« ニュージーランドMTBツアー day0 | トップページ | ニュージーランドMTBツアー day2(TSS 177) »

2018年11月28日 (水)

ニュージーランドMTBツアー day1(TSS 57)

 なんかめちゃ良く寝ていた。プレエコのアメニティの耳栓が良かったのか。。

 シートピッチは新幹線よりちょっとある?くらいなので、そこそこ横になっている感があるせいか。。

 ここからはNZ時間。3時間+サマータイムで4時間進みます。

 周りの人はすでに朝食の前菜終わっていた。

Img_0420

 追っかけて食べる。乾燥した機内では、フレッシュなフルーツはメチャ美味い。

 昨日は最後だったからか、朝食のメインは最初に聞かれて洋食を選択。

Img_0421

 オムレツはチーズとバジル入りで、晩よりこっちの方が良かった。

 この、全く体を動かさないのに、ご飯はふつうに食べるのはねぇ。まあ食べるんですが。

--------------------

Img_0424

 9時過ぎにオークランド空港に着いて、入国審査後荷物引き取りに。

 priorityだったので、すでにバイク2台がターンテーブル脇に置いてあった。

Img_0427

 この時点で9時半。これならまだ1時間あるし何とかなるか、と思ったら自分のスーツケースが出てこない。

 私と同じで、色などが非常に地味なので、気付かずスルーしていたのだろう、か。あらかた荷物が無くなったところで見つけることができた。。この辺で9:50くらいだったか。。

 とにかくこれでかなりギリギリになってしまった。

 続いて懸案の荷物チェック(検疫)。先にクチキくん、続いて私は隣の係の人へ。

 あれ?クチキくん普通のX線検査の方に行ってない?(バイクはとてもクリーンですと言ったらスルーされたらしい。。)

 私はMTBあると言ったら、チェックに行けと言われた(まあこれが普通)。あの前の人の連れで乗換まであと30分しかないんです、と言っても取り合ってくれず。。

 仕方無く検査へ。中を開けてきっちり確認される。

 タイヤは超きれいにしておいたので問題なし。 シューズはベルクロとかもきっちり剥がして内側も見られた。

 ほんの小さな枯れ草がマジックテープにくっ付いていたけどセーフ。

 何とか5分少々?で通過できた。

Img_0428

 丁寧に検査済みマーク入りのテープを貼ってくれた。こちらは急いでいるので、そこまで丁寧に時間をかけてくれる必要性はなかったのだが。。

 国内線ターミナルまでは歩きで10分ほど。早歩きで出発の5分前?に荷物を預けようとしたら(たぶん時間的に)アウトだった。

 その場(スターアライアンスゴールドのレーン?)で手続きしてもらい、次便に振り替えてもらった。

 2人空きがあって、無料で良かった。。

--------------------

 これで1時間半の時間ができたので、チェックイン後NZ航空の国内線ラウンジへ。

Img_0438

 フードも充実しているけど、腹も減っていないのでコーヒーだけ。

Img_0433

 ワインの充実ぶりがすごいけどガマン。

Img_0431

 12:20の便でクイーンズタウンへ。

 国内線はA320ceoがメインの模様。座席も日本仕様に近い感じ。

--------------------

 予定通り14時過ぎには到着。

 天気も良く、途中の景色がきれいすぎてテンションが上がる。窓側席だったら写真撮りまくりだっただろう。

 ゲートを出て、先入りしていたウエカワくんと合流。

Img_0445

 レンタカーまで案内してくれる流れが、現地のガイドさんのようだ。。

 ハイエースなのでなんだかいつもの遠征と変わらない感じだけど、特大サイズ。荷物の積み込みにはかなり余裕ありそう。

 クチキくんとは、初日で移動疲れもあるし、軽めのトレイルライドとか話していたけど、ワナカへの移動の途中でもあるし、天気良いので、さっそくRude Rockに行くことに。

--------------------

 しかし一大観光地。通り過ぎる景色全てを写真に収めたくなる。。

Img_0453_5

 20分ほど走ってコロネットピークへのアプローチを登り、この辺がゴールかね?という辺りに駐車してバイクの組み立て。

Img_0460_3

 ニュージーランドは紫外線が強いらしく、車の影などに入って作業。

 落ちやすいBBのシールゴムが落ちたのを探したり。バイクに問題は無さそう。

 ということで400mくらいのヒルクライム開始。この時点で16時半くらい。

--------------------

Img_0462

Img_0463

Img_0469

 景色が素晴らしい。ずっとこれしか語彙がない。

 舗装の車道を離れてダブトラの登りへ。動画で見たやつだ。

 入り口到着。お初な二人はテンション上がりまくり。

Img_0472

Img_0474

 遠目に見えるナニみたいな岩がrude rockなんだそうです。

 途中写真撮りながら一本。ただ下るだけなら決して難しくはないが、カッコ良く走れるかは?

Img_0476

47010867_1417899928340335_440132751

47169758_1135848316568867_380108665

 次は車で上まで上がって、経験者のウエカワくんに下で待ってもらい、クチキくんと二人で。

 その動画。実は一本目の時にデジカメ落としていて回収している。

 天気も良くてサイコー、大満足。

1本目 
MTB  10km  1時間18分(実走0時間59分) 450kJ TSS 46  獲得標高 497m

2本目
MTB  5km  22分(実走19分) 51kJ TSS 11  獲得標高 43m

 このために用意した27.5+のグリップと段差の振動吸収もバッチリ。

 逆にだからこそもっと速く走りたいと思ってしまうな。。

--------------------

Img_0478

 バイク積み込み。特大ハイエースなので、自転車箱がスペーサー代わり。

--------------------

 今日はこれで終わりで、というかもう18時半なので、宿のあるワナカへと移動。

 ぐるっと回る6号線ではなく、山越えのクラウンレンジロードを選択。

Img_0486

Img_0492

 すごいつづら折れで標高を稼ぐ。

 ワナカへは19時半過ぎに到着。宿のマヌカクレセントモーテルにチェックインしてからスーパーで買い出し。ブッキングは全てウエカワくんにお任せ。ありがたいです。。

Img_0528tile_2

 こぎれいで広さも申し分なかった。

 ライド動画見ながら、ウエカワシェフのご飯とビール、ワイン。そして意識を失ういつもの流れでした。

Img_0527tile

|

« ニュージーランドMTBツアー day0 | トップページ | ニュージーランドMTBツアー day2(TSS 177) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニュージーランドMTBツアー day0 | トップページ | ニュージーランドMTBツアー day2(TSS 177) »