« 大弛峠ヒルクライム(TSS 177) | トップページ | ローラー練L2(TSS 51) »

2018年11月 4日 (日)

2日目 奥秩父山塊 山サイ(TSS 51)

 5時に起床。外出てみたらガス。夜露か雨か分からないものがパラパラと落ちてくる。。

 高気圧と高気圧に挟まれたところは雨が降るのね。。

 理解はしているつもりだったけど、こうして現実を突きつけられるとねぇ。。

 とりあえず朝ご飯。

Img_0117

 添え物の漬け物が何というか美味い。まさにご飯がススムというか。ご飯は2杯いっておく。

 お弁当を頼んでいたので、全員の朝ご飯終了後から用意、なので出発はのんびりの6:47。

 上はファイントラック長袖-ブレスサーモ長袖-長袖ジャージ-ゴアアウター、下はペラ長レーパンに半ズボンカッパで。

 以下写真に固有名詞は出るけど、テキストには書かない形式で。

---------------------------------------------------------

CTL 43  TSB +2

MTB  34km  7時間18分  116kJ TSS 51  獲得標高 509m

 TSSがどう計算されているのか?だな。

 元々乗車率は低いコースだと覚悟?していたけど、けっきょく距離で5%くらい?体感だと2%くらい?しか乗れなかったイメージ。

 今回はこういうイメージだったし、まあこれが山サイだよなぁという感じでOKだった。

---------------------------------------------------------

 まずは昨日のハイキングコースを登っていく。

Img_0120

 木道を押し、階段を担ぎ上げる。

20181104_0704_

 岩場を担ぎ上げる。ヒロタさん写真。

 まあとにかく押して担いで最初のピークへ。7:35くらい。

Img_0141

 ちと下りつつ、分岐を経て登り、この辺りの山塊の最高峰、2601mへ。8:00くらい。

Img_0162

 ここまでの乗車率はほぼゼロ。。分かってはいたが。。

---------------------------------------------------------

 ここまではヒロタさん来たことあり、コースも分かっていたが、この先は3人的には初めて。

 事前調査では倒木多いということだが、等高線(斜度)的にはそれなりに乗れる地形なのではないかという予想。

20181104_0813_

 と言いながら、まずこの隙間に突入するんですか、から始まる。

 狭いトレイルで、松と石楠花の固い枝がハンドルに引っかかり、乗るとかのレベルでは無い。

 次第に傾斜がきつくなり、倒木などが前を遮り、乗るのはムリでひたすら歩くことになる。

Img_0184

 ちょっと乗れるところがあると嬉しい。

Img_0197

 乗れないんだけど、ガスと雨に煙った原生林の中を進むのは、とても気持ちが良い。

 正直バイクを押していても、何だかウキウキで歩いていたような気がする。

578b90250ef44eb9956d7ff7f70c10af

 ササオカくんフォト。これとかウキウキ感を表す、メチャ雰囲気ある。超広角レンズ良いな!

Img_0198

 9時くらい、激斜面で少しおむすび補給の休憩。

 さらに下って次のポイントへ。

Img_0203

 ここには2410mの三角点あり。山と言いながら、ほぼ林の中でピーク感は無い。9:48あたり。

---------------------------------------------------------

 ここからが今日のコースのハイライトだった。

 ヒロタさん命名、3D倒木祭りコース。今年の台風で倒れたかの新鮮さだった。

Img_0209

 どないせい!という感じ。

 私が先頭だったので、乗りこえるか迂回するか都度考えた。乗り越えと迂回は半々くらい。

5f88ed0286794d459fbb02bd82231476

 ここは直進するぜ、の(以下)ササオカくんフォト。

411418a4e2d84055b8897ef7785d09ce

 乗り越えるぞ、からの

97c94327561d460fba2fd4c148499083

 足を踏み外して背中から落ちる図。

Img_0210

 自分が越えた後のササオカくん。段違い平行(垂直?)棒。

Img_0219

 その先。このレベルは越えられず、迂回するしか無かった。

20181104_1027_

 その迂回路はこんな苔の絨毯だったり。

 この先から徐々に乗れる区間が増えてきて、

Img_0236

 中間ポイントへ。11:25あたり。

 2601mポイントからここまでの標準タイムは1:40のところ、休憩込みとはいえ3時間かかっている。。

 てなわけで、倒木越えで時間と体力を使ったこともあり、エスケープとして考えていた林道を下ることを選択。

 この先は宿題となりました。

 個人的には、先は破線登山道なので、今日のコンディションだと断念で正解かなぁという気持ち。

---------------------------------------------------------

 林道をだーーっと下って、昨日の道に合流。

 フルサスXCレーサーの本領発揮な下りでした。

Img_0238

Img_0244

 昨日と同じところで、お弁当の昼ご飯休憩。

Img_0245

 あとは舗装路をだーっと下って、塩山駅に戻り終了。

 それなりの対策はしていたので、雨自体はそれほど気にはならなかったけど、倒木地獄はちょっと参った。

 でもたぶん、今回の山サイは、乗車のダウンヒルではなく雰囲気を楽しむことが目的だったという認識なので、十分楽しかった。

 たぶん自分じゃこういうのは企画しない。ヒロタさんありがとうございました!

|

« 大弛峠ヒルクライム(TSS 177) | トップページ | ローラー練L2(TSS 51) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大弛峠ヒルクライム(TSS 177) | トップページ | ローラー練L2(TSS 51) »