« NZ MTBツアー day-1 | トップページ | ニュージーランドMTBツアー day1(TSS 57) »

2018年11月27日 (火)

ニュージーランドMTBツアー day0

 11時半に家出。

今日は稲城駅から12時発のリムジンバスに乗りNRT第一ターミナルへ。

 ここで、キャンセルでも出たのか、OneUpアップグレードできましたメールが来た。

 これは嬉しい。結果的にプラス4万円弱かかるけど、やっぱり上位クラスの席は一度は乗っておきたかったしねぇ。

 14時にはNRTに着いて、4460円で送っておいたバイクを引き取り、カウンターが開くのを待つ。

 クチキくんがそろそろ着く頃かねぇ、と思っていたら、自分が座っているベンチがエレベーターの前で、そこから颯爽と現れた。。簡単に合流達成。

--------------------

 15時半になりカウンターへ。

Img_0386

 大行列だったけど、大荷物を見た係の人に声かけられ、私が優先搭乗できることから、二人とも優先レーンに通してくれた。

 バイクはこの先の大荷物カウンターで別にチェックされるらしい。ここはサクッと通過。

 クチキくんが、乗り換えの時間が荷物の性質上キツいことを主張してくれたが、ここ(日本では)、現地で頑張ってくれ、しかないようだ。

 てなわけで、係の人に運んでもらい出国用チェックへ。最初に、「サスペンションはあるか?メーカーは?」と予想通りの展開。

 箱を開けて、FOXのフォークが付いていること「だけ」を確認して終わった。。

 とりあえずFOXかROCKSHOXのサスが付いていれば良いっていう、この形式的さ加減、なんだかなぁ。

--------------------

 荷物預けて、やっぱり現金持っている方が安心だよねということで、2万円を230NZドルにしておく。

 NZ$は78円くらい。だいたい以後8掛けくらいです。

 この辺の流れはクチキくんの言うがまま。海外旅行はホント勘が利かなくなった。

 手荷物検査から、出国は顔認証でセルフチェックイン。すごいねぇ。

Img_0390

 あとはANAラウンジで時間つぶす。ほどほどということでビールは2杯。ご飯も気になるけど、サンドイッチ、おむすび、焼きうどんをちょろっとだけ。

 早めにゲート42に行ったら、機材到着遅れで搭乗も20分遅れ。。

 明日の入国審査が大ピンチになってきたな。。

--------------------

 私は優先搭乗でプレエコ席へ。

Img_0392

 といいっても、けっこうな人が着席しているし、後ろからも人が来るので、落ち着いて写真は撮れず。残念。

Img_0394

 プレエコのアメニティ。なかなか充実している。

 続いてご飯&ワイン。

 NZならビールよりワイン飲むべきだろということで、あるのはコンプリート。

 (プレエコなら)頼めばビジネスクラスのワインいけるんじゃないか、と思いつつそこまではやらず。

Img_0407tile

 座席モニターにリストが掲載されている。

 前菜&デザート。なぜ最初のと最後(デザート)のが一緒に出てくるのかという感じ。。

Img_0408

 プレエコ最後尾席になったので、サーブが最後。何となく予想していたが、メインは和食(ブリ照り)しか選べなかった。まあ仕方ないよね。

Img_0414

 プレエコ担当に日本人CAさんはおらず。まあご飯程度の英語は何とかなりました。

 ところで、シートリクライニングのボタンが超堅い。。隣の日本人おばちゃんが苦労していたのでお手伝い(自分ではできず、CA呼んでやってもらった)。

 飯も終わって真っ暗になった後も、ビールもらったりして過ごす。日本22時(3時間後)ではまだフィリピンの緯度だった。

Img_0418

 お休みなさい。

|

« NZ MTBツアー day-1 | トップページ | ニュージーランドMTBツアー day1(TSS 57) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NZ MTBツアー day-1 | トップページ | ニュージーランドMTBツアー day1(TSS 57) »