんちゃら

Img_3762

何とかという魚の天ぷら

 ちょっと値の張るものを一品頼もうということになり、6000円からという石垣牛はさすがに高くて却下となり、夜光貝4500円にいってみることにした。

 半分刺身で半分バター焼きができるということなのでそれで頼む。

Img_3763

Img_3764

 うん、貝です。つぶ貝に近いけどそこまでコリコリはしていない。バター焼きもサザエとかそういう感じ。

 見た目のインパクトはあるけど普通だった(そりゃそうか)。

Img_3766

 玄関に水槽というか生け簀がありました。

Img_3769

 帰りに愛用?の浦崎ファミマで限定泡盛飲料買って、二次会中にバタンキューという毎度の流れでした。

----------------------------------------------------------

月曜分

 本日はワタナベくんプロデュースのグルメ活動。

 朝は本部のカフェのつもりが休業中で、名護まで行って「FLAP COFFEE」。車が駐まり切れないほどの大繁盛店。

Img_3774

Img_3776

Img_3779

 エッグベネディクトのセット1600円くらいを頼む。旅行先だと食に対する値段感覚がマヒする。。

----------------------------------------------------------

 おきなわでは、(飲み会の)〆はステーキらしく、やはり肉を食べておきたい。

 那覇ならランチとかでお得なものもあるかもしれないとなり、それなら「ジャッキーステーキ」を、と言ったら、ワタナベくんが探した店も同じだった。

 R58をのんびり走って、毎度のテンダーロインステーキ。

Img_3783

Img_3784

 途中でキナン御一行様が入ってきて、山本元輝選手のファン(ブログ愛読)なので一緒に写真撮らせてもらいたい、と思ったら肉がやってきたタイミングとなり、邪魔しちゃ悪いなということで諦め。残念。

----------------------------------------------------------

 最後のデザートはブルーシール。どうせなら本店に行こうということで浦添まで戻る。

Img_3786

Img_3788

----------------------------------------------------------

 遠征でガソリンの警告灯が点くまで乗るのは珍しく、ギリで給油してレンタカー返す。

 OKAに行き、荷物預けてお土産買って、新しく(広く)なったラウンジでオリオン2杯。

 プレミアムクラスの軽食と、主要路線だけ用意されているシャンパンをいただく。

Img_3797

 日本酒と赤白ワインまでで抑えておいて、HNDで解散。

Img_3801

Img_3802

Img_3804

 また来年?まで頑張りましょう。

| | コメント (0)

2019年11月10日 (日)

2019 ツールドおきなわ140kmマスターズ データ編

----------------------------------------------------------

Photo_20191113220501

国頭→与那 8:43 81/540W(NP104W) 145/158bpm 92rpm 35.0km/h
与那→KOM 21:51 226/555W(NP233W) 169/174bpm 90rpm 19.6km/h
KOM1 21:20 224/426W(NP233W) 169/174bpm 90rpm 19.2km/h
KOM→普久川 4:49 94/517W(NP---W) 154/171bpm 92rpm 47.9km/h
普久川→奥 29:22 144/542W(NP199W) 161/173bpm 94rpm 36.5km/h
奥登り 12:55 203/411W(NP206W) 167/172bpm 81rpm 18.2km/h
奥→与那 39:37 160/438W(NP179W) 160/172bpm 91rpm 30.0km/h
与那→KOM 31:17 150/267W(NP155W) 154/161bpm 68rpm 13.7km/h
KOM2 30:12 151/267W(NP155W) 154/161bpm 68rpm 13.2km/h
KOM→普久川 5:29 75/285W(NP---W) 146/161bpm 77rpm 42.0km/h
学校坂 12:52 130/221W(NP139W) 150/158bpm 59rpm 8.7km/h
普久川→宮城 1:07:55 106/349W(NP125W) 147/161bpm 70rpm 23.1km/h

Cats_20191113220601

 2回目の与那までは、実は16年とそこまで変わっていない。ただ今年はそこまでで力を使い果たしていたけど。

 あと、宮城で切られるときは、安波~高江~宮城の区間は23km/hに収束するのね。

----------------------------------------------------------

 普久川KOMへの登りデータ、19年の自分の結果を追加し更新。

Cats_20191113221601

 3.5-4.0W/kgのデータはMadone9で走ったときのもの。さすがの近似直線の下を行く速さ。これだけでエアロロードに乗る理由が明快。

 自分的には4W/kgより強くなるイメージは持てない。となると20-21分で登ることを前提に考える必要があるよな。

 また来年に向けて頑張ろう。

| | コメント (0)

20191110 ツールドおきなわ140kmマスターズ DNF(TSS 199)

 4時に起きて最初の朝ご飯をもぐもぐ。

 Airfit装着して動作を確認。ちゃんと認識して良かった。。

Img_3738

 お見苦しい写真をスミマセン。。

 バイク積み込み、5時に出発。

 6時に国頭でナイトウくん降ろし、バイクを置きつつ待ってもらう。奥の登りの頂点くらいまで行ってワタナベくん降ろし、スタート地点まで走ってもらう。

Img_3739

 夜が明けだしたR58を国頭まで戻る。車を駐めてナイトウくんと合流。

 しかし今年は(特に朝晩は)涼しいというか寒いくらい。太陽が上がるまではちょっと辛い。

---------------------------------------------------------

Img_3742

 さすがの早出のおかげで3列目をゲット(オープンクラスのナイトウくんは4列目)。

 この辺は寒さと長い待ち時間との兼ね合いだけど、体力の無い自分的には、最初の登りのポジションを楽に得るために必須かなぁ。

---------------------------------------------------------

 太陽が上がってくると良い感じで暖かくなってくる。

 スタートは市民210kmのメイン集団が通った後になった(オープンが9:17でマスターズが9:27)。2クラスを10分間隔でスタートさせようと思ったら、16年の頃のような、国際と市民の間にスタートさせる余裕は無いということか。

 実は奥でも既に100kmは両クラスともスタートしていて、結果的に140kmマスターズは全体の最後を走ることになった。

 マスターズの9:27スタートだと、宮城関門を28km/h、川上関門を30km/hの平均速度で走らないと抜けられない、非常に厳しいリミット設定になる。

 16年がちょうど30km/hだったので、それで走れればOKなんだが、それができるか非常に不安。。というかムリな気がする。。

 どこまで耐えてしのげるか。ギリリストとしての真価が問われる。

 バイクのセッティングはいつも通り。

2017 TREK Madone 9 Viper Red/Trek Black サイズ50 H2フィット
クランク Pioneer SGY-PM910H2  52-36T
コンポ  シマノ アルテグラDi2 11速 12-28T
ホイール Bontrager Aeolus3 D3クリンチャー
タイヤ  前後CONTINENTAL GRAND PRIX TT 7気圧

 予定通り9:27にスタート。それでは頑張りましょう。ネタバレすると宮城で切られます。

---------------------------------------------------------

CTL 48 TSB +13

ロード 93km 3時間29分 1737kJ TSS 199 獲得標高 1497m

国頭→与那 8:43 81/540W(NP104W) 145/158bpm 92rpm 35.0km/h

 先頭が見える場所で走られるので危険は少ない。ロードレースのプロトンだよなぁと思える瞬間。

 16年とほぼ同じ。プロローグはこんなところなんでしょう。

---------------------------------------------------------

与那→KOM 21:51 226/555W(NP233W) 169/174bpm 90rpm 19.6km/h

 ここの走りで今日の趨勢が決まる。ので、当社比でそうとう気合いを入れて入る。

 トータル7.5kmで330mの登りだが、最初の2km66mアップの2分半が242Wで29km/h。

 この辺までは、先頭集団の金魚のフンだったが、徐々に付いていけなくなり、今年も7分くらいでさようならとなった。

 まあオープン(16年の全部クラス)と比べると、マスターズはペース少し緩いのかなと思われる。フィットネスが低いのに同時間くらい着いて行けたので。

 ここからはひたすら耐えて進む。案外周りに選手が多い状態で走ることができた。

 20km/hくらいならエアロも効果がある領域。前に選手を置く、Madone9に頑張ってもらう。

 KOM通過は21:51!確か去年より1分程度しか落ちていない(落ちてはいる)。

 思ったよりオレええやん!、とこの時は思っていた。

 なお、Stravaのセグメント記録は

KOM1 21:20 224/426W(NP233W) 169/174bpm 90rpm 19.2km/h

---------------------------------------------------------

KOM→普久川 4:49 94/517W(NP---W) 154/171bpm 92rpm 47.9km/h

 下りは本人比で少し速くないと感じたが、確かに50km/h出ていた16年より遅い。やはり走り込みが不足して思い切りが無いのか。。

 普久川の補給所で水ボトルをもらい、グビグビ飲んで捨てる。

 ここの登り返しは、周りの選手よりいちおうやや速め。周りにバラバラ選手はいるが、ちょい先にそこそこの集団(おそらく第3か第4と思われる)がいるのを確認済み。

---------------------------------------------------------

普久川→奥 29:22 144/542W(NP199W) 161/173bpm 94rpm 36.5km/h

 140kmに初めて出た16年の時に、自分の中でいちばん面白かった区間。

 下り基調のアップダウンをどう走るか、完走狙いの選手としては、先を考えると大事な所だと思う。

 集団が前にいるのは、この辺にいる全ての選手が分かっているので、目標が言わずとも共有されている。

 我先にと前を追う展開は願い通りなんだけど、自分的にはその流れにヒーコラ付いていくので精いっぱいなのが弱い。

 集団に合流し一休み、とはなかなかいかない。

 ロードレースではMTBやシクロクロスほど、選手一人一人が走り方やラインを創意工夫をする部分が少ない、というか無いように思える(先頭じゃ無い集団では)。

 前の選手にピタ付きしているのが楽で良いみたいな。それで集団の中でブレーキかけて調整する感じ。しかもそれに怒るみたいな。そもそも道路幅いっぱいに使えるのに、律儀に左車線キープ?な選手の多い。。

 そんなの勿体ないので、下りは空いている右車線に出てガンガン踏んで集団の先頭近くまで上がって、登り返しでゆっくり漕いで集団の中程に戻るのを繰り返す。

 あいつチョロチョロしてウザイと思われているんだろうけど。。

 実は奥までの所要時間は、16年の一分遅れ。ほぼ同ペースだった。

---------------------------------------------------------

奥→与那 39:37 160/438W(NP179W) 160/172bpm 91rpm 30.0km/h

奥登り 12:55 203/411W(NP206W) 167/172bpm 81rpm 18.2km/h

 100kmクラスが両方ともスタート済みなのを確認して、自分らが最後方を走っていることを認識。

 他力(他クラス)本願はできないことを肝に命じて、200mほどの奥の登りに入る。

 あれ?追走がしんどい。ちょっと離されて必死こいて集団の尻にしがみつくという展開に。

 いや、ここで千切れたらレースが終わるでしょ、ということで頑張るも、徐々に集団から離れていく。。

 辺戸岬までの下りで追いつける差に留めたいと思うも、ずるずる離される。

 マジか、体力無いのは分かっていたけど、ここで終わるのか、、とガックリ感が。

 登り切り下りに入っても、140kmオープンの千切れた選手を抜くだけで、マスターズの集団は影も形も無い。

 こりゃ宮城で切られるか、下手すると二度目の普久川もヤバイかもしれんと思いながら走る。

 辺戸岬の入口過ぎて、登り返して下って宜名間トンネル辺りで、下りで抜いた系の140kmオープン/210km選手数人のグループに追いつかれ抜かれる。

 それに乗っかって、与那まで一人じゃ無いなら、先が繋がったと思い直す。

 このグループ、例によって短く先頭交代して回していくという意識が低いので、もっと回していこうと声をかける。

 こぼれた選手をスカウトして、7人くらいで回す感じになった。

 トラブルで遅れた実力それなりにある選手なのか、自分がショボいのか、自分がいちばん実力不足な、乗って良かった的なグループ。

 なんとも助かりました。とくにローテ上自分の前にいた、SHIDOの大柄な600番台の方にはお世話になりました。 

 が、与那への海岸線を走っている時、既に内モモに攣りの兆候が。。だいぶヤバイ。

---------------------------------------------------------

与那→KOM 31:17 150/267W(NP155W) 154/161bpm 68rpm 13.7km/h

 登り始めて、内モモがピクピクいっているので踏めない、ダンシングできない。

 まあ、今年の対策練は最後まで負荷をかけた走りができず、後半ヘロヘロの出力しか出なかったので予想できた展開ではあるが、まさか60kmそこそこで脚が売り切れるとは。。

 途中で、(後ろの)第4か第5集団に抜かれるも付いていけない。

 一回目の普久川登りをオーバーペースと考えるなら、最初からこの集団辺り狙いで走るという選択もあったかもしれない。

 が、スタートが遅かったことから、今抜かれた集団ではゴールまで行けない気がする。

 てなわけで、30分というサイクリングペースで登りを通過。

 Strava区間は

KOM2 30:12 151/267W(NP155W) 154/161bpm 68rpm 13.2km/h

---------------------------------------------------------

KOM→普久川 5:29 75/285W(NP---W) 146/161bpm 77rpm 42.0km/h

 もうだいぶ出涸らし。登れないと下りも攻められない。

---------------------------------------------------------

普久川→宮城 1:07:55 106/349W(NP125W) 147/161bpm 70rpm 23.1km/h

学校坂 12:52 130/221W(NP139W) 150/158bpm 59rpm 8.7km/h

 安波への高速下りもほぼボッチ。目標が無いとペースが上がらないというか、やはり下り慣れしていないのか遅め。

 安波の集落ではいつもたくさんの応援があり、この先の登りを頑張ろうという気になる。

 ということで、コース中でも斜度がきついので有名な「学校坂」に突入。

 普久川の時よりはマシなペースで登り始めるも、6分ほどでまず左脚、すぐに右脚も攣って停止、下車。。

 サイクリングペースで攣りの兆候は収まったと思っていたけど、来るときはホントにいきなり来るな。。

 40秒止まっていたので、さっきまでで抜いた選手たちにまとめて抜かれる。

 これでまた弱気になってしまい、ギリクリアできるかと考えていた宮城関門が遠くなってきた。

 しかも88㎞と思っていた宮城は93kmだった。。高江が関門だったころの距離をそのまま使っていた模様。

 こりゃダメかも。

 だましだまし走るも、ダムの大泊橋後のきつい登りで再度右脚が攣って下車。

 宮城の手前で赤旗が振られているのを確認し、ここで足切りDNFとなった。

 210kmの頃から何度もお世話になっている宮城、、まさか100㎞走れないことになろうとは。。

 中に入るとなぜかナイトウくんもいる。。私以上に脚が攣ったらしく、数分前に足切りにあったとのこと。

 回収バスで二人反省会。

 川上関門が閉まるまで手前で時間待ち。完走に向けてR58に入る選手を見送る。

Img_3744

 ゴールで回収トラックからバイクを受け取り(この絵面、ホントに情けない)、今年のツールドおきなわは終わった。

| | コメント (0)

2019年11月 9日 (土)

おきなわ2日目:試走~受付(TSS 58)

最初のネタ

 金曜目が覚めたときに、「なんか微妙に喉が痛い。。」

 この時期、風邪をひくことだけは避けなければ、だったのだけどまさか当日に。。

 飛行機の中で寝たりして悪化を抑えつつ?、ちょうどOKAで荷物引き取りをしていた頃がしんどいピーク。

 レンタカー借りる頃にはけっこう落ち着いたので、ふつうに運転も自分ですることにした。

 薬局で滋養強壮ドリンクを買って金土飲んだら、土日と順調に調子は戻った、と思う。

Img_3709

 風邪というより、緊張で熱が出たかという感覚笑。

---------------------------------------------------------

 6時くらいから起き出す。明るくなって外に出たら、cyclingの人たちが美ら海へ向かって大勢走っていた。

 朝ご飯は各自買っておいたものを食べる感じで。

 チューリップとチーズ、キュウリのサンドイッチで。見た目いまいちなので写真無し。。

Img_3712

 開け方一瞬分かりませんでした。。

---------------------------------------------------------

 ゆるゆると支度して、9時頃にバイクを車に積んで羽路ダムへ。

Img_3714

 ダムの駐車場に車を置いてコースを逆送。

Img_3715

 ナイトウくんワタナベくんの登りが力強い。早々に置いて行かれる。。

Img_3716

Img_3719

 金土とTSS30-35くらいを考えていたので、土曜だけなら50くらいかなと思いながら。

 カヌチャを過ぎて、安部から登っていった最初のピークで二人が待ってくれていて、そこから引き返し。思いが通じたようだ。。

 帰りも一人旅。所々上げながら、基本は210W程度で。

 しかし何だか走れんな。。ちょっと明日に不安が残る試走だ。。

 TSSマネージメントはばっちりでした。

CTL 48 TSB +16
ロード 32km 1時間17分(実走1時間15分) 598kJ TSS 58 獲得標高 409m

---------------------------------------------------------

 宿に戻って、洗濯回しながら(今回はチームジャージしか持ってきていないので毎日洗濯)、午後の予定を相談。

 順番的に、昼ご飯後受付し、(時間はかかるけど)お初の二人向けにコースをぐるっと車で下見することに。

 昼ご飯は、名護に来たら一度は行かないといけない「宮里そば」。

Img_3723

 最近は他にも美味しい店があるようだけど、自分には素朴で、混んでいるけど回転も早いここが一番です。

---------------------------------------------------------

 続いて受け付け。口座を作ろうと思います(備忘録)。

 今年のゼッケンは1593。140kmマスターズは1400からみたいなので、16年に中位完走くらいじゃ若い番号なんて回ってこないね。

Img_3724

 出店を回って、二人にシートポストへのゼッケン留めを推薦し売りつける。

 ワタナベくんが「Airfit」のブースで何やら真剣に話を聞いているので、一緒に聞いてみる。

 ベルトで留めて圧迫するのと比較して、息が楽なので?3W軽減できると聞いて、先に自分が買っていた。。体力的にワラスガ状態なので。。

Img_3725

Img_3735

---------------------------------------------------------

 ここからコース下見。トータル200Km近いのでかなり時間かかる。正直レース前日にやるべきものでは無かったかもしれない。影響出たとしたら申し訳ない感じ。自分もだけど。

 ハイパーラプス撮るのも目的だったけど、USB-Cのコネクタ忘れて全部撮れないという。。しかも見てみたら斜度が伝わらずかなりいまいち。いろいろ残念な感じですわ。

---------------------------------------------------------

 イオンで買い物して18時頃戻り。ちと活動しすぎの感じがする。。

 ゼッケンやら補給の準備。

Img_3732

 ゼッケンは脇の縫い目に沿って云々と、非常に細かく指示がある。これまでは通気性的にイヤだったのだけど、まあ仕方無いか。。

Img_3736

 補給はmarcoさん譲りのTOPTEN中心に、とにかく足攣り防止ブツを。。

 晩ご飯はパスタ。イオンでレンチン容器を買って、鍋茹でと平行して700gを一気に作る。。

Img_3728

 安物の電子レンジなのか、プリシコ食感パスタがレンチンに合わなかったのか、結果的にやや芯が硬めの状態の仕上がりだった。。

 明日に備えて早寝。

 完走はマストなつもりだけど、スタート時間が何時になるかで状況が変わる、何とも他力本願な感じです。

| | コメント (0)

2019年11月 8日 (金)

おきなわ1日目

 いつもの5:15バスでHNDへ。荷物預けて、同行のナイトウ、ワタナベくんと合流し、ラウンジへ。

Img_20191108_20172

 まだ第二ターミナルは断水が続いていて、ビールしかサービスが無かった。。

--------------------

 ANA463便に乗り込んだら、荷物収納に時間がかかり?、飛行機は30分遅れで出発。。

 時間が減るのはもったいない。。

Img_20191108_51158

 富士山きれい。ツールドおきなわの時に白いのはそんなに無かったような。

Img_20191108_18324

 おきなわ行きは基本奮発してプレミアムクラス。今日の朝食はちょっといまいちだった(カロリー的に)。

Img_20191108_43856

 先日のツーリングの辺りを見つつ西へ。

--------------------

Img_20191108_19675

 OKAに到着。自転車返却はすごいカオス。来る度に規模が大きくなっているような。

 3人分が出てくるのに小一時間要した。

 そして、ナイトウくんのシューズの片方がHNDで落ちていたことが発覚。。よく気が付いた。

 タイミング的に夕方近い時間に着く便でやってくるらしい。。

--------------------

 今回は大きめ車を借りる都合上、オリックスレンタカーを選択。

 安さで選んだわけだけど、後で空港からかなり遠いことに気づいた。そして規模が大きく、送迎バスに乗るまでの列が長く待たされる。

 もうお昼もだいぶ過ぎた時間に、Noah借りて出発。

Img_20191108_19411

 3人3台でちょうどぴったり。

----------------------

Img_20191108_19129

 お昼はワタナベくんセレクトの、豊見城の「御食事処かねふく」。

Img_20191108_18485

 ランチ600円で腹いっぱい。

 シューズを受け取るナイトウくんOKAで下ろして、先に二人で名護に移動。

--------------------

 高速飛ばして、16時くらいに宿の「コンフォートヴィラ」に到着。

 本部町、海洋博公園に曲がる、浦崎から少し入ったところにある。

Img_3770

Img_20191108_17626

 いわゆるマンション形式のコンドミニアム。日本人はうちらくらいで、他はアジアの外国人グループの模様。

Img_20191108_17342

 4セミシングルという部屋でベッド4つで46m2。若干手狭ではあるけど、まあ快適(4シングルスタンダード64m2って方なら余裕あると思う)。

Img_20191108_1770

 奥の4つ目のベッドはうっちゃって作業スペースを増やした。

Img_20191108_16475

 そうするとさらに快適。

Img_20191108_17910

 自炊はできるけど、あまりがっつりやる気にはならないかねぇ。

 バスで18:40に着くナイトウくんを迎えて、1日目終了。

 実は今日から微妙に風邪気味だったりする。。治さねば。

| | コメント (0)

2019年11月 7日 (木)

明日からおきなわ

 3年ぶりの出場。もう3年前なのか。。

Img_3663

 なにはともあれ頑張ります。

| | コメント (0)

2019年11月 6日 (水)

アキュパワー行き/春夏冬(TSS 25)

 決戦前といえばacu-powerということで、今回も仕事終わってから。

 早く帰られたので、いちど家を経由して、CXで多摩サイを走って行くことに。

Img_3661

 腰が微びっくり状態だったのと、乗り込むと脚のつけ根辺りが張ってくるので、その辺ばっちりにしてもらえた。

 これでやることはやったか。。あとは現地に飛んでから頑張ろう。

---------------------------------------------------------

 こっちに来るときに、「春夏冬」が閉まってることが多いんだけど、今日は店に灯りが。

 それならということで、

Img_3662

 ここではクマラーメンしか食べないので。。大盛いったらかなり量が多かった。。

 適度な辛みと、メチャ熱なスープと、どちらかといえば柔いと思うんだけど歯ごたえのある麺が美味しいです。

---------------------------------------------------------

 行きはTSS 15、帰りはTSS 10。まだちょっと疲れあり。鍼を打ってもらって、金曜くらいから良い感じになる予定。

| | コメント (0)

2019年11月 4日 (月)

ゴロゴロ回復デー

 三連休の中でいちばん天気が良いような気がするが、週末に向けてのTSB合わせで、今日は運動無し。。

 会社MTB組で上野原のお山にいっているメンバーもいるけど、心を鬼にして?回復デー。

 休むとなるとやることが無い。。

 とりあえずバイクのパッキング、といっても輪行袋に入れるだけだからすぐ終わる。

----------------------------------------------------------

 蕎麦食いたい気分だったので、買い物の前に立ち寄り。

Img_3660

 野菜の天ぷらが予想以上に多くて食い応えあった。

 ダイソーでいろいろ小物を仕入れる。。

----------------------------------------------------------

 早めの風呂→夕方までピコピコリカバリー3セット(ふくらはぎ、ハム、モモ)で1時間半。

 今日までビール飲んで、あとはレース終わるまで控えましょう。

CTL 54 TSB -10

| | コメント (0)

2019年11月 3日 (日)

尾根幹ロード練/おきなわ事前会(TSS 128)

 ワタナベくん風邪っぴきでDNS。顔合わせ会的な位置づけだったのに。。

 ナイトウくんと二人でGo。

 走り始めは寒かったけど、走るうちに薄日も差してきて、ちょうど良い感じになった。

---------------------------------------------------------

CTL 53 TSB -2

ロード 50km 3時間23分(実走2時間17分) 900kJ TSS 128 獲得標高 523m
116W(NP 184W) 119bpm 80rpm

1:45:00 135W(NP 193W) 128bpm 84rpm

 昨日200km走っているのにナイトウくんとても元気。すごいね。

 しかし今日はロードメチャ多い。過去最高な人数ではないだろうか。

 2時間まずまずのペースで走ってCROSS COFFEEへ。

Img_3659

 ここも大盛況。あれこれ話してお終い。今週末はよろしくです。

| | コメント (0)

2019年11月 2日 (土)

尾根幹ロード練(TSS 103)

 この土日は刺激を入れつつ、TSSは100程度のライドを行う感じ。

 おきなわに行くメンバーで一度集まって、練習とかをやりたいとは思っていたんだけど、自分にいろいろ余裕や日取りがなく、何もしないまま一週前になってしまった。

 ところが、この三連休にナイトウくんが東京にやってくるということで、トントン拍子に明日走ろうということになった。

 今日はどこ走ろうかと考えたんだけど、まあ明日のコースの予習をするかということに。。

 明日は幕張クロスを見に行こうとも思っていたけど、それは無しということに。

---------------------------------------------------------

CTL 51 TSB +5

ロード 47km 2時間21分(実走2時間10分) 807kJ TSS 103 獲得標高 526m
111W(NP 168W)
アップとダウン辺りを除く:NP 178W

 そこそこ上げて走って2時間TSS 100か。尾根幹にだいぶ尾ひれを入れたから、それなりのボリュームある内容になったな。

 明日二人にどれくらい走りたいか聞いて調整しよう。

 しかし爽やかな天気で、走るのには最高なコンディションだな。

---------------------------------------------------------

Img_3658

 ここまで引っ張ってきたブレーキシューを前後交換。タイヤとチェーンを決戦用に交換。

 というかタイヤは新品に。コンチネンタルのグランプリTTはめちゃ転がりが軽い。これで10分は速くなるに違いない(思いたい)。

 

| | コメント (0)

2019年11月 1日 (金)

ローラー練L2(TSS 20)

 11月に入り、三連休終わって3日過ごせば、おきなわ行きというまでになった。

 久々のおきなわ自転車は楽しみではあるが、自分の今のフィットネス的には不安しかない。

 とはいえ、marcoさんに連れてきてもらってから12年が過ぎて、今度は自分が新しい人を連れて行くようになったってのは感慨深い。

 まあやるだけ頑張ってみるしかないよねぇ。

---------------------------------------------------------

CTL 51 TSB +1

ローラー 10km 30分(実走29分) 256kJ TSS 20
146W(NP 149W)

 どうも体が重い。汗かきローラーも善し悪しかねぇ。

 三連休、土日はTSS 100以下くらいを目処に。月曜は元気さ次第だけど、今日の雰囲気だとノーライドにしないとダメな気がするな。。

 験を担いで、16年の時の同じ(かそれ以上)のCTL/TSBで望みたい。

| | コメント (0)

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »