« 帰着 | トップページ | お疲練(TSS 49) »

2013年9月28日 (土)

おきなわ対策練(TSS 366)

 おきなわまでのローテーションを考えると、この週末に一回ドカンと負荷をかけた練習をやっておきたい。

 そこで富士見の時にヤマニーシくんに、「引きずり回してくれないか」と頼んでおいたら、本日めでたく?実施することができた。

 これまた声をかけたらやってきてくれたH原くんを加え、去年と近いメンバーに。

 さらにE1選手のO川さん参加となり一気に引きずられ感が高くなった。

----------------------------------------------------------

ロード 162km 9時間5分(実走6時間45分) 3387kJ TSS 366   獲得標高 2630m

 4:45とかに家を出て、途中でH原くんを拾って宇都宮へ。

 つくばMTBの折り返し地点であるセイコーマートの前を車で通過した。

 ヤマニーシ邸着は8時前。支度して出発は8:15。

 田野のセブンでO川さんと合流。ここからは4人で。

 アップ気味に走って行くが、O川さんとヤマニーシくんのコンビだと、軽い登りでのスピードが速く、追走に地味に脚を使う。

 昨年は最初に二つほど丘越えをしてから峠、だったけど、今日は少しスタートが遅かったということで直で滝ヶ原峠へ。

---

 滝ヶ原峠   18:12   241W (NP246W)   155bpm   62rpm 

Power

 最初からこんなに頑張って大丈夫かなぁという内容。確かに今は調子は良いんだなと再認識。

 余裕で3人からは千切れましたが。

 それでも、遅れを最小にするぞという気持ちをモチベーションに頑張れた。

---

 ちょい下って写真ポイント。

Dsc02990

 ほんと絶好の天気。気温は20℃以下だけど日差しが強く、日なたは暑さを感じるほど。

 だーっと下ってファミマで小休止。何となく、いつもより多めに食べておく(パワーバー系+おにぎり)。

---

 次は本家いろは坂。清滝バイパスの細尾大谷橋からじわーっと登っていく。

 馬返からが第二ステージ。O川さんH原くんはゆっくり登るようで、とりあえずのターゲットの230-40Wで先行。

 すぐにヤマニーシくん追いついてきて私の前に。

いろは坂   24:54   221W (NP223W)   161bpm   74rpm

Power_2

 ヤマニーシくんは自身のEdgeで私のPowerTapのデータを拾っていたりする。

 つまり、前を行く彼は私のパワーデータをリアルタイムで確認しながら牽いていたりするわけだ。

 どうやらここは220Wなんだな、と判断したようで、その辺をキープ出来るように目標になってくれた。

 しんどいけどありがたい。おかげでかなり安定した数値を出すことができた。

 正直、もちょっと高い値を出したかったけど~。

---

 上まで登ってすぐに下り。ENVEの下りは速い。

 続いて足尾方面へ。日足トンネルへの登りは12分200Wくらいで脚を溜める。

 下りはホイールの性能に任せて先頭に出る。

 下り5分を186W 48.5km/hで。

 ちょうど12時くらい。セーブオンで大休止。

 ヤマニーシくんがパスタ買うのを見て追従。正直かなり腹が減っている。

 とりあえすそれを食べてもまだ全然足りない。ファミマで買ったクリームパンじゃまだ足らず、赤飯おにぎりまで。

 この休憩の間、補給の大事さの話などをしていたんだけど、今日はけっきょくちゃんと食べていたのが最後までパフォーマンスが落ちなかった理由かもしれない。

 私も補給は無頓着系な人だけど、ちゃんと考えた方が良いのかもな。

 ここまでの仕事量は2000kJ弱ってとこだから、その分はそれなりに食べた方が良いってことか。

---

 足尾まで下って粕尾峠への登りへ。

粕尾峠   30:59   217W (NP218W)   159bpm   71rpm

Power_3

 前半はちょっと抑えめな感じになってしまった。程なく3人から切れる~。

 ここはそれなりの登りと緩斜面が連続するルート。

 徐々に緩斜面でしっかりパワーキープする走りができるようになり、3人が近づいてくる。

 「ゾンビのように復活してきた」との評だった様だが、本人的にはイーブンペースから後半徐々に上げていったというレベル。

 さすがに一度走ってコースが頭に入っていると、ペースも考えやすく走り易い。

 最後はH原くんを抜くおまけ付き。

---

 下りに入ってもちょこちょこ登り返しがある。そこでムダに頑張って脚を使う。

 下りも当人なりに攻めようとするも、まだまだ。。。

 下(西大芦小)まで降りてきてO川さんとお別れ。助かりました楽しかったです。

Dsc02992

---

 県道14(登り)の方へ。

 いちおうペダリングはアンクリングも無くキレイだと褒められた。これだけは気にして走っているからなぁ。

 登り切って、「これからどうします?」と聞かれ、「補習コースをお願いします」と。

 これで行き帰りのコース選択は微妙に違うけど、通ったルートは同じになる(模様?)。

 ペダリングはそれなり。体はもっと絞らないとなレベル。

 後は昨年の前半のコースを逆走。登りは8分230W程度。最後の5分は250Wだったので、ここまで来てこの数値が出るなら上出来。

---

 市街の方に戻ってきて、ヤマニーシくんがお勧め餃子食べて帰りましょう、という提案。

Dsc02994

 「幸楽」。

Dsc02993

美味かった!

 戻って風呂に行き、結局今日は泊まりで飲みとなり仲ちゃんへ。

 いつも通りバタンキューでよく分からないまま(連れられ)帰ってきて寝た模様。

---

 たぶんTSS350越えは初めてだと思う。とても良い練習ができた。みなさんありがとう。

 

|

« 帰着 | トップページ | お疲練(TSS 49) »

コメント

楽しそう!沖縄前にもう一度走るようなら連れて行ってください。

投稿: ミ | 2013年9月30日 (月) 09:24

もう一回くらいやりたいとこなんですけど、ちょっとやれる日にちが無さそうな感じです。

強いていえば10/19?

投稿: satosin | 2013年10月 1日 (火) 05:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 帰着 | トップページ | お疲練(TSS 49) »