« 三湖周回(101km) | トップページ | 1/19の根性無し »

2009年1月19日 (月)

やまめポジションについて

なんと、こんなマイナーブログに、やまめ先生からコメントをもらえるとは・・・

  お久しぶりです。
  お腹凹ましていると思いますよ、きっと。
  サドルが高く感じるのは、凹ませて後ろ荷重になっているのが原因です。
  では、ハンドルを少し送って、前に荷重を移動してみてくださいませ。
  登りになると、平地のままの姿勢だと重心はどちらに行っちゃうか・・・・・・。
  座学を思い出してみてください。
  では~

 やまめのブログの1/19のエントリーは「後ろ荷重になっていませんか?」。いろいろ生徒から問い合わせもあるんだろうけど、自分の話もきっかけだったりするんだとすると、ちょっと嬉しい。

 いや、ちゃんと実践できていないんだから反省か・・・

 見直すと、12/30にも似た話が取り上げられている。「腰は痛くなるし、腿は疲れるし、登りは後ろに引っ張られるしで・・・・全然ダメ~。」

 あ~、それそれって感じ?

 逆にきつい登りだと、言われたことを強く意識するが故に、徐々にサドルの前目に座って頭を起こすと本当に軽く進むってのが分かるんだけど、あらゆる傾斜に対して無段階に対応するってのが上手く出来ていないのかなぁ。要領が悪いもんで・・・

 お辞儀に関しては乗っていて、ん?、と思ったら、サドルから腰を上げて、「大変申し訳ありません」をやって、頭と尻の位置関係を確かめて座り直したりしている。

 おなかを凹ますという感覚がどうしてもまだ何かピンと来ないんだけど、もう一度読んでみると、前傾するためにへその位置を自然なお辞儀より後ろに持って行こうとする体勢のことなのかなぁ。

 平地でも向かい風だと、いつもの感じで腰を引いているのか・・・?

 バイクラ1月号の中野善文さんの記事、「座骨から脊柱をまっすぐ伸ばし、肩を広げる(リラックスする)イメージ」ってのはたぶん近いのかなと思う。

 とにかくいろいろと試行錯誤しているのは楽しい。一周15分くらいの所でぐるぐると、あーでもないこーでもないとやってみようかなと考えたりするわけだ。

 コメントありがとうございます。凝り性なところがあるんで、このコメントでしばらく楽しめそうです。

|

« 三湖周回(101km) | トップページ | 1/19の根性無し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三湖周回(101km) | トップページ | 1/19の根性無し »