12.ポジション調整

2016年1月10日 (日)

多摩周回練(TSS 157)

 朝起きられたら三浦半島でも、、、と言っていて起きた試しが無いように、やはり二度寝して7時起き。

 ゆっくりしていつものコースへ。脚は、正直疲れている。

----------------------------------------------------------

ロード 77km 4時間8分(実走3時間33分) 1417kJ TSS 157 獲得標高 701m

CTL 26   TSB -14

 今日はPioneerだけでなく、シューズも初使用。

Dsc04964

 クリートのセッティングをしながら多摩サイを登る。相変わらず左はすぐ決まるけど、右は都合四回止まって微調整。

 今回はわりと納得感ある感じにはなった、かも。とりあえずシムなどは使わず。

川崎街道 連光寺坂
#1   4:41   262W   155bpm   88rpm   

いろは坂
#1   2:48   283W   151bpm   68rpm   

 いろは坂は若干既にダメな感じ。

----------------------------------------------------------

 愛宕の周回も、目いっぱいではなく、そこそこの強度で4周の1時間走。

愛宕周回
1:00:47   164W(NP 212W)   145bpm   79rpm

Power

 徐々に頑張っていく感じで。

 かなりダメなフィットネスでNP 212Wまで上がったので、普通なら15%増しで240Wくらいまではいけるだろうか。ちょっとずつ戻っているかな。

 ほぼこれで電池が切れて、あとはヘロヘロになりながら脂肪燃焼走行。どれだけ燃えてくれたか?ですが。

----------------------------------------------------------

Dsc04966

 うーん、カッコ良い。

 FC-9000ですが、今まで使ってきたFC-7900にしろRotor 3Dにしろ、たぶん剛性という点ではどれも不足無かったと思う。自分の貧脚では。

 それでも特に、ダンシングしたときのしっかり度や、全体にダイレクトに伝わる、伝わってくる反応は素晴らしいと感じた。

 あと、事故後にチェックしてもらったのと、今回クランクを付けてもらった、ぜんめいチューンが素晴らしいのか、すごくフィーリングが良かった。

 もうロードもBOONEで良いです、だけではないよなぁとあらためて。

 10速セットに11速クランクも問題なし。ぜんめい店長が、「インナー→アウター時に外に落ちる傾向があるからディレーラー調整を云々」と言っていたけど、よく分からないので、うんありがとう、としか言えなかったんだけど、その通り全く問題なしだった。

| | コメント (0)

2015年7月 5日 (日)

連光寺NOZAC練(TSS 111)

 「うしおととら」第1話が素晴らしかった。9ヶ月?楽しめそう。

 今最も先が気になる、「僕だけがいない街」第6巻がまた超展開。5巻の引きから半年は長かったが、また半年待つのか。。。

----------------------------------------------------------

 午前中は雨ということもあり雑用などを。

 どうも最近こういう展開になるとダレてしまう傾向があるようで、午後になってもちょっと気合い乗らず。

 夕方前にN嵜さんのところに、フィッティングの時に借りたステムとピラーを返しに。

 そのまま練習に行くかなぁ、という感じで。

 今日の袖ケ浦のレースでWビクトリーだったゼンくんイッセーくん素晴らしい。チャンピオンジャージがまぶしい!

 これから走ると話したら、祝勝会まで時間あるから一緒に走りましょう!ということで二人で連光寺方面へ。

 フィッティングした後のチェックサービス付きということで。

 それなら、やる前とやった後両方見たら面白いかも。

----------------------------------------------------------

ロード 37km 2時間25分(実走1時間33分) 769kJ TSS 111 獲得標高 456m

CTL 52   TSB -9

 実は今日もけっこう脚の調子は良い感じ。

 サドル下げたら疲れない、なんてミラクルは無さそうだから、ようやく調子が戻ってきたか。

 連光寺から天国経由で尾根幹に下って周回するコースを3周。

川崎街道 連光寺坂

#1   4:41   276W   157bpm   90rpm   
#2   4:31   267W   162bpm   83rpm
#3   4:51   253W   155bpm   74rpm

 今日は車道を走るコース。一度信号に引っかかった。NPは#1と2は290W越え。

 かなり突っ込んで入ったので、最後のゴルフ場フェンス下はタレた。

 #2の途中でN嵜さんが前へ。離されないように頑張るとL5-6領域に入ってしまうので、タレ具合が増し増しに。。。

 その後の周回のポイント

#1   0:47 286W, 0:55 363W, 0:32 486W
#2   0:49 280W, 0:56 366W, 0:42 418W
#3   1:00 211W, 1:00 332W, 0:44 361W

 なかなか良い感じでペダリングできつつあるかも。

 後ろで見てもらって、

1.見た感じけっこう良い感じで回せている
2.トルクを掛けるようになると、まだちょっと左脚が内側に入る
3.若干左に傾いた感じになるのがクセっぽい
4.まだ力入るポイントが3時くらいになっている。もっと上から踏もう

 しっかり脚を上げて上から踏めるように意識しよう、で一致。

 これはそれこそマシュンキャンプでも言われたことなんだけど、ぜんめのアドバイスなどから、ようやく自分的な具体的な方向性が分かってきた。

 ただこれ現状だと相当しんどい。今日も1時間くらいの練習で脚ガクガクで、モモは攣りそうになってしまっている。

 でも、頑張らなくてもスッと300Wが出る感じが良い。普通にこのペダリングができるようになりたい。

| | コメント (0)

2015年7月 3日 (金)

OTRでPrecision Fit

 OTRでProject oneバイクを購入すると、Precision Fitを一度無料で受けることができる。

 Superfly SLの初期ポジションを出すにあたり、そのサービスを利用しようと思っていたんだけど、例によってなかなか時間が取れなかった。

 来週の金曜に、と連絡したら都合が悪いとのことで、急遽今日やることに(昨日)決定。。。

 さすがにそれで一日休暇取れるほどヒマでは無く、昼前まで仕事してからつくばに移動。

 途中の土砂降りは凄まじかった。。。

----------------------------------------------------------

Dsc_0187

 カッコよろしいなぁ。

 バイクを採寸して、このフィッターで現ポジションを再現する→乗りながらサドルやハンドルをミリ単位で動かして、それを高速度?カメラで撮って確認しながら合わせていく、という流れ。

 といっても、

Dsc_0188

 いや、それ言っちゃダメなんだけど、、、どこかシュールな感じがするよな、これ。

 ぜんめ店長によると、実質的にこのフィッティングをMTBでやった人って、私が初めてと言って良いらしい。。。

 確かにそうなんだよなぁ。二人で話したけど、今のロードって、良いフレームに良いディープホイール付ければ、それなりに体力に自信があったり、そこそこ走り込んで慣れたら、ポジションあんまり考えなくても速く走れてしまうんだよな。

 それが故にフィッティングに意味がある、というかやった方が良いという人が多いというか。

 それと比較するとMTBって、激坂登ったり下ったり、砂利道や根っこのシングルトラックを走ろうと思うと、ポジションを考えて最適化していかないとクリアできない。

 よって、MTBに乗る人ってポジションにそれぞれのスタイルがあって直していくのが当たり前で、それなりに良い感じに収束していくわけだから、こういうサービスって実はそれほど必要とされていないというか。

 実際今日の自分のフィッティングも、ポジションを出してもらうというより、自分がやりたい方向性を、専門家に確認してもらってアドバイスを受けるって感じ。

----------------------------------------------------------

Dsc_0191_2

 採寸工具。非常に使いやすそうで、なんかこれだけ売ってくれないかという感じ。

 始める前の状態で乗ってみて、お、これけっこう良いな、と思ったら、じゃあハンドル前後位置合わせます~とやってみたら1.5だか2cmばかり手前に来た。ああ、やっぱり。。。

 (中略)ということで、ステムは90→110mmが良いんじゃないかということに。

 あんま長いとハンドリングがダルになるから、それあったらまた言ってね的な。

----------------------------------------------------------

 現ポジションはハンドルが近い状態でなんとかしようとしてたところもあり、相対的にサドルをやや後ろに高くしていたこともあり、前に出して下げる方向に、というのは納得の方向。

Dsc_0190

 キャプチャー画像でポジションの採寸がデジタル?でできる。もちろんバイクフィット的な分度器でもきっちり測りましたが。

 ここからがぜんめ理論で、かなりサドル下げてみましょうか、という方向に。結果的に自分の普段の感覚の650mm→630mmへ。

 こっちの方が、ふくらはぎのような容量の少ない筋肉ではなく、モモやハムスト、それこそ腸腰筋のような大きな筋肉を使えるんじゃないか、というアドバイス。

 冬場の体が硬い時期で640mmとかにしていた身としては、乗ってみると相当低い。

 サドルの高さに任せて踏み降ろすのではなく、もっと全身で(言ってみれば2cm上の腰からというのが適切か)踏みなさいというところか。

 ただ、これだとあまりに変わりすぎている(意識改革が必要)ので、ちょっとサドル上げて始めて、下げるのに慣らしていく方が悩まないで良いだろう、って方向で。

 そのために必要な筋肉鍛えるトレーニングとかを教えてもらって、その辺と組み合わせて行くことにしようと思う。

 この間のNozacロードのフィッティングもそうだけど、適切なポジションを使いこなす筋トレやストレッチを組み合わせないと、理論が実践に繋がらないんだよなぁ。

----------------------------------------------------------

 ペダルとシューズに関しては、ペダルは前後位置は良い感じ(正直ロードよりきっちり考えてやっていたからな。。)。

 踏み角度(シムの有無)に関しては、察するに、ぜんめ店長的にはシムで合わせるよりインソールで合わせる派?だから変更なしだった。

 やってくれといえばやってくれるのだろうけど、自分的にも今回はそれは無しで良いと思った。

 シューズのシムはいろいろ考えるところ。多種なやり方を試して、自分のやり方を決めていきたいなという感じ。

----------------------------------------------------------

 とうわけで、2時間?くらいでフィッティングは終了。サドルが予想よりも下がった以外は、自分がやりたかった方向を確認してもらったってところか。

----------------------------------------------------------

 付録

 XXXのMTBシューズを次の候補と考えていて、予想サイズを取り寄せてもらって試し履きをさせてもらった。

 あれ?リンク張ろうと思ったら、XXXシューズがwebサイトから消えているんですが。。。来年は売らないの?

 41サイズを履いてみてその瞬間、「あ、これすごく良い!」と感じた。スペシャのシューズも良かったけど、それとはちょっと違う、ホールド感とカッチリ感。履く人を選ばない感じがある。

 ほぼ、「これ下さい」だったんだけど、一点、母子球より前(つま先)側が広く高いことが気になった。

 扁平足な私だが、実は足幅はちょっと狭め。XXXシューズは先端が少しゆったり感があり、つま先が左右上下に動いてしまう。

 後ろ3分の2はすごく良い感じなんだが。。。

 これについては、インソールや、前にちょっとシム入れてみるとかで対策できるかもしれない、ってことで継続検討することに。

 というか、第一印象はすごく良かったんで、基本買う方向で考えるってことなんだけど。

 いろいろ断捨離して予算確保しないと。。。

----------------------------------------------------------

 あとは新マドンの話やら(買うとかは置いておいて、とにかく乗ってみたい!という点ではみな一致)、ツケを精算したりしていたら18時か。。。

 帰途につくも、かなり首都高が渋滞している。

 平日の金曜の動向は分からないが、とりあえず時刻は遅くなれば渋滞解消するだろうということで、守谷SAに寄ってみた。

Dsc_0192

 午前中の仕事が押して早出できず、ほぼ昼飯抜き状態だったので、1000kcalのラーメンを。

 早食いの人が一人で飯を食っても20分くらいしか後ろ倒しできないのであまり渋滞状況に変化なし。

 なので、渋滞のない外環から、例の道へ。

 流れが良かったので、三郷JCTから高井戸ICまでの所要時間(小菅JCT前、4号下り高井戸IC前、そのあおりで山手トンネルあたりが断続渋滞)で、多摩川渡って矢野口まで行ってしまった。

 上手く使えばかなり有用そう。

 

| | コメント (0)

2015年6月 6日 (土)

ノザックバイクフィッティング(仮)

 過去に戻ること2週間、Superfly SLで柳沢峠から帰ってきて、シャワってとりあえずおにぎり2個ほど放り込んで、今度はGDRで出撃。

 N嵜さんがBIKEFITのフィッター認定を受けたということで、satosinさんどうですか?と話を受けていたので、ロードをやってもらうことに。

 なかなかこちらの都合が付かず延び延びになっていたけど、別にもがいて漕いだりする必要は無いということで、180km走った後にやってもらうことにした。

----------------------------------------------------------

 体(脚中心)の問診をしてもらったら、左右の長さにはあまり問題ないというけど、まあやっぱりペダリング時に脚が外を向く形状をしているらしい。

 何も矯正しないと、ペダリングしていると明らかに真下では無くて、やや外寄りに踏んでいる気がするからなぁ(踏力が外に逃げている)。

 特に左は、自分でクリート調整しても一生納得できないんじゃないか、という変な脚。

 確かに左脚の方がクセがあるらしい。

----------------------------------------------------------

 実は確信犯的にロードとMTBはポジションを変えていた。

 MTBはセオリー通り、(たぶんおおよそ)3時の位置で膝がペダル軸の垂線に来るようにしているつもりなんだけど、ロードはとにかく無理やり後ろ乗り的にしていた。

 まあそれにはいろいろ思惑はあったわけだけど、ここでロードとMTBを合わせようと思ったわけだ(BIKEFITはセオリー通りのやり方だったはず)。

 結果

サドル→20mm前に移動 ま、そうだよね。サドル高さは概ね今のまま

ステム→90mm 6°上向きが100mm 10°下向きに。まあ許容できるハンドル下げ。

クリート→左はシムたくさん、右はそれよりは少ない、位置はやや前に。 

 これで始めることにした。

 乗ってみると意識し始める筋肉がだいぶ違う(トータル使う筋肉で言えば変わらないんだろうけど)ので、その後のローラーやらは違和感というか、力の入れ方が違っていてうまくいかないというか、だったわけです。

 さすがに5年以上ロードはこれまでのポジションでやっていたから。。。

Img_3341

----------------------------------------------------------

 自分とN嵜さん両方が、納得いくまでフィッティングをやってもらったので、1台やってもらうのに、気付けば19時から始めて23時になっていた。。。

 とりあえず終わって、さらにあれやこれやと話をして、おいとましたのは0時も余裕で過ぎていた頃のような。。。

 長いこと、ありがとうございます!外走ってちゃんと確認します!、と思ってたら、今日(6/6)までかかってしまった、って感じです。

| | コメント (0)

2015年6月 3日 (水)

ローラー練 10分走(TSS 77)

火曜

 帰ったら猛烈な眠気が。。。もう風呂にも入らずにバタンキュー。なんなのか、この体調。

----------------------------------------------------------

水曜

 今年何度目かの再起動。

 とりあえずは、いつもの負荷で回せる、出せる出力で頑張る感じで。

 徐々に普段の好調時の270W超を取り戻していこう。

 しかし一ヶ月くらいで、人間ここまで弱くなれるもんなんだなぁ、、、と。

----------------------------------------------------------

三本ローラー 29km 1時間19分(実走1時間16分) 797kJ TSS 77

CTL 51   TSB 16

#1   05:00   240W   138bpm   77rpm   
#2   10:00   250W   146bpm   80rpm
#3   10:00   244W   145bpm   79rpm 
#4   10:00   231W   143bpm   77rpm

 思ったよりも弱かったように思えるけど、数字アレだけど3本やったことは良かったか。。

 明日はもうちょっとマシになるんじゃないかなぁ。

----------------------------------------------------------

 ところでSuperfly SLのステム、良く考えたら、ハンドル幅広くして手前に来るからと、100mmを付けていたんだった。   

 ってことは110mmが欲しいと言うんだろうか?なんかちょっと違う気がするな。。。

 ちょっと良く考えよう。

----------------------------------------------------------

 手はやっぱり気になるなぁ。Mistyさん推奨のサポーターを買ってみようか。

| | コメント (0)

2015年5月24日 (日)

ポジション変更ロード練(TSS 38)

 昨日は寝るのが遅くなったこともあり、とりあえず寝ていたいだけ寝ようと思ったら、二度寝で9時過ぎ起きに。

 さすがにこれ以上寝ると一日がすごく残念な感じになるので。。。

 柳沢峠のダメージは無いわけではないが、そんなに頑張ったわけでもないので、その前からの継続したしんどさが増加した、って感覚。

 なんとなくウダウダしながら片付けなどしたりして、もう太陽が沈もうかという頃にロードで出発。

----------------------------------------------------------

ロード 21km 1時間15分(実走1時間5分) 324kJ TSS 38   獲得標高 184m

CTL 58   TSB -8

 MTBではないのか、といえばそうなんだけど、ちょっとロードのポジションをいじったのでそれの確認。

 ただ今日は力出ない感じで、よく分からずにお終い。

 火曜からのローラーでチェックするか。

| | コメント (0)

2012年2月12日 (日)

多摩周回練(TSS 215)

ロード 77km 3時間36分(実走3時間21分) 1721kJ TSS 215   獲得標高 778m

 8:30にスタート。あまり早起きできていないなぁ。というかまったりしすぎか。

川崎街道 連光寺坂
#1   4:59   272W   154bpm   89rpm   

いろは坂
#1   2:32   312W   150bpm   70rpm   

 連光寺は入りが良すぎた(上げすぎた)せいで中盤かなり垂れてしまう。。。最後の平坦部分で踏ん張って270Wに乗せた。三本ローラーは、やはり?まだ微妙に疲れが残る感じ。

 いろはもそうだが、今日はちょっと回転が足らない。

愛宕周回
#1   15:26   216w   145bpm   84rpm
#2   15:03   227w   149bpm   85rpm

 まあまあだが、去年の今頃はもうちょっと乗れていたと思う。WKO+からデータ拾うようになったら、少しタイムが大きく出るようになった気がする?

南大沢周回
#1   18:25   212w   141bpm   84rpm
#2   16:21   207w   149bpm   83rpm

 まだまだ。

尾根幹線
22:56   179W   143bpm   85rpm

 昨日が大した練習量じゃなかったので、いちおうここでも練習と言える程度に。後半が登りだけになったので平均は上がらず。

 後ろに付いていた二人に最後抜かれてしまう辺りまだまだだ。。。

 たぶんこれだけじゃTSS 200はいきそうに無い。今日は200はやっておきたいので最後にもう一回。

川崎街道 連光寺坂
#2   4:56   252W   155bpm   84rpm   

 20W落ちか。。。ダメすぎる。

------------------------------------------------------------

 ブラケットを掴んだ腕を畳んで、手先から肘までを地面と平行にしたポジションは力を入れやすく、パワーも目に見えて上がる。

 またこのポジションはエアロ的にも利点有り。前にmarcoさんに言われたけど、下ハン持つより前方投影面積を小さく出来る部分もある。

 ちなみにこの記事にも似たような話が載っている(記事を紹介してくれたここもすごく参考になる)。この姿勢が維持出来るように上半身の筋トレしないと。

 ちなみにこの姿勢、サドル後ろに無理なく座れるので、その点からもいろいろメリットあったりする。

| | コメント (0)

2012年1月28日 (土)

雛鶴トンネル往復(TSS 239)

ロード 135km 6時間23分(実走6時間0分) 2583kJ TSS 239   獲得標高 1457m

 予定通りには起きられず。。。一緒に走ろうとか声かけなくて良かった。。。

 なんとなく、地震でベッドから起き出す決心がついた感じ。

 飯食って比較的テキパキと準備して9時もだいぶ過ぎて出発。これもこの時期いつも通りかな、という感じで雛鶴へ。寒いかもな~。

 だいたい一日、5℃以下サイクリングだった。。。

 旧R20を走っていて、やろうと思えば真っ直ぐ通過できる三叉路で信号停止。ふと右を見たら白バイが隠れていた。。。(やらないけど)信号無視して直進していたらどうなっていたのか。

 高尾までは2カ所ほどメディオ区間があるのだけど、時間が遅くなったせいか車が多く思い通りに走れない。

 安全も見て、これじゃしょうがないと細切れに上げつつ過ごす。大垂水の登りから頑張ろう。

大垂水表   12:04   255w   162bpm   79rpm

 まあ今はこんなものか。だいたい去年同等くらいか。GDR、登りはかなり好印象なんだよな。

Dsc01832

 しかしどこの雪国だ、って風景だよな(帰りに撮影)。

秋山街道   52:45   165w   143bpm   70rpm

 平均ワット数がちょっと物足りない。そこそこの体調の時の記録とほぼ合致。同ワット数の場合のOrcaでの走行より遅いってわけではなかったので一安心。

Dsc01831

 こっちも雪多いな~。補給食食べるために数分休んで下りへ。寒い~。

大垂水裏   16:40   161w   144bpm   61rpm

 脚が終わっていた。。。ハンガーノックを起こしたのか、と思うほどダメだった。ダメすぎてコメントがない。

 これ以上練習ができるはずもなく、八王子からはいちばん楽な浅サイ→多摩サイで帰宅。

 今年はかつて無いほど、年明けとしての1月の気合いが無い感じ。今日いちおうまとまった距離を走ったのは今後に向けては良い転換になると思いたい。

------------------------------------------------------------

Dsc01833

 へたっていたクリートをようやく交換。ついでに合わせてクリート部にシムを挟んだ。

 インソールの下に何枚も入れられないので(窮屈になりすぎ)、これでだいぶ傾斜調整をしたことになる。

 多摩サイで細かいクリート角度を合わせ込んで一日走ってみた。

 乗ってみると、「おお、こりゃかなり良いんじゃね?」という気がする。両脚とも真下に踏めている感覚がある。

 何よりも、いつも微妙になんか気に入らないクリート位置調整が、今回はかなり満足いったことからも効果あったと思うべきかな。

| | コメント (0)

2011年10月31日 (月)

休養日他

 昨日の帰り、3時間半ほど車の運転で姿勢を固定していたら、車を降りる時に脚がガクガクだった。最初は歩くのにも苦労するほど。

 今朝の寝起きもしんどかった。。。

------------------------------------------------------------

 昨日脚が痛くなった件。こういうのはけっこう久しぶりのような気がする。ガッと上げるのを何度かやりながらの5時間だったからな。。。

 おきなわもそんなことが多そうだし、サドルをほんのちょっと、気持ちだけ下げておこうかな。。。

------------------------------------------------------------

 知り合い情報からの、なるしまの話によると、今年のおきなわは自転車を宅急便で送る場合、相当前に発送しないとヤバイらしいです。

 3日の練習後に送ろうと思っていたけど、水曜には持っていった方が良いかもな。。。

| | コメント (0)

2009年5月22日 (金)

サイスポ記事

 買っておいたサイスポにようやく目を通す。

 Sea Otter Classic の記事があり、その中でオノケンの特集記事があった。

 同じSuperfly乗りとして、気になるMTBのサイズが書いてあった。妙に事細かく記載がある。MTB最速のやまめの学校ライダーとして、意味合いを知らしめたいのかな?

 同じサイズだったので比較してみると、

   オノケン  サトシン
  身長   168cm  167cm
  体重     58kg   63kg
  サイズ     M   M
  ステム長   80mm    80mm
  ステム角   -30°    -10°
  クランク長   175mm   175mm
  サドル高   660mm   640mm
 ハンドル-サドル距離   541mm   550mm
  ハンドル幅   620mm   620mm

 けっこう似てるな。同じ教えから派生しているから当たり前か。ちなみにハンドルは富士見の時までには切ります(640→620mm)数字。また、ハンドルはもうちょっと下げたい(-12°付ける)予定。

 えーすみません。私は脚が短くて胴が長いんです。だからばったり上体を倒すやまめポジションでは、サドル高さに対して、ハンドルまでの距離は長くなるんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)