16.自転車パーツ・本体

2020年1月19日 (日)

OTR柏行き

 手賀沼練終わって、リバーサイドには行かずにOTRへ直行。

 今日は、ロードで練習して、クロスのホイールを調整してもらって、MTBを持って帰るというフルコース。。

----------------------------------------------------------

 けっこうマッドコンディションの中で走ったこともあったけど、意外とBBやヘッドのベアリングが大丈夫だったので、リンクもセーフという理論で使ってきたけど、2年経ったこともあり、サスのOH(外注)とリンクのチェック(まあベアリング打ち直し前提)をお願いした。

 総工賃を見て、やはりフルサス、金かかるなぁ、と感じたけど、それなら自分でやれ、はいろいろとムリですが。

Img_4315

 ベアリング10個外して打ち替えとかは自分でやりたくないというか、ちゃんとできる自信が無い。。

Img_4314

 前後サス、けっこう問答無用で全部交換的な感じになったらしい。まあ動きや信頼性が上がるなら文句はありません。

Img_4313

 サスのロック機構であるリモートのトップキャップも交換されていた。

 ずっと悩まされてきた、引っ張ったワイヤーが勝手に戻って(サスがロックされて)しまうのが直るなら、4500円も高くない。。この青いところ、そんなにするのか。

 駐車場まで戻るのに乗っただけでも、動きが滑らかになったのが感じられる。

 動き出しがちょっと渋かったのは、やはりベアリングがそれなりにヘタっていたからだったか。

 まあこれでバイクは完璧になりました。あとは自分を何とかするだけですね。。

----------------------------------------------------------

 続いてクロスのBOONE9の方。。

 年末年始に乗った辺りで、キコキコ音がけっこうするなぁと思い、先週の湘南シクロクロスの時にホイールのスポークテンションを確認してみたら、けっこう緩い感じの部分がある。

 いちレースくらいは何とかなるけど、こりゃ早めに対処しないとな、で持ってきた。

 考えてみると、フロントシングルのシンプルな変速機構と、最初にしっかりと調整されたオイルラインのディスクブレーキで組まれていると、乗ってて困る不具合ってあまり出てこない(自分で対処できるレベル内に収まる)。

 なのでクロスはほとんどメンテしてもらったことが無い。

 そうは言ってもだいぶ時間が経っているので、自分の中でも19-20シーズンが終わったらOHしてもらおうかなぁとか思っていたタイミングだった。

 さて見てもらうと、プロの自転車屋さん的にはいろいろ言いたいことがあるらしいww。

 特にチェーン、いちおうバイク3台、チェックはしているつもりだったが、春から秋まで実家に置いているクロスは、しょっちゅう乗らないが故にチェックが疎かになり、ややオイル切れ的でそのせいか、今日の時点でコマひとつ分くらい伸びていたらしい!そりゃチェック怠慢ですわ。。

 それでも全然問題なく乗れるんだなぁ。

 ホイールの調整もそれなりに時間かかるので、もう今日は預けてしまい、今週末の茨城クロス城里で受け取ることにした。

 まあ、いつもお世話になっていますってことで、自分でいまいちな対応をするより、プロに任せて完璧にしてもらう方向で。。

| | コメント (0)

2019年12月22日 (日)

オリンパス OM-D E-M5 markⅢ

 いつも通り、前振りが長いよww。

 鉄道少年にはカメラが必要で、中学で夕刊の配達のバイトをして(頑張って)オリンパスのOM-2を買った。1978年くらい?

 この、「お-え--む つーーー」というCMは良く覚えている。

 小型軽量でシャープなデザインが刺さったという記憶。TTLダイレクト測光ってのが良く分からんけど凄そうってことで。。

 確かキヤノンのF-1が憧れだったけど手が出なかったんだっけ。

 その憧れが、就職の動機のひとつではあったかも(別にカメラ事業部で仕事できるスキルは無かったけど)。

----------------------------------------------------------

 アナログの一眼レフはけっきょくこれだけで、会社に入り登山を趣味とするようになってまた撮りたくなり、キヤノンのEOS-20Dが2台目。

 さすがに大型で、徐々に持て余すようになり、普通に使う分にはコンデジで良いじゃん、になっていった。

 この時点では、もう一眼使うことは無いよな、と思っていたんですよ。

----------------------------------------------------------

 オリンパスがOM-Dを出したときに、ペンタプリズム辺りのデザインがOM-1, 2をリスペクトしているのを見て、正直欲しい!となった。

 しかし今さら一眼をなぁ、、と悩み続けること数年、E-M5 markⅢの発売と共に、とうとう行っちゃいました!

 うちの周りでは、ヒロタさんササオカくんもOM-Dユーザーなので、目に毒なのが入りまくりだしね~。

----------------------------------------------------------

Img_4248

Img_4245

 ホントに初期のOMシリーズっぽい正面外観。ほとんどこれにやられたに尽きる。

Img_4246

 レンズはM.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROを。14-100 F4.0 PROと迷ったけど、まあ10万円近い値段差にビビって突っ込めなかった。

 最初は軽量な標準ズームが基本ですし。。

 これでも、楽天のポイント使って何とか20万円は切った、、って価格だし。

Img_4247

 機能が多過ぎて、覚えるのに時間かかりそうというか、覚えられるんだろうか。。

 惚れ込んで買ったので文句は無いんだけど、強いていえば電子シャッター音が軽すぎるのと、センサーの仕様で写真のアスペクトが4:3が標準なところだろうか。

 銀塩フィルムからやっていた者からすれば、写真は3:2って思っちゃうんだよな。。

----------------------------------------------------------

 ボチボチと使用開始。

Pc210009_20191222211601

 正直、写真は技術的にフツーの人に戻っているので、あらためて勉強しないと。

 でもこれ撮って見たときに、解像力に感動したのは事実。

Pc220058 Pc220066

 デジタルならでは、というかオリンパスカメラの特徴でもある深度合成撮影。ピントをずらした8枚の写真を撮って、合焦範囲を広げるように合成する。

 背景をぼかしつつ、対象のピントが合う範囲を広くするってのは、SNS映えやブログ的には使えそう。うち的に需要あるのか?は置いておいて。

 とにかく、年末年始で練習しましょう。

----------------------------------------------------------

 アクセサリー関係。基本はササオカくんのお勧めに沿って、Peak Design PD、で揃える。

Img_4243

 サイクリング時の持ち運び。バッグに入れておくのではなく、ザックのショルダーベルトなどに固定する系のキャプチャー

 山サイ時は、ペラく固定力の無いトレラン用デイパックを使うし、それ以外の普段用だと腰のベルトとかに付けたくなるので、補助補強用のPro Padとともに。

Img_4241

 いつものショルダーバッグに無理やり付けたのはこんな感じ。

Img_4249

 ストラップ類もPDで揃えた。

 ハンドストラップは「カフ リストストラップ」、肩ベルトは「スライドライト」。

 スライドライトまでは要らないかとも思ったけど、何か勢いで買ってしまった。

 しかしSDカードもUHS-Ⅱの8000円くらいするやつにしてしまったし、予備バッテリーなども入れると、アクセサリーで気付けば4万円近く投資。。金かかるなぁ。

 

| | コメント (0)

2019年12月 8日 (日)

ダラダラになった日曜分

 朝起きて最初に思ったのは、えーと昨日何していたんだっけ?的な感じだった。

 忘れ物も無く、真っ直ぐ?帰って来たようで。JTさんに感謝か。

----------------------------------------------------------

 新聞見たら、高校ラグビーの組み合わせが。

 なんと大分は大分舞鶴が負けて大分東明が代表になっていた。

 最近は一回戦勝つのがやっとの舞鶴が地区大会も勝てないとなると、大分県はちと低迷が続きそうだな。。

----------------------------------------------------------

 朝飯食ってしばらくしたら、なんだか猛烈な眠気が来て、けっきょく昼までもう一度寝ていた。。

 午後もゴロゴロしながら、今週末の準備で、MTBを27.5+のホイールに換装、シーラント追加してチェックだけはやっておいた。

| | コメント (0)

2019年11月27日 (水)

バイクチェック完了/ローラー練L2(TSS 25)

 月火までかかって、バイク2台のチェック終わり。

 予想を良い意味で裏切って、ベアリングは大丈夫そうだった。あれだけ水沫(ロード)、泥沫(MTB)を浴びたのになあ。

 なおTopfuelさんは、BBのベアリングが大丈夫ならリンクも大丈夫理論で、中身までは見ていない。。さすがに面倒くさい。

 TrekのBB95は浸水に弱いと言われてきた(実際そうだった)けど、今のベアリングキャップは仕事しているんだろうか。

 もしくはOTRでお試しに分けてもらったグリスが優秀なのか。

---------------------------------------------------------

 月曜は電車の中でシャツ一枚になってしまうほど暑く、火曜以降は逆にメチャ寒い。。

 どちらかと言えば暖かいんじゃないかな?な我が家も、とうとう水曜の朝は19.7℃と、今秋初の20℃以下。

 ローラーが捗る季節がやってきたねぇ。

 19年はダメな年だったから、20年は上昇するぞということで練習しましょう。

---------------------------------------------------------

 火曜でとりあえずバイクいじりは終わったので練習再開。

CTL 44 TSB +12

ローラー 9km 26分 269kJ TSS 25
18:00 181W 1--bpm 80rpm

 徐々に頑張ろう。

---------------------------------------------------------

Img_3853

 宇都宮土産。酒は飲みますけどね~。

| | コメント (0)

2019年11月23日 (土)

Supercaliber試乗

 セオフェスでは、けっこうバイクメーカーやパーツサプライヤーがブースを出していて、その辺見るのも面白い。

 今回は雨風が強いので、メーカーなどのブースも盛況には程遠い。。

 MTB無いだろうなと思いながらも、いちおう確認とTrekブースに行ったら、なんとSupercaliberがある!

 速攻手続きして試乗となりました。

 試乗車は9.7。NX-Eagle/REBAで、サスのロックアウトレバーは付いていない。

 試乗コースに行く前に写真を。。

Img_3826

Img_3829

 コースはアスファルトの路面をぐるっと回るだけのものなので、正直インプレも何もない。

 ただ、バイク上下に体重をかけたりすると、明らかにしっかりリアが動いている反応があり、ソフトテールとかでは無く、確かにフルサスだと感じられる。

 一方で、ダンシングして加速する感覚は軽快でハードテールの反応に近いと思う。

 実質的にフレーム内蔵のリアユニットというのはこんな感じなのか。。

 Trekが動画で力説している部分は、ショボライダーにも分かった、、と思う。

 これ、乗っちゃいけないやつだなぁ。。とはいえ、先立つものが無いので無理ですねぇ。。

 日本でMTBのクロカンとトレイルライドやるなら、こいつと120-140mmクラスのフルサストレイルバイクの2台持ちが正しいとは思うよ。。

| | コメント (0)

2019年11月 2日 (土)

尾根幹ロード練(TSS 103)

 この土日は刺激を入れつつ、TSSは100程度のライドを行う感じ。

 おきなわに行くメンバーで一度集まって、練習とかをやりたいとは思っていたんだけど、自分にいろいろ余裕や日取りがなく、何もしないまま一週前になってしまった。

 ところが、この三連休にナイトウくんが東京にやってくるということで、トントン拍子に明日走ろうということになった。

 今日はどこ走ろうかと考えたんだけど、まあ明日のコースの予習をするかということに。。

 明日は幕張クロスを見に行こうとも思っていたけど、それは無しということに。

---------------------------------------------------------

CTL 51 TSB +5

ロード 47km 2時間21分(実走2時間10分) 807kJ TSS 103 獲得標高 526m
111W(NP 168W)
アップとダウン辺りを除く:NP 178W

 そこそこ上げて走って2時間TSS 100か。尾根幹にだいぶ尾ひれを入れたから、それなりのボリュームある内容になったな。

 明日二人にどれくらい走りたいか聞いて調整しよう。

 しかし爽やかな天気で、走るのには最高なコンディションだな。

---------------------------------------------------------

Img_3658

 ここまで引っ張ってきたブレーキシューを前後交換。タイヤとチェーンを決戦用に交換。

 というかタイヤは新品に。コンチネンタルのグランプリTTはめちゃ転がりが軽い。これで10分は速くなるに違いない(思いたい)。

 

| | コメント (0)

2019年10月20日 (日)

渥美半島~伊勢志摩ツーリング day1(TSS 193)

 今年の会社クラブにおける秋の一泊ツーリングは、渥美半島から伊良湖岬→鳥羽~志摩→伊勢という内容。

 元々は10/19-20の土日だったけど、19の土曜の天気が悪そうということで、飛び石連休の平日である21月曜が休みである日月にスライド。

 が、21月曜も雨模様ということで、けっきょく3人に減ってしまった。

 まあ来月とかに移さず、ここでやろうということで、ヒロタさん、カワムラくん、私の(ちと珍しい)3人での実施となった。

 まあ、ちょっとメンバー寂しいけどねぇ。。

 以下長いです、というか写真が多い。

---------------------------------------------------------

 始発で稲田堤を出発して、早々に新横浜着。カワムラくんも早着で、二人でボーッと待つ。

 豊橋乗り換えというパターンなので、ちょうど良いひかり501号に乗り込む。

Img_3390

 東海道新幹線なら崎陽軒。今回はチャーハン弁当を。

Img_3392

 東海道新幹線は大荷物の旅行者に優しくない。とにかく車両最後尾のABC席を取ることに情熱を傾ける。

 後輪外さない輪行だと、こんな感じで縦置きで2台置けるのか。

 リムジンバス→飛行機の場合はこの形態が最強なんだけど、幅が大きくなるのは、電車移動だと邪魔になるのがなぁ。

Img_3394

 豊橋からは豊橋鉄道に乗り換え。

 サイクルトレインという仕組みがあるらしく、伊良湖岬までの行程が時間的にきついことから、車内でバイク組み立てるかwなどと話していたんだけど、今日はダメだと言われてしまい断念。。

 まあけっこう混んでましたからね。。

 豊島駅で下車してバイク組み立て(写真忘れた)。

---------------------------------------------------------

 やや雲がちの晴れ。夏用ジャージ+アームウォーマー+カーフカバーでちょうど良い。9時過ぎ出発。

CTL 48 TSB -9

ロード 29km 1時間8分(実走1時間5分) 525kJ TSS 49 獲得標高 140m

Img_3397

 伊良湖岬まで30kmで、フェリーは10:40発なので1時間半ほど。

 それもあり、のっけからカワムラくん猛スピードで引っ張る。いきなり35km/hオーバー笑。

 最初の5kmが10分で、その後は11分ペース、なので平均27km/hで1時間。

 それなりの向かい風の中、男カワムラの一本引きでした。

Img_3406

 一カ所あるヒルクライムの頂点から伊良湖岬が見える。

 荷物はシートポストバッグで。雨具あるので、これまででいちばん詰め込んでいる感じ。

Img_3407

 下ってフェリーターミナル。面倒くさいので、1000円払ってバイクはそのまま積み込む。

Img_3408

 今回のコクピット。いろいろ付けすぎww。重い?のと、Osmo action取り付け治具越しだとネジ留めがきつくできないので、徐々に前傾がきつくなっていった(ハンドルが前方に回っていった)。。

---------------------------------------------------------

Img_3409

 小振りなフェリー。早めに並ばないと乗れなかった(車もオートバイも積み残しがいた)。

Img_3416

 けっこう波が高い。堤防に立って釣りをしている人の足腰が強すぎる。

Img_3418

 神島。有名らしいです。伊良湖寄りな感じだけど、鳥羽市帰属のこと。

Img_3427

 鳥羽港に到着し、三重県へ。まずは腹ごしらえへ。

---------------------------------------------------------

 本日進む方向とは逆で北進し、鳥羽駅方面へ。

Img_3429

 うおー「しまかぜ」!乗りたいけど、カッコ良いかといえば微妙。。

Img_3430

 お昼ご飯は「たかま」。大盛系のお店らしい。

Img_3438

 一個をシェアしてはいけない、時間かかるよ、ということのようだ。

Img_3435

 エビフライ定食1300円(奥のカツ丼もビジュアルがおかしい)。大ぶりのエビの開きのフライが5尾。

 卵焼きは5*5*3cmくらいある。。あと見えないけどエビフライの下に乾麺7-80gくらいのケチャップスパが潜んでいる。。

 残したくないので完食。しんどかった。。

 ちなみにエビフライ、ぷりぷりでエビの風味が濃く、これまでに食べた中でもトップクラスの美味さだった。

---------------------------------------------------------

 後半戦。パールロードから英虞湾巡り。

ロード 77km 4時間57分(実走3時間41分) 1317kJ TSS 144 獲得標高 789m

Img_3442

 鳥羽の市街地を抜けて、パールロードの区間に入ると細かなアップダウンが続く、というか平坦路が無い。

 実はかなり破壊力があるルートだった。。

Img_3453

 あまり展望が無い道で、こういうポイントで立ち止まって写真撮る。

Img_3456

 志摩に降りる手前で小休止。

 途中、割れたガラス瓶が四散しているところを踏んでしまい、止まってみたらリアの空気がかなり抜けている。

 確認したらけっこうな大きさのガラス片が突き刺さっていた。

 ガラス片をこじり出したら、一発でシーラントがパンクを塞いだ。自分的に、シーラントが完璧な仕事をするのを見たのは初めてなので、ちょっと感動した。

 おきなわ終わったら、Madone9もTLにするかねぇ。

---------------------------------------------------------

 志摩市に入り、鵜方から横山展望台を目指す。志摩の観光パンフの写真といえばここからの展望、って感じだろうか。

Img_3462

 おお、素晴らしい。さすが日本三大リアス式海岸(佐藤説)。残り二つは三陸海岸と日豊海岸ね(三つ目に地元入れるのはお約束。異論は認める)。

 次にnemu resortの見晴台にお邪魔して(写真無し)、宿方面へ。

 日の入り時刻までに桐垣展望台まで行けるか。

 行けませんでした。。日の入り時刻10分後くらいに到着。

Img_3477

 といっても、もう雲が出てきて夕焼け無しでした。

---------------------------------------------------------

 宿までラストスパート。18時過ぎに「新和具荘」に到着。

 サクッと風呂ってから晩ご飯。

Img_3487

 キンキン生ビールで乾杯。良い笑顔!。

Img_3483

 舟盛り追加プラン。3人だと鯛一匹でした。カツオがねっとりで美味かった。

Img_3488

 郷土料理らしい手こね寿司と天ぷら。

Img_3489

 仲居さんが伊勢エビを持ってきて、「え?頼んでいませんよ」と言ったら、女将さんのサービスですということで食べて良いらしい。

Img_3495

 5000円の料理がサービスww。最高でした。

Img_3491

 三重県なので、「作」。

Img_3499

 RWC南アフリカ戦の最後15分くらいを観戦。残念でした。

Img_3494

 手前のファミマで買った日本酒飲みながら、夜食には手を付けること無くバタンキュー。

 

 

| | コメント (0)

2019年10月19日 (土)

ローラー練L4(TSS 67)/明日から伊勢志摩

 雨が止む前に、9時からローラー開始。

 おきなわ対策で240W走。雨が止んで乾いたあたりの午後にも走りたいので、出し切らない程度に。。

---------------------------------------------------------

CTL 45 TSB +8

ローラー 22km 1時間3分(実走1時間1分) 576kJ TSS 67

#1 5:03 241W 152bpm 85rpm
#2 5:02 240W 158bpm 86rpm
#3 5:00 240W 157bpm 84rpm
#4 5:02 240W 159bpm 84rpm

 と考えたら、もともとやるつもりだった10分走とかはムリで5分、しかも4本でお終いに。。

 調子は悪くないと思うんだけど、ローラーを耐える根性がなくなってしまったなぁ。。

---------------------------------------------------------

Img_3389

 明日からのツーリングでハイパーラプスを撮ってみたく、ステムのネジで留めるタイプのマウントを買ってみた。

 ボントレガーにはブレンダーという賢いシステムがあるんだけど、私のBOONE9は古くて対応していないので。。買い換えるまではねぇ。。

 しかしいつの間にか月曜は終日雨になってしまったな。。初日の日曜に頑張って走るか。。

| | コメント (0)

2019年10月13日 (日)

Osmo action のアップデート

 今日の多摩サイクリング、川の増水を確認したいという気持ちと共に、やりたいことがあった。

 下関の遠征時((記事では触れていない)、タムラくんがOsmo actionを購入したということで、使い方をレクチャー(タムラくんも私と同じ、取説を見ない人だったか。。)。

 そこで、自分のものとUIがガラ変していることに違和感。。このときは何だろ?的な感じだった。

---------------------------------------------------------

 Osmo actionは、発売当初ファームウェアのアップデートが盛んだった。

 発売後早く入手して使っていて、何となく不具合を感じていたので、マメなファームのアップデートに、大手?はスゴいなぁと思っていた。

 どうやら8月辺りにメジャーアップデートがあったようで、自分のOsmo actionも更新。

 実はここで、ハイパーラプスの撮影モード追加(+α)が行われた模様。

 DJIは神か。。

 それを確かめたくて走ってみた。

 行き、10倍のハイパーラプス。

 こっちは帰りの30倍ハイパーラプス。

 まあこんなもんでしょう。実力的には事故の証明になる感じだねぇ。

 

 

| | コメント (0)

2019年10月 5日 (土)

雛鶴トンネル往復:対策練4(TSS 283)

 6時出発が10分寝坊で6:15出発の予定が支度が遅く6時半家出。

 朝は涼しいが、昼間は夏のような天気になるらしい。おきなわ対策的には、10月いっぱいはそんな感じでも良いんだがww。

 基本粗食生活だが、昨晩と今朝はしっかり食べてロングへ。

---------------------------------------------------------

CTL 43 TSB +16

ロード 134km 6時間12分(実走5時間30分) 2323kJ TSS 283 獲得標高 1597m

 雛鶴は、しっかり走れるとTSS 330くらいでいまいちだと260くらい。

 今日は300くらいで走りたいところ。昨日から睡眠取って、脚はそこそこ回復した。

大垂水表
11:51 240W 159bpm 86rpm

 大垂水の斜度は、おきなわの普久川の登りにわりと近い(少し緩めだけど)。

 ただ長さ(標高)は半分しか無い。。獲得標高同じなら毎週来ても良いんだけどねぇ。

 なので、140km完走安心理論的には、240W以下で登ってはいけない。できれば250W。

 まあ、狙ったように最低値でクリアでした。

---------------------------------------------------------

 日連から秋山街道は、何度走っても楽しいし、車がいないので走りやすい。

勝瀬橋→雛鶴TN
#1 06:19 192W(NP 203W) 146bpm 80rpm
#2 04:21 224W(NP 222W) 148bpm 81rpm
#3 01:35 252W 142bpm 73rpm
#4 32:02 175W(NP 189W) 144bpm 77rpm

 ポイントのきつい登りは280W、の予定だったけどそこまではムリだった。。

Dsc_0264

雛鶴TN→勝瀬橋
#5 04:26 223W 153bpm 75rpm

 帰りはもうだいぶ疲れていた。。

大垂水裏
13:59 179W 152bpm 71rpm

 いちおう記録を残しておくかレベル。

多摩ニュータウン入口
0:51 323W 148bpm 94rpm

尾根幹帰り
22:43 139W(NP 181W) 148bpm 77rpm 

 途中の区間である程度休めたので、ここはそこそこ出し切れた。

 練習後の体重が60.2kg。やっとこの辺の数字が出るようにはなった。

---------------------------------------------------------

 雛鶴練は、

・秋山街道がアップダウンのある登りかつ帰りが漕げる下り
・帰りにアップダウンのある町田街道~尾根幹を走る

ことによって、行き1000m↑、帰り600m↑と、まんべんなく走れるのが特徴。

 最初の多摩サイ30分が終わると、後はひたすら漕ぎ続けといっても良い、素晴らしいコース。

 今日は、行き2:45のTSS 163、帰りが2:40のTSS 120。

 だいぶ暑くなってしんどかったとはいえ、帰りがそうとうタレてるよなぁ。。

Dsc_0267

 もろもろの都合で、今日からシューズがnew XXX。

 16年とかは白Madoneに赤シューズだったのが、入れ替わったな・・

| | コメント (0)

より以前の記事一覧