« CJ-1朽木遠征 1日目(TSS 68) | トップページ | 朽木レース後と土曜日分(TSS 32) »

2018年5月 4日 (金)

CJ1 XCO 朽木 マスタークラス(TSS 127)

 21時前には寝た感じで、一度目が覚めたけどほぼ4時くらいまで熟睡。

 7時間寝ると、そこからはウトウトレベルで、6時前には起き出して宿の周りを散歩。

Img_0972_2

 ちょっと前(5時くらい)に通り雨があったようで、路面は少し濡れていた。

 6時半くらいから皆で恒例のローソンへの買い出し散歩して、7時から朝ご飯。

Img_0980

 関西だけど、ここはほぼ必ず納豆が付いてくる。そういうのはもう関係無いのかね?

 ここは皆でつつく漬け物や煮物が最高だ。

---------------------------------------------------------

 8時半には会場に着いていろいろ支度。

 チャレンジクラスとかはスミマセン見られませんで、9:45くらいからアップ。

 いつも通り、会場までの登り坂で。

CTL 39  TSB +2

#1   4:14   226W   130/149bpm   77rpm
#2   4:01   234W   142/155bpm   88rpm
#3   3:55   242W   149/160bpm   85rpm
#4   3:55   252W   148/163bpm   86rpm

 意外とパワー値は高め。心拍も、、まあそこそこ上げやすいかな。。調子はまずまずだなと感じる。

 体重は重め残りだけど、フィットネスはそれなりみたいで、レースができるかもしれない。

 TSSは40。アップにしては高い。QUARQは高めに出るのかもな。気分は悪くない。

 予定時間10:30より少し押し気味で召集開始。

31530393_2334948703398540_517082399

 コール15-6番目くらいで、2列目右端に並ぶ。前はコミヤマさん。

 今年の自身開幕戦。ダメなりに頑張りましょう!

フレーム 2018 TREK Top Fuel 9.9 SL 17.5 Project One satosinカラー
Fフォーク Fox Factory 32 Float STEP-CAST,Kashima Coat,Boost110,G2 Geometry
Rサス Fox Performance Float, RE:aktiv
ハンドル/ステム/サドル BONTRAGER XXX//Pro 100mm-17°/Montrose Pro
クランク XX1 Eagle QUARQ Power Meter 170mm 34T
コンポ   XX1 Eagle /カセット10-50T
ブレーキ Level Ultimate Brakes
ホイール Bontrager KOVEE XXX
タイヤ   前 Bontrager XR2 Team Issue2.2 1.45気圧
タイヤ  後 Bontrager XR2 Team Issue2.2 1.45気圧

---------------------------------------------------------

 スタートは良かったけど、設定ギア比がいまいちで加速付かず。

31959998_2334949490065128_6244735_2

 なのでのんびりスタート。イトウさんフォト。

 長い登りの最初で順位を落とす(最近のパターン通り)。気付けば後ろにほとんど人がいないのもいつも通り。。

 耐えながら登り、できるだけ遅れないように。

 後半のきつい登りでちょっと抜く。下りはそこそこ。つづらで下車した選手、直滑降で左ラインを攻めてもう一人、降りてゲレンデに出て、緩く登るところは得意セクション。

 ここで3人一気にパス。ここが今日の最大の見せ場だった。。

 アズナさんに撮ってもらえていた。

 後半の下りも人並みで、2周目へ。

31900903_1294138300720063_225472966

 アズナさんフォト。

 前半の登りは耐える感じ。さっき抜いた選手二人に抜き返される。

 登りは決して得意というほどでも無いけど、一度しっかり抜いた選手に抜き返されるのはちょっとショック。まだまだいろいろダメみたい。

 3周目。今年は、うちのチームのMistyさんもだけど、エリートからの降格組の何人かがマスターへ鞍替えしている。

 特に今日は、エリートクラスでも上位に入る実力のあるシナガワ、クニイ選手がいることから、完走(4周)はムリで、3周のつもりでいる、つまりこれが最終周。

 前を見ると、最大3人を抜くチャンスがありそう(普通には2人か)。

 前半の登りで一人。もう一人はちょいちょいバトルになるジクマル選手。追いつきそうで追いつけない。

31934387_2334952620064815_510174355

 つづら中の伊東さんフォト。

 下りきって数秒差。登りの脚色的にはゴールまでに抜けそう、と考えていたら、80%テントはだいぶ手前にあるんだった。。。抜けずに終了、28位だった。

 去年同等の結果。去年はチェーン落ちやらしながらだったんだけどねぇ。

---------------------------------------------------------

データコーナー

28位/38人出走

MTB 10km 59分)624kJ TSS 87  獲得標高 606m

#1  18:23  194/771W(NP240W)  161/172bpm  71rpm
#2  18:57  182/529W(NP221W)  163/172bpm  69rpm
#3  18:24  184/626W(NP227W)  164/173bpm  68rpm

 意外とNPが高い。少なくとも去年よりはかなりマシだった。

 意外と走れる、という感覚は合っていたようだ。

Place

 1周目でほぼ順位が決まるところまでいっちゃったので、見ても楽しくないグラフ。

 手応え、ってのは無いけど、怪我も無く、それほど悲惨な内容でも無かったのでヨシとしよう。

|

« CJ-1朽木遠征 1日目(TSS 68) | トップページ | 朽木レース後と土曜日分(TSS 32) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« CJ-1朽木遠征 1日目(TSS 68) | トップページ | 朽木レース後と土曜日分(TSS 32) »